FC2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

最近のまとめ

書きたいことが沢山溜まっていて溜まれば溜まるほど何を書いたらよいのか分からなくなってきました。
犬猫のことは事前に下書きまでして万全なのに。

少しずつ書かせてください。
時系列順にいきます。

まずは来館者。
IMG_0619.jpg
いつもお世話になっているミクロ生物間の館長様と今は大学生になってかれこれ4年以上のお付き合いをさせてもらっている当時は広島の女子高生で現在は女子大生の皆様。
私たちなぎさが島を出て講師などで出会うことはあっても島に来てくれることはなかなかありません。
なにせうちは到達難関水族館ですから。
それなのにわざわざ来てくれました。

なぎさ以外にも島内の観光施設を案内し
IMG_0622.jpg
その後は次の日の諸々に便乗し
IMG_0625.jpg
終了しました。

帰宅した頃はすでに日付が替わっていましたが一日が長くてあっという間でした。

次。
Uさんの取材がありました。
NHK広島様「ひるまえ直送便」というコーナーの1つです。
「私の宝物」を紹介するそうです。
IMG_0760.jpg

IMG_0758.jpg
現在のUさんにとって宝は何かなんとなく想像つくと思いますが見れる方はぜひ。
13日か20日にどちらかに出るそうです。
と思っていたら諸事情により内容が変更になったそうです。
私もまだ何が紹介されるか分かりません。
乞うご期待です。

次。
先日は十五夜でした。
この日に限って曇っていることが多かったのですが今年は満月(正確には次の日が満月だったはず)がよく映えました。
IMG_0776.jpg
ちょうど夜間採集だったのですがいったん仕事後家に帰り急いで白玉コネコネ。
IMG_0774.jpg
ゆでるまでは時間がなかったので途中のまま夜間採集に向かいました。

この日はプランクトンは沢山出てきましたが展示の目玉になりそうなメンバーはいませんでした。
結構粘りましたが諦めて帰宅。
もう十五夜が終わりそうな時間でしたが急いでお湯を沸かし白玉を作りました。
IMG_0781.jpg
なんだか全く美味しそうに見えませんがお腹に入ったら同じかな。

私の実家は食べ物関係の行事事はわりかし力を入れてくれました。
十五夜の本来の意図はろくに理解していませんが大切なイベントです。
ギリギリでしたが満喫できてよかったです。

次。
最近イモムシがよく歩いてます。
IMG_0579.jpg

踏んでしまったら悲惨ですが見る分には健気さが伝わってきます。
IMG_0580_20201006221910e09.jpg
セスジスズメガの幼虫。
プリティーだけどグロいような。
成長段階で姿が違うそうです。
以前母に教えてもらいましたが私はあまり詳しくないです。
これからもう一段階は成長するはず。
彼らのうち何匹が大人になれるか分かりませんが将来羽が生える日を願います。


結構沢山あった気がしたけどこう読み返すと薄っぺらくてビックリしました。
これが私の最近伝えたかったことです。
もっと濃い内容があったはずなのですが記憶が薄れてしまったのでこれくらいにしときます。

古いのは主に先月に起きた出来事でした。
お付き合いありがとうございます。


この前モドキにも会ってきました。
IMG_0801.jpg
元気そうです。
口の中に何か入っているわけではありません。

相変わらずいりことそっくりです。
IMG_0759.jpg



PageTop

ニホンベニクラゲ

遅くなりましたが連休が無事終わりました。
IMG_0654.jpg
今回も沢山のお客さんに来ていただきました。
ありがとうございます。
私は島の正反対である端っこで毎日お仕事だったので全く知りませんでしたが、噂だと島に出入りする橋は6キロ以上の渋滞があったそうです。
数年前の断水の際、断水初日の夕方にみんなが島を出て買い出しに行く時より渋滞だったようです。
これまたうちだけが混みあっていると思っていたのですが全国津々浦々人でごった返しだったようですね。
日本人のみんなが外に出たらどこもかしこも人だらけになるということを学びました。

今回の連休は来館者全員に検温のお願いをしているということもありたまに外まで列ができてました。
IMG_0711.jpg
申し訳ない気持ちはすごいあったのですが内心うちに行列なんてまずないことなので感動しました。


ちょうど連休で賑わっている時に海も賑わって来ました。
最近は風が出て来てなんとなく海が呼んでいる気がするので再々採集に出向いてます。
今のところ「やばい!」という生き物は見つけられていないのですが私の結構お気に入りもクラゲも出てきました。
DSC03559.jpg
ニホンベニクラゲです。

大きさはうちのあたりだと最大でも1センチほどの小さなクラゲです。
例年ちょうど敬老の日に合わせて出てきてくれます。

不老不死とうたっている世にも奇妙な生き物です。
正確には本来クラゲは死ぬと溶けてそのうちなくなります。
しかしニホンベニクラゲの場合は死んだ肉片から再びポリプと呼ばれるクラゲの誕生する前の姿になります。
そのポリプから再びニホンベニクラゲが出てきます。
若返りという表現がしっくりくるかもしれません。
この世の生物でそんなこと可能にしちゃうモノが他にいるのでしょうか。
このクラゲを研究したらいつか人間も生き返り可能になるのかもしれません。
それを望むかは別ですが。
実はニホンベニクラゲの他にヤワラクラゲという種類も若返りの術が使えるそうです。
そんなこと言いながら私はどちらのクラゲも成功していません。
死んだらそのままこの世からいなくなります。

時間がある時に通って少しずつ追加していたら今ではとても賑わっています。
IMG_0713.jpg
すごい一押しなのに水槽も小さし案外地味です。

夏は採集自体暑くてしんどいわりに出てくる生き物も少ないので私のモチベーションが駄々下がりでしたがようやくやる気スイッチが入りました。
気づけば9月も終わり。
ついに10月。今年の終わりも近づいてきました。
月日が過ぎるのがほんとに早いです。
磯採集のシーズンも終わってしまったのであとはクラゲ採集、流れ藻探しに精を出そうと思います。



IMG_0513.jpg
爪を研ぎながらご飯に気づいてしまいうホタコ。

PageTop

昨日は記念日

昨日の9月8日は記念日でした。
これまたUさんの。

まぁ最終的に無理やり押しつけた私にとっても飼ってくれる人がいた記念日でもあります。
IMG_3041_.jpg
片側道路の真ん中で轢かれて倒れていたお嬢様。
その上を車で通過するも死んでると思い道に寄せようと歩いて戻ろうとしたところ、海側の反対車線に向かって這っている恐怖の姿でした。
生きてることに驚き、匍匐前進のように這いながら海に向かっていることになお驚き。

とりあえず捕まえたはいいものの目は白く濁り足はグデンとなり、しっぽの先はネズミのようにハゲてて、子猫なのにガラガラのよく分からない声で必死に鳴く…正直ホラーでした。
ましてや模様も模様なので本当に生き物には見えず私は動く雑巾かと思いました。
IMG_5173_.jpg
その後は泣きながら悩みに悩み結局Uさん宅へ連れて帰りそのまま洗いました。
(うちには牛模様のおじさんがすでにいたので)
洗面台が汚れたのを覚えています。
彼女からは茶色い水が出てきました。
本当に雑巾でした。

その日は夕方にスタッフミーティングがあり定時に終わることはできない日でした。
島に動物病院はないので水族館から一番近い病院も1時間はかかります。
ネットで調べたら島でですぐの病院は19時まででそれだと間に合いませんでした。
しかしよく調べたら少し行った所で20時までとかかれた病院を見つけました。
ミーティングが終わると速攻病院に連れて行きました。
着いたと思ったけど病院は真っ暗で私は呆然としました。
ネットには20時と書いてあったけど実際は19時まででした。
どうすればいいか分からなくて多分しばらくいたと思います。
そしたら近くでおしゃべりしていた男性が私の所に来てくれました。
私は「猫が…轢かれてて…病院…」もうすでに泣きそうでうまく喋れませんでした。
察知してくれたらしく病院に入り中から獣医さんを呼んできてくれました。
たまたまですが獣医さんのご家族だったようです。
その日は危険な状態だったのでそのまま入院になりました。
次の日もお見舞いに行ったのですがもう少しよくなってると期待してたのに全然変わってなくて相変わらず不気味な動く雑巾でした。
そして後ろ足はもう治らないかも、期待しない方がいい、目も細菌からくるもので難しいと言われました。
二日間の酸素室で点滴したのち退院しました。
IMG_5143_.jpg
(ニット帽に入れて温めていた時)
それからUさんは調べました。
得意の情報収集です。
この時もストレスでまたハゲが進行したそうです。
そして岩国に目の治療をしてくれる動物病院を見つけました。
病院に連れてったその日には片目の手術でした。
強制的に瞼を縫ってしばらく目を開けないようにし、角膜などを修復させるとかなんとか。。
それでダメなら細菌が進行しないよう片目は切除、ということでした。

当時は拾ってしまったけど飼い主がいないことと彼女自身が生きるかどうかで不安しかありませんでした。
毎日憂鬱でした。
IMG_0526_202009091736312d4.jpg
当時のUさん。(猫より人間のほうが世は残酷なので一応隠します)
不安のUさんをよそにホタコは歩けない状態にもかかわらず落ち着いたようでした。

飼い主がいないため毎日足も目も散々看病したUさん。
もう手放すことは出来ないのでは?
スタッフ総出で家族になることを進めました。
結局Uさんが飼うことに決定しました。
簡単に書きましたがもともと犬派で猫アレルギーだったUさんがなんとか決心してくれました。
なんだかんだで半年くらいは数時間おきの目薬もして治療にかかったかな。

あ、保護して1週間くらいした頃に一度低血糖で痙攣起こして気絶したこともありました。
あの時はびびって私も気絶するかと思いました。

拾った一年くらいはなんとなく落ち着かない日々でしたが今思うとこの子ってそうだったの?という感じです。

今では目はほぼ濁りなしで後ろ足は車でイメージすると4WDではなく2WDって感じかな。
歩けるけど足音とかやけに大きかったりジャンプして着地した時にお尻から落ちたり💩する時は力が入らないので気張りにくいらしくよくトイレで転がってたり💩をトイレの外でしてたりするけど日常生活は全然普通です。
4CF6C0DE-.jpg
💩中に転がるので抱えると「ちゃんと持ってて!」という感じで真剣表情。

今日この日が彼女の命日ではなく記念日になって本当によかったです。

Uさんが出張などの際はうちで預かることになるので最初はいりことの関係も不安でしたが思いの外全然平気でした。
今ではお互いをいりこからすると赤ちゃん、妹。
ホタコからしたら兄であり母であり、ペットでもあるのかな。
狭いベッドでくっついて寝てる姿は奇妙だけど平和な気持ちになります。
48C2DEC5-.jpg
IMG_0780_.jpg
IMG_1951_.jpg
いちいちくっついていることが不思議すぎる。

あっという間に5年。
毎日生きてるかどうか不安で次の日が怖かった5年前。
生かそうとしていることが自分のエゴなのか。彼女の運命はこの世にはないのか。
そんなふうに思っていた時が懐かしいです。
2度と経験したくないですが。
本来なら子猫の時が見た目も声も全部かわいいはずなのに全部不気味で今の姿が想像できませんでした。
小さい時より今の方が可愛いって珍しいよ。

危なっかしい性格なのでいつも不安にさせてくれますがこれからもずっとUさんの側にいてあげて下さい。
IMG_0527_20200909173735021.jpg
不安だったあのころの写真と同じことをしてみたそうです。
大きくなったし足の向きもちゃんとしてる。

PageTop

台風10号

台風がようやく落ち着きました。
みなさまの地域は無事でしたか?

今回は台風の近く以外でも荒れていた所があったそうです。

なぎさは予定だと7日の夜中から明け方にかけて暴風域の予定でした。
前日のマイプライベートビーチは避難してきた船が沢山でした。
IMG_0494.jpg

いつもは
IMG_0512.jpg
プライベートビーチという名の一番の採集ポイントです。

水族館は6日から台風に備えて発電機の燃料確認、生き物のエアー確認、停電により海水が止まったタッチングプールの対応、などなど出来る限り万全にしました。
そこから定時にはあがり家で待機です。
今回はちょうど大潮ということもあり海の近くにある我が家の浸水も心配でした。
今年買った洗濯機、去年買った冷蔵庫、おととしつけてもらったエアコンの室外機・・・
我が家には今壊れたら困るものが沢山あります。

職場の対策を終え帰ったら自分の家の対策です。
猫の餌確保、カップ麺3つ、おやつ沢山、まどガラスに段ボール、玄関は浸水に備えて靴は台所へ。

段ボールの家みたいでひもじかったです。
IMG_0490.jpg

夜は布団に入いりながらも2時間くらいで目を覚ましドキドキビクビクしながらまた寝ます。
結局今回の台風10号は停電もなく風は強いけど雨もさほど降りませんでした。
何もないにこしたことないけどすごく心構えしていたので朝になってただただ疲れました。
ほんと何もなくてよかったけど。

7日の朝起きたら雨はすっかりやんで空は晴れていました。
しかし吹き返しの関係か風はさらに強かったです。
とはいえ7日は私の休み。
IMG_0500.jpg
いい塩梅の陸奥子さんとお散歩にも行きます。

そして窓に貼っていた段ボールをスーパーの古紙回収コーナーへ捨てに行くことにしました。
スーパーは島出て割とすぐにあります。
しかしこの度10日で回収を止める、とのことだったので急いで出しにいきました。

なにも気にせず家をでました。
家を離れ島の橋の方に向かうと徐々に風やら波がさらに強くなっています。
途中で帰ろうかとも思いましたがもう出せない段ボールを意地でも捨てたい、しかもここまで来ている、とのことでそのまま島を出て本土に向かいました。
道中車のテレビから台風情報が出ていて山口県でもかなりの被害があったことを知りました。
確かに島出てすぐの所では高潮で道路まで波がかかっているので通行止めになっていました。
IMG_0506.jpg
(迂回路から)

自分の家が大したことなかったので全く気づきませんでした。
ようやくたどり着いたと思ったら「台風のため本日の古紙回収は中止します」と書いてありました。
なんだよー!
しかもスーパーも開店していないところが多かったです。

いつもは自分の所が一番崩れたり停電になるので自分の所が何もなかったらみんなもそうだと思っていました。
とんだ勘違いで非常識人間みたいですごく恥ずかしかったです。

せっかくの本土でしたがそそくさと帰りました。

まだ10号。
あと何回こんな台風が来るのか考えると気持ちがマイナスになるばかりです。
昔はそこまで大きくなかった気がするんですが。
小学校の時は台風が来ると学校が休みになるかも、とワクワクしていた頃が懐かしいです。

1つ1つの台風を生き延びるごとに毎日が当たり前じゃないことを実感します。
もっと時間を大切にしなきゃとその度に言い聞かせています。
そして心配してくれた数少ない身内、友達、皆様、ありがとうございました。


陸奥子をシャンプーする際は彼をこのカバンに入れて待っててもらいます。
案外このカバンを気に入ってくれてるのでよかったです。
IMG_0507.jpg
いざとなったらこれに彼を入れて担がねば。

PageTop

私の休日

8月の最終日に書いたものです。
お昼過ぎに途中までのことを書いていたのですがそこからまだ残り時間があったのでやめていたらそのまま忘れていました。
すでに9月に入っておりますが夏休み最後の8月と思って読んで下さい。

今日で8月も最後。
こんな時期なので今年は旅行はもちろん買い出し以外島を出ることもありませんでした。

夏祭りも花火もないしただただ暑いだけの夏でした。
水風船は買ったのですがまだ遊んでないのでほんとうに何もないけど体力だけは消耗した8月でした。

そして本日、私はお休みです。
結局今日もどこ行くわけでもないのですがすでに時間がすぎていたのでしょうもない私の休日をお伝えしたいと思います。
IMG_0449.jpg
朝、久しぶりにいりこが布団に来てくれました。
例年真夏の1か月弱は暑す過ぎて一緒に寝てくれないのですが、今年はかれこれ数か月夜を共にしていません。
寂しさで枕が湿っています。
彼はいつも30センチほど離れた地面で寝ています。
それなのに朝おもむろに現れました。
うれしさのあまりギュッと抱きしめたら速攻離れていきました。

仕方ないので起きて陸奥子さんのお散歩に行きました。
IMG_0340.jpg
相変わらず彼女は海で泳いでいました。
こっちは暑くて日陰を探しているのに全く気にせず海で泳ぎ砂浜で走り、私は汗だくでヘロヘロです。
起きてまだ数時間しかたっていないのに汗と疲労の塊人間になりました。

帰るとちょうど荷物が届きました。
IMG_0452_202009041439154df.jpg
実家からでした。
箱からものすごいニンニクの匂いが漂っていました。
原因は本物のニンニク(母の育てた野菜)とUさんが大好きなホルモンでした。
IMG_0447.jpg
(冷凍庫がホルモンだらけ)
ちなみにこのホルモン屋さんは私とUさんが過ごした大学の近くにありました。
私は知らなかったけどUさんは学生時代ここのホルモンが大好きだったそうです。
しかし、震災により移転したかなんかで今は我が実家からさほど遠くない所にお店があるそうです。
それを調べたUさんは私経由でうちの親に頼み、何度か送ってもらっています。

本物のニンニクはそのまま皮をむきスライスしました。
IMG_0445_202009041437292c0.jpg
親が見たら床でやるなと怒られそうですがうちの床は机と同じくらい綺麗なので気にしません。

隣ではおっさんがずっと私を見張っていました。
IMG_0446.jpg
それでも地味に時間かかりました。
1時間くらいかな。終わったら手までニンニクの匂いがするしすごく滲みてきました。


すでにお昼になっていました。
その後は祖母に送る荷物を梱包しました。
先日イチジクをいただいたのでジャムを作りました。
IMG_0406_20200904143727f0c.jpg
私の祖母はモーニングはパン派なのですがその時に使うジャムはイチゴかイチジクらしいです。
元々イチジクが好き、と聞いていたので今回いただいた際に作ってみました。
私自身ジャムはほとんど使わないしイチジクのおいしさもいまいち分からないので美味しくできたジャムか分からないのですが7個くらいの瓶にして送りつけました。

一段落してデザートを食べることに。
IMG_0448.jpg
これは昨日陸奥子の散歩中にいただきました。
最近流行りのコンビニスイーツ。
美味しいと噂でしたが3口くらいなのに数百円するので私は買ったことがありませんでした。
なんだろう。
ファミレスのプレミアムデザートにもありそうだけどしれっと都会の高級レストランにもありそうな感じ。
どこにでも通用する味というのでしょうか。
昔何度か連れて行ってもらった横浜のビルにあるカフェでティータイム気分。
こんなおしゃれなスイーツ久しぶりでした。
そんな素敵な食べ物を犬の散歩がてらうんちバックとペアにして持ち歩く私はとても贅沢なのかもしれません。

お腹も満足した所で事前にいただいていた野菜を調理します。
IMG_0401_20200904143726ca4.jpg
黒い!
ナス、オクラ、ピーマン、キュウリ。
揚げて、焼いて、炒めて。
色はいまいちですが新鮮な野菜はおいしいです。

仕事が終わり家に帰った際、すぐに食べれるように数日分まとめて作っときました。
あっという間に食べてしまうのですが。

お料理って時間かかるんですよ。
私の手際が悪いのもあるのですがこんなことを自分だけでなく他人にも毎食作っている世の奥様方をほんと尊敬します。
今の時期なんか暑くてそうめんですら作るだけで汗がでます。
数品作っただけで疲れました。

こんな過ごし方をしていたらすでに夕方になり再び陸奥子の散歩の時間になりました。
IMG_0474_202009041438549ff.jpg
最近夕日が綺麗です。

休日という貴重な一日はあっという間に終わってしまいます。
だらしない過ごし方であれば余計そんな気がします。
最近は暑いし目に見えないヤツウロチョロしてるしでずっとそんな生活でした。

9月になれば少し涼しい時間が増えるのでしょうか。
まだかまだかと私はずっと首を長くして待っています。


暑い時期によくやる恰好。
IMG_0310_202009041447216da.jpg

轢かれたカエルのようです。

PageTop