fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

とある日の休館

最近の夜間採集は珍しい収穫があって充実しているもののじっとしているせいかめちゃくちゃ寒いです。
作業時間は2時間ほどなんですが1時間30分ほどで体の限界が近づいてきます。
以前は北国に住んでいて昼間でもマイナスという地域にいながらもたかが2時間でこんなにも寒く感じるのは年齢による衰えでしょうか。
体重は増えて脂肪は増加しているのに寒く感じるなんて私の脂肪は何の役にも立たないということがよく分かります。
家に帰ってまずダッシュで恒温動物から外されそうなくらい冷たくなった足、手の指先を中心にお風呂で解凍します。
なんですが、先日は湯船の中に先客がいて小さいムカデが沈んでいました。
今までもカニやクモなど何度か先に入っている子がいたのですが通常は入る際に外します。
ですが今回は寒くて早くお湯に入りたかったので一緒に入ることにしました。
その後チビムカデを外そうと湯船の中を探しましたが見つからなくなりました。
結局私はチビムカデの出汁がよく出たお風呂で全身を温めました。
なんだか漢方の気分です。

本題。

長らく休館してます。
この前少し書きましたが時間があるからいろんなことができるぞ、なんて思ってたけどなんだかんだで一日がすぐ終わってしまいます。
何してるのかと言いますと・・・

毎日のルーティンとしては朝各水槽&タッチングプールのみんなが元気そうかのチェックや水温確認、さらに水槽の水替え、あとうちは全国でも超貴重な濾過装置なんてない珍しい水族館なので各水槽のフンや残餌なども網で1水槽ずつ掃除します。

これらをやっていると朝の1時間があっという間です。
そこから最近は潮がいいので採集に行っています。
私のお気に入り採集ポイントは片道30分かかるので普段は満足できるくらい行けないし採集時間も限りがあります。
時間気にすることなくたっぷり採集に費やせます。
結局潮が動いてしまうので限界がありますがいつもよりは焦ることなくじっくりできます。
ちなみに最近はクラゲの有櫛動物が充実しています。
IMG_3957.jpg
入れる場所がないのでチョウクラゲ、オビクラゲ、ツノクラゲ、カブトクラゲの4種類の有櫛動物が入ってます。

中でもチョウクラゲは日によりますが満潮と合わせて地面に打ちひしがるくらい現れる時があります。
IMG_3466_20220205170527962.jpg
透明ですがポコポコしているものがチョウクラゲになります。

戻った時にはすでにお昼なのでその後はみんなのお食事準備&お食事タイム。
気づけば私もお昼休憩。

午後は誰も見てくれる人はいなくても水質は少しずつ悪くなるので定期的に水槽のコケとり水替えもします。
通常よりは大分頻度を減らせますが全くやらなくてもいいわけではないです。

その他にも裏の倉庫をこの前整理していたのですが床が床ではなくてボロボロの板になっていました。
すでに穴がある状態でした。

ホームセンターで買った板をサイズに合わせて切って、
IMG_3952_20220205171700513.jpg
防腐剤を塗って、新たに敷きました。
この日私は休みでしたが少し用事があったので陸奥子とドライブがてら行ってみたらUさんが黙々とやっていました。
大きな機械やいろんな工具を出して大掛かりにするのが大好きなUさんには大好物の作業です。
IMG_3955_20220207110246161.jpg
床が綺麗になると一気に新しい倉庫になった気分です。
古いですが。

時にトラブルもあります。
これもまたFacebookに書いたんですがもう少し細かく説明しますと、朝出勤しタッチングプールをみたらいつもの水位よりかなり下に海水がありました。
内心嫌な予感を感じつつ館内へ。
まず入ってすぐの円柱型水槽の水替えを毎朝1時間するんですが海水が出るバルブをひねってもチョロチョロしか出てきません。
ドキドキしながら作業部屋に行くとこれまたかけ流しのはずの海水がほとんど出ていません。

そしてかけ流しの水槽全てが濁って異様な様子になっています。

ヤバイ。。
生き物の生存も心配だしこの日は一人出勤だったので修理も自分だけで出来るか不安でした。

そのまま裏側を見たら
IMG_3817.jpg
外がタッチプールのようになっていました。
発見時この中間部分は外れてなかったのですがここから水が大噴射していました。
急いで工具の準備と修理作業スタート。

とりあえず1時間しないくらいでなんとか終了しました。
タッチプールだった裏の通路も道が出てきました。
IMG_3818_20220205170543030.jpg

でもおかしいことに気づきました。
なぜ配管が吹っ飛んでいたのか原因が分かりませんでした。
しかもタッチングプールの海水も変な膜と濁りがあるんです。

悶々としながらようやく朝の作業を始めていると、タッチの海水が入るところにゴミ除けとして綿を置いているのですがそこに鱗(うろこ)やらが付着していました。
よく見ると鰓(えら)も。
IMG_3820.jpg

IMG_3821.jpg

多分ですが海水汲み上げポンプがすでに海で死んでいた何らかの魚を吸い込んでしまったのではないかと考えました。
なので配管は吹っ飛ぶし海水も濁ったものが出てきたのではないかと。

実際魚の皮らしきものや鰓、鱗、全てが時間が経っているような状態でした。
正直生きている魚を吸い込んで殺してしまったかとおもったので少しホッとしました。

原因が分かり?問題も解決しあと一番大事ななぎさの生き物たちがみんな無事だったから本当によかったです。

濁って見えなくなっていたオノミチキサンゴも完全復活。
IMG_3826.jpg

こんな時だけは休館でよかったと思いました。
いつどんな時にトラブルが起こるか分からないのがトラブルですが極力少なく済ませたいですね。
いざとなれば休みのUさんを呼び出す所でした。

せっかくご主人様が一緒にいてくれる日を台無しにしたら彼女から大バッシングだっただろうからよかったです。
IMG_3676_20220205170539280.jpg
(散歩中にUさんが仕事を終え帰宅中の所で出会ってそのまま拾ってもらいコンビニまで来ました。その時お利口さんに車の中からじっと飼い主の買い物している所を見つめる陸奥子さんです)


昼間の定位置。
IMG_3954_20220205171728629.jpg

夜私が仕事から帰ってお風呂から出た直後の定位置。
IMG_3935.jpg

しばらくしてストーブをつけた後の定位置。
IMG_3579_202202051705419b4.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは
配管が無事に修理できて生き物たちもみんな無事で良かったですね😆読んでいてハラハラドキドキホッとしました!
なかなか遊びに行けなくて残念ですが、休館が終わったらまた何度も遊びに行きます😄!
楽しみにしています😚

マロニー | URL | 2022-02-12(Sat)08:13 [編集]


マロニーさま

コメントありがとうございます。海水は生き物にとって命なのでメンテナンスする我々側もとても神経を使います。私一人で解決することが出来て本当によかったです。予定だともう少しで開館しますのでぜひ遊びに来てください。

nagisaaqua | URL | 2022-02-16(Wed)09:58 [編集]