fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

飛行艇PS-1

冬っぽくなってきました。
寝てる時に人気者になれる季節です。
先日ホタコもお泊りだった日、夜中体が痛くて目を覚ましたら
IMG_2946.jpg
二匹そろって布団のど真ん中で寝てくれてました。
私の普通より大きな体が両手を挙げてとてもコンパクトになって寝ていたようです。
朝起きて体が痛くてベージュのシップを貼って仕事に向かうのもまた幸せな悩みなのかもしれません。

本題。
なぎさパークの施設内に飛行機が置いてあったことをご存じでしょうか?
IMG_2711_.jpg

IMG_2710_.jpg
まだ周防大島という島ではなく島内で大島町、久賀町、橘町、東和町と4つに分けられていた頃に海からプカプカと運ばれて来ました。

それが飛行艇のPS-1です。
昭和52年から62年3月までの10年間実際に頑張っていた水陸両用の超ハイカラ飛行機です。
じつは私より年上でした。

正直当時のことは知らないし飛行機についても全く詳しくないし私がなぎさに来た時にはすでに当たり前のようにおいてあったので、特別思いれがなかったのですがこの度解体されることになりました。

解体が決まってからはマニアの方が度々来られていました。
朝出勤した時、いつもなら私が一番乗りなのですが県外ナンバーの車が駐車していることも度々ありました。
そしていざ解体がスタートしてからは本当にあっという間でした。

重機が入ってからは
FEn1BQCWUAIcF7-.jpg

一瞬で片方の羽が
FEn3yp3VIAgn9zg (1)

しばらくして後方が解体
FEn5upSUcAAjiAJ.jpg

初めて内部を見ました。
FEn7pFXVQAAJBat.jpg
昔は鍵などもなく24時間機内に入れたらしいです。
おかげで沢山盗まれたそうです。
それ以来内部には入れないようになっていました。
もちろん私が来た時もすでに鍵がかかっていました。

横に倒れてからはもう原型すら分かりません。
FEn9Y1yVEAUoJPo.jpg

工事が入って2日後には完全に解体され大きな金属の破片になってました。
FEn9Y1_VQAETDlM.jpg

FEn_Lz2XwAIdSh8.jpg


それから数日かけて小さくなったPS-1は少しずつドナドナされていきました。
IMG_2744_.jpg
(多分これは金属になった一部ではなく別の一部)

私からすると思いのほかあっけなかったです。
島に来てからずっとあった存在が数日で痕跡のみになりました。
ちなみにこの写真のほとんどは解体が決定して以来島の外に宿を借りてフェリーで定期的に通って下さった方の写真になります。
私はわりかし会ったことがなくてもFacebookのプロフィール写真を見ただけ顔の記憶を覚えていたりします。
この時も当初やけになぎさに通ってくれる方がいるなぁと思っていたけど「よく来てくれてますよね!」なんて言われたら次は行きづらいだろうなぁと思って、だけどなぎさにそんな頻繁に通ってくれるレアな人はなかなかいないと不思議になってついに声をかけさせてもらいました。
そしたら解体を知って最後にと一か月弱?通って来てくれてその間なぎさにも来てくれていたようです。

PS-1 ってそんなコアなファンがいたのか!と驚きましたが、そういえば少し前もなぎさに来てくれた方と話していたらメインはPS-1 でついでに水族館もきた、とのことでした。

飛行艇のPS-1 ファンがなぎさにもよってくれることに驚きましたが今までポツンと置いてあったPS-1 に関東や関西から来るほど熱烈なファンがいることも驚きました。

いまいち理解で きなかったけどそんなにも思われているなら私自身ももっと愛着を持てばよかったと消えてなくなってから思いました。
6450E44C-.jpg


普段水族館からは木で隠れてあまり見えないのですが松山行きのフェリーに乗る時などですごいいい感じに見える飛行機でした。
いつの日かツバメの巣の住処になったりキャンプの際テントを張れないからと少し厄介者になったりしましたが、やはり更地になると少し寂しい気もします。
一応老朽化のためとなっているのでこれも時の流れなのでしょうか。。
現在はPS-1 の後世US-1が頑張っているそうなので今後空と飛んでいたら大きく手を振ろうと思います。

※沢山のPS-1写真データをありがとうございます。
今後島に来るきっかけがなくなってしまいましたがいつかまたなぎさに遊びに来てください。

この時期の雨の日に水遊びをする陸奥子嬢。
IMG_2840.jpg
帰ろうと言ってもこんなにも切なそうな顔で見てきます。
結局私も下りて長靴で歩くことになりました。
通りがかった近所の人が私たちを見る目が痛かったです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

PS-!

PS-1のファンは沢山います。数年前にはビッグコミックで開発秘話が連載されていました。世界に誇る飛行艇で、防衛装備品で輸出できなかったのが残念です。現役の頃は四国沖での事故もあり、多くの犠牲の上に2代目の飛行艇が飛べるのでしょう。町としても置いておくならもう少しやり方もあったのでしょうが、維持するのも大変な事で致し方ないでしょう。当町と何ら関係のない代物ですから。

サダボウ | URL | 2021-12-02(Thu)13:31 [編集]


Re: PS-!

コメントありがとうございます。
確かに私も維持の事とか諸々聞いていてそちら側からのしか情報がなかったのですが、今回マニアの方から紹介してもらった飛行艇雑誌を軽く読んで初めて偉大さを知りました。
今日もUS-1が近くを飛んでいたので手を振っときました。

nagisaaqua | URL | 2021-12-02(Thu)23:03 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2022-01-27(Thu)04:42 [編集]