FC2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

最近の出来事

朝陸奥子の散歩に行くといつもより早起きな分、お昼前に空腹で倒れそうになります。

なのでおにぎりなどを作って持っていくことにしました。
しかし、よく考えたら一日4食になるということです。
もちろん間食とデザートも必須です。
ということは私は一日何食食べているのでしょうか。

本題。

去年何度か取材していただいたのですが、完成したものを送っていただきました。
IMG_3151.jpg
1つがこれです。

「うまれたよ!クラゲ」
という本です。
この中のほんの少しだけ出させていただきました。
IMG_2963.jpg
当時うちにいた今は亡きクラゲさん。

取材当初は私も知りませんでしたが、この本は「うまれたよ!」シリーズになっていてクラゲ以外にもオタマジャクシやバッタやオトシブミなどの昆虫、タコなどいろんな生き物をピンポイントで紹介しているようです。
読み聞かせ用なので主にこども向けになっているそうですが、私も気になる生き物がいました。
生き物の生まれ方ってそれぞれ違うだろうし細かいことなんて案外知りませんよね。

ほんの少しのクラゲのためにわざわざうちに来て撮影し、さらに本も飼育員2人1冊ずつ送っていただき本当にありがとうございました。

そしてもう1つ。
こちらもクラゲ。
IMG_2964.jpg
「クラゲ水族館BOOK」
こちらは全国各地の水族館にいるクラゲが載っています。
最近では珍しいフィルムカメラで撮っていたので驚きました。
ちょうどその時期はクラゲがほとんどいなくてなんとかギリギリ生かしていたカラカサクラゲを撮ってもらいました。
この僻地まで来ていただきありがとうございました。

各水族館同じクラゲを展示していても大きさや照明の色などもそれぞれ違っておもしろい本です。

取材の際って「こんな感じのものを作成したいからこんな感じで撮らせてほしい」という感じで当たり前ですがまだ完成品が分かりません。
どんな記事、内容になるのかはできてからのお楽しみです。
しかも新聞社さんや広告などはすぐに出来ますが本になると取材・撮影後けっこう経ってから完成します。

毎回こんなすっごいのが出来るんだ!と感動します。

紹介はさておき、最近頻繁にお客さんが来てくれました。
IMG_2965.jpg
いつもお世話になっておる広島の高校生、というより今回は顧問の先生です。
なぎさも参加させてもらう6月のイベントに同じく出展することになったそうです。
それに伴い、材料調達のためわざわざ大島まで来てくれました。

IMG_2966.jpg
海水浴場に行き、必要な材料を収穫して帰られました。
県をまたぎ、島までありがとうございました。

次の日は近くの水族館の方が来てくれました。
IMG_2989.jpg
近くといっても島を渡りさらに我が島まで来てくれました。
うちに来るまでに海で採集し、川にも行き、山でカブトムシの幼虫を採り、ダイビングしてここまで来られたようです。
休日なのに水族館の生き物を採集してました。

お土産にタツノオトシゴを頂きました。

私たちからもほんの少しおすそ分けしました。

ちなみに午前中は取材もありました。
新聞の特別号のようなものに載せていただけるそうです。
IMG_2987.jpg

うちは島の端っこにあって島を出るのも最寄り駅までも約40キロあります。
東京から横浜の距離より遠いです。
車だとしても1時間弱かかります。
そんなへき地にも関わらず来てくれる方って本当にありがたいです。
お土産屋も食べ物やもスーパーすらろくにない島の端についでで来るなんて理由はないですから。

また遊びに来てほしいものです。

我が周防大島、そして端っこのなぎさ水族館までお越しいただきありがとうございました。

静かな夜だな、と思った日のほとんどは
IMG_2950.jpg
先に寝ています。
IMG_2951.jpg

変な寝方。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今日行こうと思ってましたがあいにくの雨。また天気のいい日に行きます。

県民 | URL | 2019-04-24(Wed)11:27 [編集]


県民さま

コメントありがとうございます。
その日は珍しくがっつり雨でしたね。
ぜひポカポカ陽気な時にまた来てください。

nagisaaqua | URL | 2019-04-26(Fri)11:00 [編集]