FC2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

久しぶりに博士登場

久しぶりに同期の博士が島に来てくれました。

今回はこのあたりでとれた名もなきクラゲのデータを完成させるため来られました。
IMG_2296.jpg

以前は高知の研究所にいた博士ですが現在は沖縄の大学で研究しています。
南国から瀬戸内のハワイまではるばる来てくれました。

2日間、満潮にかけて3地点のみっちり採集し、その後数時間かけて顕微鏡で観察です。
博士が顕微鏡で数ミリのクラゲを調べている間に私は目視で採集したくらげのソーティングを水族館の作業です。

1日目は曇りで幸先不安なスタートでした。
IMG_2294.jpg


目視で観察してもまぁ見つけにくいこと。
モチベーションは少し下がるけど我々の本気を出す時でもあります。
大学4年からかれこれ10年の付き合い。
未来のクラゲ界を背負う博士と、クラゲを見つけるのだけは才能がある(博士とUさんが褒めてくれるくらい)と言われる私の最強コンビです。
私の場合他では全く役に立たないのでこの時だけは光らせねば。

極力海に近づけて数ミリのクラゲを探し出します。
一応目的のクラゲさんはとれました。

1日目は目視だけでなく博士はネットもひいていましたが、2日目は気持ち的に余裕ができたので目視でみつけられるだけの採集しました。
IMG_2303.jpg
ネットは小さいクラゲや、目視で確認できなかったクラゲも手に入れることができます。
ただ、帰ってからのソーティングが大変になります。


光をあてて顕微鏡で観察し、写真も撮ります。
IMG_2305.jpg
飼育の作業もあるから、と言い訳して採集後のソーティングはほとんど博士がやってくれました。

日中は海で採集し戻ったら名前を調べたりソーティング。

夜は晩餐会。
IMG_2292.jpg

若い人ならできるけど、体力が衰えつつある我々にはなかなかハードな2日間になりました。
また興奮しちゃうとその後余計疲れますよね。

でも同期と久しぶりに会えたし、久しぶりに採集しに行けたし、とても楽しかったです。
これであとはデータを完成させてくれたら完了。

今回目的だったものとは違う新たに珍しいクラゲも取れたのでまた研究材料が増えてしまいました。
できれば今年中にでもまたお会いして楽しく充実した時間を過ごしたいものです。

遠くから来てくれてありがとう。
おかげで私の名前がもう少しで知れ渡るかもしれません

帰り荷物が重すぎて入れ替えている光景はシュールでしたよ。
IMG_2311.jpg




IMG_2420.jpg





PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する