なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

慌てて準備

ご無沙汰しております。
暑くなり体は動かなくなってきたのに、日々充実した時間をすごしております。
実はまたいつもお世話になっているミクロ生物館さんよりお声をかけていただき、講義をすることになりました。
一年ほど前にもやらせていただいたクラゲについての講義です。

慣れないパソコン作業に夜な夜な家で白目になりながら戦っております。
講義をするような立場でもない私がこのような機会を経験させてもらえるなんて大変光栄です。
でもあらためて自分の知識がうろ覚えで曖昧だったことが思い知らされます。
講義一週間程前の昨日はいつも参考にしている図鑑と本を水族館に忘れて帰ってしまいました。なのでおもむろに家にあるクラゲ関係の本を探して来ました。
IMG_9467.jpg
案外ありました。私がこの世界に入ってからいただいたものばかりです。
なにせ海の世界に入ったことの遅い私は知識が全くありません。
Uさんと比べると尚分かります。
なので自分だけでなく、周囲の人からもいろいろなアドバイスや資料をわけていただいています。
特に商船の仕事をしていた曽祖父と近い世界に入った私のことを多分喜んでくれているのであろう祖母は、図鑑やら本、雑誌など私のためになりおそうなものがあったらよくプレゼントしてくれます。
なんども読み返してヨレヨレになっている本もあれば新品同様の本もありました。
ひさしぶリに本を読むぜ読むぜ。
オワンクラゲの発光はGDPではなくGFP・・・クラゲの現在種数は・・・
語彙力のない私がいい間違いのないよう注意しなきゃなんないのと時代の変化に対応しなければならないのとで確認確認、調べる調べる。。。

講義は2時間だけど、一人でも来てくれた方に満足してもらえるよう、楽しんでもらえるよう残り少しの時間を頑張りたいと思います。
それに、うまく行くかわからないし大変だけど、これを乗り越えると私はまたレベルアップできるだろう、と勝手に浸っている自分もいます。

そんなこんなで一日一日があっという間にすぎていました。
6月はGWも終わり、夏休みの前でもあるから結構時間に余裕が出来る、という勝手な認識がありましたが大間違いでした。

毎日休日。
DCA55EDB-.jpg
でも私がいるときは絶対半径1メートル以内にはいます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する