なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

初見生物

携帯に続き、キーケースも新しくなりました。
IMG_8020.jpg
社会人になって3代目。
初代は大学時代の先輩からいただき、2代目は(写真上)シスターズからいただき、今回もまたプレゼント(写真下)。
基本車と海水を使う仕事だからかだんだんと金属部分が錆びて壊れてしまいます。
シスターズからもらったやつも最終的にはキーをつける部分が2つだけになってしまい、そこも錆びて頻繁に落ちるようになってしまいました。
なので少し寂しいけど新しくなりました。
普通に使う人より厳しい世界で働いてもらうことになると思いますが、私のポッケの中でこれから長時間頑張ってもらおうと思います。まずは少しポケットにゆとりを持てるよう痩せた方がいいのかな?

本題です。
珍魚が続いてます。

今回ご紹介する魚はすでに死んだ状態でうちにやってきたのでデビュー出来ずじまいになってしまった子になります。
まず
DSC_1194.jpg
チカメキントキ。

この魚は地元の方が持ってきてくださりました。
初見です。
30センチを超す立派な魚。

Uさんが調べたらチカメキントキでした。
さっそくこの魚を見たUさんは興奮のあまり吠えていました。
死んではいるもののとても綺麗な状態でした。

そして
IMG_8036.jpg
ヒラという魚。
この魚をUさんが記録用に写真を撮っている時、初めて見たんですが、「なんか案外薄っぺらいんですね」
と言いました。
しかしこの魚、漁師さんが半身食べた状態だったらしいのです。
本当は写真を載せたかったのですが、Uさんが撮ってくれたものはまだ著作権の許可がとれてないので私のイラストでイメージして下さい。

この魚も初見でした。
漁師さん曰くたまに「ごち網」という漁法で採れるそうです。
私は見た目ボラに似ていると思いましたが全く違います。


今回立て続けに出会った2種類とも私は知らない魚でした。
Uさんはすぐに名前を言っていました。
最初ヒラはイセゴイと思ったらしいのですが写真を確認して違うことに気づいたらしいです。
そして夜なのに急いで水族館に戻って再度検索し、いただいた漁師さんに修正していました。

でもさすがですよね。
私は名前も分からなかったし、もちろん間違っていたことも気づきませんでした。
不本意ですがUさんのすごい所です。
本当に魚が好きなのが伝わってきます。
エセ水族館飼育員の私は元々魚は全く詳しくないので、ここへきて見た魚のみしか名前は覚えてないです。
一度本物を見たら頭には入りますが、図鑑を見てもなかなか覚えられません。

なので初見の魚をいつも・・・となってしまいます。


また一つ賢くなりました。

長年ここにいても定期的に初見の生き物がいておもしろいです。
最近また新しい出会いが結構あるので漁師さんから連絡が来るたびにワクワクします。

最近布団にこもりきりですが、
IMG_7990.jpg
たまに日が当たると
IMG_8027.jpg
長い間冬眠から覚めたような感じになります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する