なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

カサゴの放流

けっこう前になってしまいますが水族館のパソコンが壊れているときにうちで育てたカサゴの放流を行いました。

地元の保育園と一緒にしようと思っていましたが、日程が合わなかったので、先にほとんど放流し、保育園の子供たちに手伝ってもらうカサゴだけ数日後に放流してもらいました。

まぁ私たちの放流光景は特にって感じです。

なるべくストレスを与えないよう、キズをつけないよう少しずつ網で追いやります。
DSC05076.jpg

そして水槽の真ん中にある排水に塩ビカンをつなげて
DSC05082.jpg
滑り台のような状態で自然界に羽ばたかせます。

生まれた時から水槽だったカサゴちゃんたちがうまく自然界でやっていけるか心配ですが、広い世界に向かってそのままお別れです。

その数日後。
ちびっこたちが来てくれました。
DSC05104.jpg
あいさつするだけでかわいいなんて羨ましいこと。

見守りながら放してくれたようです。
DSC05163.jpg

中には体を張ってくれた子もいたみたいです。
DSC05154.jpg

後ろで役場の方が羨ましそうに見ていますね。
DSC05165.jpg

ある意味この時がカサゴにとって最初の試練だったのかもしれません。
自然界で生き延びることは難しいことですが、1匹でも多くのカサゴが大きくたくましくなってほしいです。

生まれて早々に自然の荒波で生きることをやめた猫。
IMG_0743.jpg
まぁ私が強制的に捕獲してのですが。
(一応母猫父猫には許可とりましたので)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する