なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

連休でした

少しごたついているこの頃ですが、以前から予定していた関東に連休をいただき行ってきました。

今年90歳になる祖母に会うのはもちろんですが、メインは埼玉県飯能市で行われた復興イベントでした。

私は知らなかったけど震災以降毎年行われているそうです。
そのイベントになぜ私が行ったかと、お世話になった方に会いに行ったからです。
大学4年の時、近くの博物館と共同企画展示をしていました。そこらへんの事情は当時学生だった私にはよく分かりません。

ジオラマ(模型)を作るにあたって魚の剥製が必要になりました。
その魚を魚市場でもらうため、朝方から市場の作業を手伝っていました。大したことはしないですが、これをすると少しだけ魚を分けてもらうことが出来ます。
レーンに流れる魚とクラゲを仕分けする作業をひたすら手伝っていました。

すると知らないおじさんが何か話しかけてきました。ただそこは東北の沿岸部港町、おじさんの言っていることはほとんど理解できません。分かったことは、ジェスチャーで手を裏表にするしぐさ、その他「射的」「出店」「イカ」「二人」「稼ぐ」くらいでした。そして名刺を渡され作業中ということもありまた連絡するということでとりあえずその場を去って行きました。

後日さすがに電話しなきゃと思い先ほど書いたキーワードをもとに内容を確認してみました。
要は地元で行われることになったイベント(海フェスタというものでした)に出店するから、手伝いを2名ほど探してほしいとのことでした。
ただ、当時の私は人生の中でも最も忙しいというくらい忙しくて、正直人を探すなんて余裕はありませんでした。
なので同じ研究室で一緒にばたついていた友人にそのことを相談しました。
すると私がそのバイトをやるなら友人も手伝ってくれるとのことでした。
内心、見つかりませんでした、とやんわりそのままにしようかなとも思っていましたが、短期間ということもあり、やってみることにしました。

ちなみに漁師さんかとおもっていた名刺を渡してきたおじさんは魚市場前に店を持つ魚屋さんでした。

しかし、まさかその後地震、大津波がくるなんて思ってもいませんでした。
「あのころは大変だったねー」と懐かしくなるだけのはずだったのにまさかお店も、自宅も流されてしまうとは思いませんでした。
まさか息子といって可愛がっていた犬が、その時で突然会えなくなってしまうとは思いませんでした。
何日も連絡がとれなかったのに突然電話が来て無事だった時はうれしくて仕事中なのに同じくバイトしていた友人に急いで電話してしまうくらいでした。

あれから5年。今回は復興イベントとしてですが、お会いすることが出来ました。
会いに来てほしいと声をかけてもらったものの何したらいいか分かりませんでしたが、がっつりエプロンつけて働かしてもらいました。
IMG_1697.jpg
忙しすぎて着ぐるみたちや、よくわからないライダーたち、来てくれた叔父叔母、その他出店、なにも見れませんでしたが懐かしくてとても楽しかったです。
IMG_9049.jpg
10年くらい前のこととは思えませんでした。

例え何も見れなかったとしても、津波で流されてきたカメ
IMG_4436.jpg
や当時一緒に働いたみなさんと会うことが出来、よかったです。

もう少しで震災から5年。
このあたりに住んでいると震災があったことすら忘れかけてきます。
でも、被災した方からするとそんなもんじゃりません。
私がいえることはなにもないけれど、この時期になるとなんだかもんやりします。

IMG_9297.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

教えてください

息子が水族館の飼育員になりたいと言い出しました。
昨年夏なぎさ水族館に行って、飼育員のお兄さん、お姉さんにいろいろ教わったそうです。
もともと釣りが好きなので、すっかりあこがれたようです。
夢を実現したいという気持ちを大切したいのですが、どんな勉強をさせたら良いか、教えてください。

中3の母 | URL | 2016-03-11(Fri)22:56 [編集]


お詫び

昨日12日に、広島から周防大島へ温泉旅行に行き、
なぎさ水族館にもお邪魔しました。

あなごの展示や手書きの説明が面白くて、とても楽しかったです。
だけど、初めて見るお魚に、思わず「気持ち悪〜」と言ってしまいました。
飼育員さんのブログを拝見して、なんだか後悔しています。
私も動物が好きだし、命を大事に思う気持ちは一緒です、
お世話して下さっている飼育員さん、お魚さんに、ごめんなさい。

大島に行く機会があったら、また行きたいと思います。
ブログも楽しみにしてますね、応援しています。

ぴろこ | URL | 2016-03-13(Sun)13:48 [編集]


ぴろこ様

コメントありがとうございます。
そのように思っていただけるだけでうれしいです。
ただ私個人的としては「気持ち悪い」という言葉はあまり嫌な気持ちにはなりません。
生き物にとってはあえてそのような見た目になったのかもしれません。
またはその生き物たちの中ではもしかしたらイケメンなのかもしれません。
あくまでも私たち人にとって個人的な感情だと思いますのでお気になさらないで下さい。
私もニョロニョロ系とかはなんでこんなに気持ち悪いんだろう、と思うことはありますよ。

奇妙な生き物が沢山いることを知っていただけたらそちらの方がうれしいです。
また、なぎさに来て「こんな生き物がいるんだ」「こんな変な形をしているんだ」など、興味、関心を沢山もっていただけると更にうれしいです。
広島からだと少し遠いと思いますがまた遊びに来て下さい。

nagisaaqua | URL | 2016-03-14(Mon)10:11 [編集]