なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

猫生きてます

先月轢かれてた猫ですが、現在は体重も当初の倍にまでなりました。
IMG_8998.jpg


足も歩くことは期待しないように言われましたが普通に走れるくらいにまでなりました。
ただ、目があまり良くないようで、手術をして現在も目薬を頻繁にさしつつエリザベスを使用して安静にしています。
IMG_1139.jpg

宿はUさんの所ですが、たまに帰りが遅い時などは我が家へ遊びに来たりもします。

いりことの仲を心配しましたが、あの神経質で誰とも良い関係になれないおデブさんが、気の強めの女の子には弱いらしく、トイレを使用されては唖然とし、寝床をとられては立ち向かうも叩かれて負けてました。
IMG_8463.jpg

そういえば名前の紹介を忘れてました。
「ホタコ」です。
実は拾った直後からこっそり呼んでいました。

由来は小伊保田地区過ぎた道路で轢かれていたので「コイホタ」の語尾をとって「ホタ」。
そしてせっかくなのでいりこのように海にちなみ、こっちで割と名産でもある「タコ」を合わせて「ホタコ」です。

一応自分でも名前を認知しているらしく呼ぶと振り向きます。

来たときは本当にボロぞうきんみたいでUさんはゾンビと呼んでいました。
IMG_6336.jpg

それがこんなにも猫らしくなってきました。
IMG_6804.jpg

Uさんはすでにイチコロされており、「ホタちゃん」とよんで溺愛しております。

家でもずっと一緒に遊んでいるらしく、その度に自分のイメージに合わないからやめようと思うらしいです。

死にかけてた生き物が、過保護に育ってしまったのでなかなかのおてんばになりそうです。

まだ安心できない状態ですが、ここまで元気になるとは思わなかったので少しホッとしています。


人生で初めて我慢というものを経験したいりこ。
IMG_1426.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する