なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

春が近づいてきた

「ホーホケキョ、ケキョ」
まだ鳴き方が下手なウグイスの声が聞こえました。

ツバメが我が家周辺を飛んでいました。
きっとうちではなくお隣に大家族ができるのでしょう。

だいぶ春が近づいているようです。
花粉もすごいみたいです。私は今の所平気ですが。

あと黄砂だかpm2.5か花粉か分かりませんが空がかすんでいます。
気管支炎になったのはそのせいでしょうか。
春ですね。

春が来ると夏が直前まで来ている気がして、二重あごが日常になってしまった脂肪たっぷりの私にはとても苦しいです。
そのたびにいりこと「デブにはしんどい時期が来た。どう乗り越えるか?」と相談します。

そして潮もいい感じになってきました。
本当は採集した生物も写真に収める予定でしたが、いつも忘れてしまうんです。

最初に景色はちゃんと撮りました。

ここは砂浜。
IMG_2828.jpg
今回は海藻につく「カズナギ」という魚や久しぶりに「ウミサボテン」がとれました。

そしてここは岩場。
IMG_0462_2015032608363043b.jpg
もう少しいるかなぁと思いましたが、波が高くなってきたのと風も強くなってきたのと鼻水が飛んだり鼻のまわりでカピカピになったりしたのであまり滞在せずに帰りました。

見た目は最近の雰囲気を醸し出す地元のお兄さんが、「これ!ぶちおるんやけど!海藻にバーとおる!」
ときいていたミノウミウシもいるかなあとは思いましたが、あまりいませんでした。

だいぶ暖かくなり、来館者も増えてきたので展示ももっと満足してもらえるよう私たちも頑張ります。

最近少し自分がこの島で暮らし、働く、ということについて考えさせられました。
でも、朝出勤前に家を出た所でご近所のチビッ子にシナシナだったけど菜の花を渡されたり(いろいろ説明してくれたけど何言ってるか分かりませんでした)、昼にはスタッフさんからデコポンなど紙袋一杯いただいたり、夜にはスタッフ件ご近所さんから夕飯をいただいたり、次の日のお昼にはコンビニでばったり会った前指定管理者の従業員の方からコーヒーをおごってもらたっり、その晩には地元の漁師さんからタイをいただいたり、そしてそれを休みの日なのに刺身の状態までさばいてくれる同僚がいたり、と私の周りにはこれでもかと思うくらい恵まれていたことに気づかされました。
IMG_8059.jpg
みなさんはそんなことまでしてくれる方、周りにいますか?
自分はここにいない方がいいのかなぁと少し思っていた時にこんなことが起こりなんだか安心しました。

それに何よりこーんなかわいい子がそばにいるしね。
IMG_8610.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する