なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

私の休日

この前の休日は久しぶりにいりこさんのワクチンに行ってきました。
毎年手紙がくるのに今年はこないので受けなくてもいいのかなぁ、それとも暴れる子は嫌なのかしら、と思っていた矢先に届きました。
といっても外猫でもなく多数飼いでもないのであまり必要がない気もします。
ただそれだけでいりこさんが少しでも長生きしてくれるのであれば5000円なんて小さいもんです。
本当は大きいけど。。

てなことで行ってきました。
恰好は肌がでないように厚手のパーカー。けしてセーターなどの破れやすい服は着ません。
もちろん行く直前にはできるだけ短く爪を切ります。

なんとなくわかってはいたけど、前回と同じように今回も私の膝にある鞄だけが「うーー」とひくい声が聞こえます。
待合室にある猫雑誌を読みながら時折いりこに話しかける私。
すると鞄の中で大暴れし鞄ごと膝から転がり落ちるいりこさん。
まわりからクスクス声が聞こえます。
こっちは真剣なのに。

だんだんと待合室も込み合ってきたので外で待つことにしました。
そうしたら案外静かで鞄から顔を出す余裕も。

名前が呼ばれ再度診察室に入ると獣医さん
「あーこの子は凶暴なんだっけ?笑。すでに怒ってるねー。鞄から出せないよね、そのままでいいよ」
と言いながら看護婦さんたちも苦笑いでした。
そして私が手を服で隠そうとしたら獣医さんがバスタオルを準備してくれました。
フェイスタオルではなくバスタオルです。
これを鞄に覆いながら注射するんです。
タオルのおかげかいりこが成長したのか分かりませんが今までで一番お利巧にできました。
割とおじさんの獣医さんも「オワリマチターオリコサンデチタネ」といりこに一言。
そして私には「今回はけが人がでなく無事に終わりましたね」と一言。
誰も血を見ることなく無事に終わりました。
しかし診察室を出たとたんのみなさんの視線がとても恥ずかしかったです。

そして支払いの時も、まだご立腹のいりこはレジにお金を出している私の手を鞄ごしにかみついたりして、さらに受付のお姉さんと待合室のみなさんに笑われてしまいました。

恥かしかったけど、それでも今までで一番お利巧さんだったので、サンプルのツブツブを2袋もいただいてしまいました。

車に乗って鞄から出してあげたら、ものすごいさわやかな顔をしてました。
IMG_2556.jpg

そして出発するから鞄に戻ってと言いながら鞄を開いたらちゃんと中に自分から入りました。
IMG_2260.jpg
そこはよくできる子なんだけどなー。
その後も私が買い出しをしている間もずっとおとなしく鞄で寝ながらまっているいりこさんでした。

一瞬だけど我が家にとっては大きな任務をはたした一日になりました。

IMG_7486.jpg
行く前の朝は最近ハマっているらしい「ばりいさん」のマグネットと起床です。
このマグネットは、前回妹が遊びに来た時に、私の友人に似ているからくれたものです。
冷蔵庫につけているはずなのにいつも転がっています。
ちなみにばりいさんと一緒に名前わからないけどひよこがいたんですが、最近見当たりません。。。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する