なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

カサゴが来た

最近、指定管理者の事業で中間育成というものを始めたそうです。
詳しくは知りませんが、放流前のチビ魚を何匹かいただいてしばらく飼育し、できる限り成長させ海に放すんだと思います。

ある日突然海からドンブラコッコと水槽がうちにやってきました。
DSC01967.jpg

到着してからはしばらく特に何もなく平和な日が続いてました。

あれよあれよと一部で話が進んでいたらしく、先日工事が始まりました。
私たちは事業とは特に関係がないのですが、水族館の海水汲み上げポンプを止めるということでその日はバタバタしてました。
DSC02181.jpg

DSC02186.jpg
大雨の中電気工事と配管設置工事が始まります。
「男前がおるから写真撮っとるんか?」と訳の分からないことを言っていましたが、記録のため沢山撮らせていただきました。

半日ほどで工事は終了。

私が休みだった次の日は、トラブル発生で散々だったらしいのですが、更にその次の日には早速2センチほどの小さなカサゴちゃんが到着しました。
DSC02221.jpg
5000匹いるらしいです。
エサをまくとパクパク音を立てながら一生懸命食べています。

約一か月間ですがここで生活するらしいです。
大きくなったら海へ向かいます。


閉館後の夕方。
採集に行き、水族館出入口にマイカーをドシンととめて採ってきた生物を館内に運びました。
その後。
DSC02089.jpg
白黒の怪しい物陰発見。
こんなにくつろいでいますが、おさわりは一切禁止です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する