fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

採集

新年になってもう20日以上も過ぎてしまいました。
この前太りすぎと乾燥なのか肩と横腹に肉割れができました。

さらに足の太ももの付け根というのでしょうか、股下というのでしょうか、がとてもかゆくなりました。
これも乾燥かと思いそおっとボディクリームを塗ってあげました。
それなのに全然よくならなくて改めて見てみたら太もも全体が真っ赤なブツブツになってました。
もしかして乾燥ではなく何かにかぶれたのか?
慌ててムヒを塗ってあげました。

と思ってたらこんな生き物が部屋にいました。
IMG_4232.jpg
ツチハンミョウ。

今年はお肌を労わってあげる1年にしようと思います。

本題。
先日母と初詣に行った際に近くで寄った海にカミクラゲがいました。
その日は採集道具を持参していなかったので後日改めて出動しました。
IMG_4294.jpg
旅のお供を誘って。
この日は半日仕事して午後休みをもらいました。
なので陸奥子も一緒に行きました。

片道3時間。
目的地に着いて海を覗くともちろん沢山いました。
早速採集開始です。

IMG_4297_20240125170709f61.jpg
カミクラゲは目を凝らさなくても簡単に見つけられます。
1時間くらいでバケツ3個分採集できました。

その他にシミコクラゲといってクラゲから小さいクラゲが出てくるヤツも結構とれました。
IMG_4445_202401251708202d0.jpg
分かりにくいですね。
あとなんとなんとミズクラゲのエフィラが沢山いました。
島だと野生の目視で見つけられるミズクラゲのエフィラってほとんどいません。
1年で2回くらい出会えればいいほうです。
普段飼育しているのはみななぎさで繁殖させて生まれさせた完全人工飼育の子たちです。
こんな普通にエフィラが海にいるのは初めてでした。

満足で終了しました。
IMG_4296_20240125170709349.jpg

帰る前にお供してくれた陸奥子と近くの道の駅を散策して帰りました。

昼から出発して3時間かけて現地に向かい、1時間くらい採集してまた3時間かけて帰る、クラゲがいたので家ではなくてそのまま水族館に行ったのですが到着はすでに夜でした。

次の日さっそく展示しました。
IMG_4340.jpg
カミクラゲは大学時代住んでいた所にもいましたが大きさが全然違います。
正直こっちのカミクラゲの方が小さくて傘が丸くてカワイイです。
1㎝以下のとっても小さいのもいました。

現在は水槽に沢山いて大満足ですがまだしばらく海にいそうならばまた行きたいと思っています。


話しは変わりますが私が人生で初めてペットとして迎えた(2代目)イモリ♀が数日前死んでしまいました。
実家を出て初めての家族であり私の人生の半分以上を一緒に過ごしてきました。
イモリとの出会いは学生時代にアパートの上に住んでいた1つ先輩の家でした。
熱帯魚を飼っていてその水槽の中に混じっていたのがアカハライモリでした。
水中をパタパタさせながら泳ぐ姿は可愛すぎて衝撃でした。
その後何度かイモリを見にお邪魔していたらその先輩から「持ってっていいよ」と言われました。
その場にいた友人と分けてうちにイモリがやってきました。
確か当時のイモリは脱走してお亡くなりになってしまいました。
メソメソしながらアパートの前に埋めた記憶があります。
(本来両生類は病気かなにかのため埋めるのはダメです)
でもやっぱりまたイモリと生活したかったので先輩にどこで捕まえてきたのか教えてもらい、再び友人とイモリ捕獲大作戦を行いました。

大学があった岩手県大船渡市三陸町から少し先へ行った吉浜という地区。
アワビが有名で吉浜と書いて「きっぴん」と読み吉浜アワビがブランドでした。
震災で被害があったので多分当時イモリがいた田んぼはもうないと思います。
今思えばとても貴重な存在でした。
大学から就職で島に引っ越す時も車とフェリーを共にしてきました。
島に来てしばらくしたらいりこが家族に増えましたが当時子猫でやんちゃだったいりこがイモリにちょっかいをかけてまた脱走した時がありました。
それ以来イモリは我が家のトイレに移動し私がノロで悶絶している日も、お腹を壊してトイレが居住空間になっている時もそばで見守ってくれてました。
それなのにトイレに行ったら裏返った状態で死んでしまっていてとてもショックでした。
でもまだ♂が一匹残っているし当たり前に17年も一緒に過ごしてくれたので悲しみよりもありがとうの気持ちでいっぱいです。
残された♂はつい最近まで♀にシッポフリフリの求愛行動をしていたのできっと寂しいと思います。
早く立ち直ってくれればよいのですがそれまでは心のケアをして見守ろうと思います。
IMG_4392.jpg

寒いのかと思って♀が亡くなった直後、一時的に部屋にイモリ♂を連れてきました。
IMG_4385_202401251708154f4.jpg
結局新たに危険生物がいたので諦めてトイレに戻しました。

PageTop