fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

最近すごく汗がでます。
「なんでそんな汗かいてんの?」なんて言われることんなかったです。
でも実際体温を測ったらコロナ前より0.5度以上高いです。
37℃になるなんて人生でほとんど経験したことがなかったのに最近は少しの事で37℃以上の熱が出ます。
あとクラゲに刺されやすくなった気がします。
いつも通りミズクラゲの水槽を掃除していたらその日の晩に全身がすごくかゆくなりました。
コロナになって今まで頑丈だった自分が普通の人くらいになった気がします。

本題。
私たちは3年前から釣り雑誌に見開き1ページ原稿を書かせてもらっていました。
最初は1年くらいの予定でしたが光栄なことに3年目も続けさせてもらいました。
そんなそんな雑誌が9月号で休刊になりました。
その話を聞いた時はとても残念でしたが3年もやらしてもらったこと、そして雑誌の最終に携わることができたのはこれまた光栄なことなのかもしれません。
最後の原稿を出した後に休刊を知ったので私の中で締めっぽく終われなかったのは心残りですが。
この全てになぎさのことが書いてあります。
IMG_7510.jpg
毎回締め切りギリギリになって迷惑をかけているのに「大丈夫ですよ」と優しいお言葉に甘えさせてもらってました。
でも原稿に追われるなんて最初で最後の経験だろうからちょっとだけ浸っている自分もいました。

原稿を書くにあたって改めて調べたり記録したりと普段やらないこととかやりました。
文章も書くなんて全然しないのに久しぶりに〇〇〇文字くらいのと基準を決めて書きました。
雑誌も全然読まないし釣りも滅多にしないけど「釣り画報」は見ました。
コンビニで「釣り画報」が売っていたらこっそりちょっとだけ前に出して取り出しやすくしました。

休刊は残念ですが私が今までやったことのないことを経験させてもらいました。
釣りに詳しくなったかは微妙ですが。
島にある小さい水族館のただの飼育員に声をかけていただきありがとうございます。
3年近く原稿を書かせていただき本当にありがとうございました。
そして雑誌(特になぎさの部分)を読んでくれた方もありがとうございます。

もう1つ。
クラゲのすっごい図鑑が発行されました。
IMG_7529.jpg

写真は全部綺麗でクラゲ全身の細かい所までよく分かる、そしてクラゲの種類がめちゃくちゃ多いので種同定に助かる、最強のクラゲ図鑑です。

このすっごい図鑑にほんの少しだけ私たちなぎさの飼育員が関わらせていただきました。
あ、でも文を書いたのでもないし写真を撮ったわけでもないです。

それでも私たちが採集したクラゲがこんな図鑑に載せてもらえるなんてとてもうれしいです。
全てに付箋で印しました。
そして図鑑の最後に名前があってめちゃくちゃ感動しました。
こりゃ親孝行ですね。
私立の大学に奨学金でもなくいかせてくれてそのまま実家から本州の反対側に行って島で何しているか分からない親不孝者だったけど大学の最後の年でクラゲに出会ってそのまま仕事でもクラゲを続けることができてその結果こんなすごい図鑑に携わることができました。
親も海は全然ですが自然や生き物は大概好きなので喜んでくれると思います。

これからクラゲの名前を調べるのに必須となるアイテムです。
素敵な図鑑に携わらせていただきありがとうございます。
ちなみにこの図鑑はDVDで動画版もついているのでクラゲがどんな動きをしているのかも分かっちゃいます。
クラゲが好きな方だけでなく綺麗な生き物を見るのが好きな方にもおすすめです。


この前会った時のモドキ。
IMG_7331.jpg
こんな抱かれる男になってしまって。

これはいりこ。
IMG_7324.jpg
年は違ってもさすが兄弟。
なんか違うけどなんか似ている。

PageTop