fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

視察というもの

先日、久しぶりに体重計に乗りました。
最近自覚症状が確認できるほど太っていて怖くて乗れませんでした。
ドキドキしながら乗ると「あれ、いりこ乗ってる?」
いりこはいつも私にくっついているので体重計に乗る際もたびたびこっそり乗って私を驚かしてくれます。
今回もそうかと思い足元を見ると乗っていないではないか。
ということはいりこ分約6キロもの肉がここ数か月で私に付着したようです。
なんで?!なんでなんで?
食べすぎ?飲みすぎ?運動不足?
まぁどれも心当たりがあるわ…
元から大型人間なのにさらにバージョンアップしました。

衝撃を受けたその日は休みだったので朝から陸奥子の散歩に1時間、夕方は1時間30分ほど行きました。
なんとなく体が軽くなった気がします。
しかしその代償として慣れないことと増量した肉により歩いただけなのに二の腕が擦れて赤くブツブツができました。
一人で笑ってしまいました。
日々少しづつができない人間です。


本題。
うちのように古くて小さい施設にも視察に来てくれる時があります。
基本、うちより立派な組織からです。
そうだ、以前外国の大使館代理も来られたんです。
自慢です。
外観を見ただけで下に見られがちですが時にの時には珍しいこともあるんです。

今回は以前も来てくれたく下松市の職員さんと栽培センターの関係者様様です。
以前も私たちのような下部の話を真剣に聞いてくれました。
今までの施設に体験型の新しい栽培施設がオープンするそうです。
きっとさぞかし立派なものが出来るんだと思います。

漁業者の方と一緒に来てくれました。
IMG_7569.jpg
視察だからうちのいろんな写真を撮られてました。
恥ずかしい。
皆様とお話をしていたら瀬戸内海の奥の方にある我が島と山口の街中にある下松市では漁でとれる生物も違うそうです。
漁法もまた違ってとても興味深かったです。

作業場を案内したら「よくここで全部やってるね」と感心されました。

来月オープンなのかな?

ぜひ遊びに来てくださいとおっしゃってくれてたのでぜひ行ってみたいです。

僻地ゆえにどうしても移動時間より滞在時間の方が短くなってしまいます。
わざわざ来てくださりありがとうございました。

ちなみに栽培センターには猫がいて従業員扱いだそうです。
ちゃんと餌代も出るらしいです。
ファンもいるらしいです。


うちも招き猫してくれる子がいたらいいのですが・・・
IMG_7646.jpg
この発達障害と言われたおっさんには無理だな・・・

PageTop