fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

断水中の休日

断水生活もしばらく続くようです。

お米をといだらトイレへ向かい、流し用のバケツへ。
それを勢いよくトイレへ流すとたまに便器から飛び出て周辺がビチャビチャに。
そんな生活をしています。

だんだんこんな生活に慣れつつも早く解放されたい願望が強くなっております。
そんな中、溜めていたお風呂の水を冷たいからと言って子どもが親切に栓を抜いてくれた、そして空っぽ。
とか家族で少しずつ使ってるお風呂の水を旦那が使ったらほとんどなくなって更に水が汚れと黄ばみがあった、とか
Uさんなんて都会から帰ってきた途端家の水が出ない、などなど毎日いろんな方の話をきいているとまた面白い気持ちになります。

そして、断水から4日目。
私の休日がやってきました。
予定では仕事のお手伝いがあり、25日は休みといっても仕事があったのですがこのご時世、いろんなイベントが中止になっていて25日予定していたものも中止になりました。
ということで25日、26日、と私は2連休になりました。

断水に備える買い出しに向かいました。
まだ痛む親しらずさんがいるので食べやすいパンや猫餌、台ふき用にタオルシートなどなど。
家と仕事場以外の久しぶりの遠出。
品切れや自衛隊の車を見て改めて一大事なんだぁと実感。

帰宅中、Uさんから連絡があり、「橋封鎖になったから気を付けて」
とのこと。
片側通行で2トン以下、10分間の平均風速が6メートル未満というのが橋を渡れる条件です。
後方に当てはまった瞬間封鎖されたそうです。
こんな弱っちい風で通行止め!?
これじゃ島出ても帰れなくなるかもしれないしなんと不安定。
綱渡り状態。

26日に島を出てお風呂とコインランドリーに行く予定だった私。
26日の天気予報をみると風速は基準より余裕でこえています。
27日からは普通に仕事なのでこれを逃したら山積みの使用済み洗濯物からキノコが生えてしまいます。

25日、橋の渋滞タイミングと封鎖タイミングを見計らった夜にやっとこさ島を出ました。
そして大島民に無料開放してくれている温泉に行ってきました。
大島を囲んでいる柳井市、岩国市、上関町、の一か所ずつの施設がお風呂を無料開放してくれているのです。
久しぶりの温かいお湯が出で足を延ばして入れるお風呂は最高でした。
頭も顔も体も二回ずつ洗ってきました。
鳩子の湯温泉さんありがとうございます。
垢を沢山落とさせていただきました。
おかげ様で体が軽くなった気がします。

前回の断水(1月)の時もお世話になりましたが、また行きます。

その足でコインランドリーにも行きました。
仕事で使用する塩だらけのズボンなども一気に洗い、そのまま島へ戻りました。


そして本日26日。
島出る勇気なんてない私は一日部屋にこもっています。
ブログかいて、親に荷物送って、本読んで、数日分のご飯作って…

こんなにじっとしている生活は体調を崩したときくらいです。
私の断水中の休日生活でした。


断水と聞いて友人が水を送ってくれました。
あと折り畳みポリタンクやおやつなども送ってくれるそうです。
正直家族が多いわけでもないお年寄り1人暮らしでもない私が意地汚く欲張るのも、と思うと給水に行くのも買いに行くのも少し抵抗がありました。
もっと必要としている人に優先すべきですから。
なので送ってくれてとてもうれしかったです。
ありがとう。
IMG_0644.jpg
ちょうど飲料水なくなるとこだったので生き返りました。

友人が送ってくれたことを母に電話で話したら、それまでは大変ねぇと言っていたのに「母にも親としてプライドがありますので」と言って慌てて物資を送ってくれたようです。
ありがとう。
楽しみに待っています。

あと、橋が2トンまでなのでわざわざ小型トラックに移してでも島の営業所まで届けては配達してくれる運送業者さんもありがとうございます。



IMG_0645_2018102614514784e.jpg
のんきなやつらは事態の状況を全く知りません。

PageTop