fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

広島からのお客様

タイフーンの前に載せるつもりだったやつです。
話が前後します。
さらにだいぶ月日が経ってしまいましたがお気になさらず。


浮島小学校で若い子たちに出会い、今度は広島のJKたちが水族館に来てくれました。

文化祭で生き物を展示するのにやり方を教えてほしいとのこと。

私たちも日々暗中模索していることですが、我々をあてにしてくださるのは大変光栄です。

今回は電車とバスに乗ってきてくれました。
合計で東京まで行けるくらいの金額がかかるそうです。
ちなみに帰りはフェリーです。
IMG_0234.jpg

時間に余裕があったので採集にも行ってきました。
IMG_0228.jpg
私のホームを紹介しました。

Facebookにも書きましたね。

普段このあたりで若い子はほぼいません。
歩いていることなんてないに近いです。

私も車を運転中若い子が歩いていたら二度見します。
それくらい貴重な光景なんです。
JKと歩きながら採集していると地元の方が通るたびにニヤニヤしていました。
「お前、手下が出来たんか。えらくなったじゃないか」と言われました。
とか「そんなお前が教えるなんてできるのか?」「とかええことじゃのぉ」とかいろいろ言われました。
IMG_0227.jpg

採集したバケツもJKに持ってもらいとても偉そうにして作業を終了しました。

その日はミサキコモチエダクダクラゲという長い名前を持った種類の仲間とウリクラゲ、カラカサクラゲなどがとれました。
生徒の皆さんがとても熱心になってくれて、暑い中数は少ないけど何とかとれました。
私はさわやかのかけらもなく暑くて汗臭かったです。

飼育しやすい種類をメインに採集したクラゲは持って帰ることにしたそうです。
リッター瓶に入れて担いで広島まで帰られました。

文化祭は10月らしいのでそれまでできる限り長生きさせてほしいです。



JK・・・
私にもそんな時があったはずなのに・・・
今を楽しんでほしい、しみじみと思いました。
IMG_0359.jpg




PageTop