なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

夏の余韻

ここ数日朝が少し涼しくなってきました。

もう少しでいりこが布団に来てくれるだろうと想像しただけで夜が待ち遠しくなります。

またあんなに忙しかった夏もだいぶ落ち着いてきました。
とりあえず夏休み中の行事ごとは終了しました。
夏休みもほぼ終了しました。

この夏は今まで以上に団体様やお客様が多かった気がします。

広島の学校を筆頭に
DSC05425.jpg
(これは最後に集合写真を撮る所。暑い中お疲れさまでした)

地元の障碍者支援施設の方々、
DSC05448.jpg
(うちはバリアフリーかと思っていたけどそうでもなかったところを思い知らされました)

県内の小学生、
DSC05437.jpg
(この日は少しアワサンゴについてお勉強されたようです)
IMG_7200.jpg
(この日も暑かったなぁ)

団体様だけでなく
IMG_4736.jpg
大学時代の先生まで来てくださいました。
島根の水族館で講義をした後にわざわざ寄ってくれました。
しかも台風直前だったので急きょ日帰りになってしまい、広島を2往復するようなバタバタでしたが、
クラゲを採集しに行ったり、いろんな話を聞いてもらったりしてとても楽しかったし、すっきりきました。
私がまだ初々しかった昔は年に何度も来ていろいろ教えて下さった先生。
忙しいとは思いますがまた来ていただきたいです。

あわただしい夏でしたが、新たな経験もできたし発見もあったし充実した一皮むけたような気がした一夏でした。

地元の小さな花火も見れたし。
IMG_0394.jpg
こんなに近くで見えるんですよ。

梅干しも無事干せたし。
IMG_5025.jpg
(これは干す最後の段階でひっくり返された所)

もう思い残すことはないでしょう!!!
あとは涼しくなるのを待つのみですな。

水族館に遊びに来てくださった皆様、ありがとうございました。
力不足のところも多々ありますが、無理と言わずまた来てください。


IMG_7320.jpg
こんなバカっぽい恰好をしたホタコですが、この夏フルで受付をしてくれたアルバイトの女子高生2人をメロメロにしていました。
ホタコがJKの膝に乗っただけで「幸せすぎてしんでもいい」とか寝ているホタコを見て「鼻血でそう」とか言われてました。
世のおじさまたちがさぞかしうらやましがるでしょう。

PageTop