なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

久しぶりのミクロ生物館

年末に我が家の電子レンジが壊れたので、かわりにトースターを買いました。

しかし現代社会に甘えた生活をしていた私は
冷凍したお米も解凍出来ないと言うことに気づき
やはりレンジのかわりにはならないと感じさせられました。

早速お餅も焼いたし、グラタンも作ったけど。
ぐ



本題。

先日久しぶりに本土、「ミクロ生物館」へお邪魔してきました。
去年までは、毎月顕微鏡を借りにお世話になっていましたが、
うちに顕微鏡がきてからは、そこまで頻繁にはお邪魔しなくなっていました。

年末にもお会いしたけど新年になってからは初ミクロでした。

今回の目的は、アワサンゴと言うのは同じでしたが今までとは少し違います。

うちのアワサンゴを某大学の学生におすそ分けするために行ったのです。
ま、私が採集したわけでもないんですが…

そこで、学生さんにアワサンゴの体に含まれる褐虫藻の遺伝子についてなど、あれこれ教えてもらいました。

久しぶりに聞くカタカナが私の頭をフル回転させました。

とても勉強になりました。

勉強後はアワサンゴを飼育するための海水を採取していました。
ふ
(この作業が一番キツかったんじゃないかな…?)

実験用にもう1個体あった方がよかったかなぁ、
あんな一生懸命海水をすくうのならうちから持っていった方がよかったかなぁ、
なんて思いましたが、無事大学まで持って帰れたようです。

これからが、本番だと思うので頑張って研究して下さい☆
何か分かったら教えて下さいね☆
あ


私も〇年前はこんな感じだっかのかな、としみじみとした日でした。
や




風の噂だけど、彼のことをコワブサと言っている者がいるらしい。
と
どこがよ?

PageTop