なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

若者に会う

Facebookとまたかぶってしまいますが、先日ある授業のため浮島小学校に行ってきました。
浮島は周防大島からさらに船で移動します。
初めての渡船。なんだかワクワクします。
IMG_0206.jpg

20分くらいかな、浮島到着。
IMG_0208.jpg

船を下りるとすぐに小学校がありました。全校生徒12人。
少なく感じますが水族館がある地区の小学校は10人らしいので負けました。

今回浮島小学校の先生からある相談をされました。
「学校でイワシをしいくしてみたい」とのこと。
浮島はいりこが産地です。なのでイワシを水槽で飼ってみようと思うけどどうやったらよいのか、と。
イワシ飼育している小学校って聞いたことありますか?難易度はかなり高いけどすごいおもしろい挑戦ですよね。

正直うちみたいな小さい水族館でもイワシの飼育は難しく、展示もほぼしたことがないです。
我々に何ができるか分かりませんがぜひその盛大なプロジェクトに参加したいと思いました。

といってもまだ何もない状態からだったので、今回は水槽で生き物の飼い方からお話しすることになりました。

生徒さんは3,4年生の4人。45分の授業でUさんがみっちり水槽、生き物、フィルターなどなどについて勉強しました。
実は最初からイワシは難易度が高いので、まずは身近な生き物を飼育してみることになりました。
そこで授業の後半戦。
どんな生き物なら飼えそうか、となりました。
さすが島っ子。そして漁師町。色々な魚の名前が出てきます。お魚大好きなUさんもどんどん興奮していきます。
IMG_0209.jpg
あっという間に45分が過ぎてしまいました。

帰りの船の時間もあるし、今回は終了しました。
まだ挑戦は始まったばかり。

最終的にはイワシの飼育を目指して今後もいろんなことに挑戦してもらいたいです。
私たちもまた浮島に遊びに行きたいです。

IMG_0212.jpg


ちなみにUさんは黒板に書いた字が汚すぎて生徒さんに「外」という漢字が伝わりませんでした。生徒さんの横にいた先生に「カタカナのタとトよ」と説明されていました。
字が汚いって不自由ですね。

私は・・・
実は給食もごちろうになりました。中学校からおべんとうだったので給食なんて20年近くぶりです。久しぶりの給食に舞い上がってしまいました。
しかし体は大きい割に少し食べることが遅い私。
気づけば「御馳走さまでした」の挨拶の時間になりました。
体重3分の一くらいのチビッ子たちが食べ終わっているのに私の器にはまだご飯が残っていました。低学年の3名くらいがまだでしたが、その他の生徒さん、先生はみんな食べ終わっていました。こんな体はデッカイのに小さい子たちと食べる速度は一緒かい、我ながら少しビックリしました。
余談ですがお米が遅いのであってそれ以外はそこまで食べることが遅いわけではありません。



いりこもデブのわりに食べることが遅くてチビチビポロポロ口からこぼしながら食べます。
IMG_0223.jpg
ホタコがいるといつも横取りされて切ない顔をしています。




PageTop

広島の旅 

別件があったので久しぶりに宮島水族館に行ってきました。
IMG_8044.jpg

行く前からワクワクが止まりません。
実はその日ちょうど1歳年を取りました。
新たな目標として「擬音を減らし、落ち着いた態度」というものがありました。

落ち着こうとしてもソワソワします。

館内に入るとメインでもある筏水槽があります。
IMG_8289.jpg
ここは以前より食べられる生き物が多かった気がしました。
イワシもいてアオリイカもいてこの中で自然界の食物連鎖がおきているのかもしれないと勝手に思いました。

あと私が好きな
IMG_8009.jpg
小窓水槽。

IMG_8011.jpg
IMG_8015.jpg
一度に沢山の生き物に出会うことが出来ます。
なんとなくうちにもいる生き物でもここだと巨大な感じがしました。

けしてうちの餌が安いとか少ないというわけではないです。
多分地域によって大きさが違うんです。

あと瀬戸内海といえば
IMG_8019.jpg
スナメリ。

最近ストライディングの調査に関わることがあり、死んだスナメリばかり見ていました。
こんなに生き生きとしたつるっとしたクリっとしたスナメリは久しぶりでうれしくなりました。
ちなみに赤ちゃんの名前募集をしていたので書いてきました。
当選すれば宮島にあるお高そうなホテルに泊まれるそうです。

海獣もいます。
IMG_8038.jpg
結構好きなトド。
アシカやアザラシは水族館でもよくいますが、トドって案外少ない気がします。
特にオスは大きくて貫禄があって好きです。

じっくりゆっくり見れて大満足でした。
IMG_8021.jpg
きっと何か収穫があったはず。
一層うちの展示にも気合が入りました。




最初にも書きましたが、気がつけばまた無駄に年をとってしまいました。
今の私の年で父は我々3人の優秀でかわいい子供を養っていました。
今の私が同じことできるか、と言えばもちろん出来ません。
そう思うと母はもちろん父もすごいなぁと思いました。
昔は特に考えたことなかったけど、社会人になり親のすごさを知りました。
社会って嫌なことあってもやりたいことがあったら逃げられないんですよね。
以前会社組織のことと発言について父に相談したことがあります。
その時の返答に私はいろんな意味で安心しました。
会社ではどんな人か知らないけど、いずれにしても我々子供4人を養った父は今思うとすごいと思います。
なのでもう少しで定年の父にもっと頑張ってもらいたいと思います。
私は働いても父のように稼ぐことはできないので、尊敬する父に何歳になろうとこれからも養ってらいたいと思います。

肩に寄り添って寝る中年のデブおじさん
IMG_8261.jpg
だけどなんでも許される可愛いいりこ。

PageTop

久しぶりの旅

久しぶりに水族館に行ってきました。
しかも4年ぶり。
しかも沖縄。
IMG_8173.jpg

今回は大学時代の友人と。
友人は東京勤務ですが、現在沖縄に出向していました。
しかし多分3月末で東京に戻ることになりそう、とのことだったので急いで遊びに行きました。

車、電車、新幹線、
IMG_8110.jpg
飛行機。
IMG_8111.jpg

そして那覇。

友人が慣れない運転をしながら迎えに来てくれました。

沖縄と言えば多分ほとんどの人が行くであろう「美ら海水族館」
IMG_8123.jpg
今回のメインイベントの1つでもあります。

4年前にも行きましたが、今回も安定の「すごい水族館」でした。
何がすごいかはよく分かりませんが、全ての規模がすごいんです。

展示生物もうちみたいな瀬戸内海規模ではなく、世界規模です。
IMG_8120.jpg
人が多くてじっくりみえないのが残念ですが、定期的に通いたいくらいの水族館でした。
「どこの水族館が一番記憶に残るか」という話題になると多くの人が美ら海水族館と言います。
なんだか改めて言ってることが理解できるような気がしました。

気持ちはうちも負けてませんが!

その他水族館以外にも塩工場を見学したり、異国のような空間に来たり
IMG_8187.jpg

琉球グラス体験もやってみたり
IMG_8148.jpg

お酒飲んだり
IMG_8177.jpg

IMG_8184.jpg
いろんな意味でお腹いっぱいの旅になりました。

でも帰りは
IMG_8199.jpg
私の降りただれもいない無人駅。
一気に現実に戻りました。

久しぶりの沖縄は異国間満載でとても楽しかったです。
案内してくれた友人たち、ありがとう。

駅から家に帰ると
IMG_8205.jpg
待っていてくれました。
帰り途中の車ではいりこに会いたくて「いりこ~いりこ~」と歌いながら運転していました。

その後も
IMG_8214.jpg
べったり離れませんでした。
きっと、とってもとっても寂しかったんでしょう!

PageTop

旅行

先日3連休をいただき、都会に行ってきました。

一般的には疲れがたまると田舎に行きたくなると言いますが、私の場合たまに都会に行きたくなる時があります。

今回は神奈川にいる祖母の家に行き、ゆっくりしてきました。

向かう途中の電車は酸欠になるかと思うくらい苦しくて、高い建物にたまげましたがそれ以外はのんびりした時間でした。

また、1日は新江の島水族館に行き知識を吸収してきました。
IMG_7822.jpg
本当にたくさんクラゲがいるんです。
IMG_7838.jpg
とりあえず勉強用だったのでびっくりするくらい写真が悪いんですが、全部満足して見終わるには日が暮れるんではないかと思いました。


今回衝撃だったのは
DSC_0117.jpg
これうちのクラゲなんですが、カンパナウリクラゲ。

普通のウリクラゲではなかったです。
江の島水族館に行って知りました。
ウリクラゲの分類は当時私が現役だったころからいくつかに分かれるだろうと言われていました。
それがいつの間にかカンパナウリクラゲと新称になっていました。

ただ、最新のクラゲ図鑑を見たら普通に新称として載っていたので私の勉強不足なだけでしたが。

その他にも「キタユウレイクラゲ」だったり謎の「カザリオワンクラゲ」だったり
IMG_7829.jpg
(海の生き物の中でも最も大きくなる「キタユウレイクラゲ」)

うちのあたりでは見たことのないクラゲにも出会えました。

相変わらず軟クラゲ目の仲間は分類が難しく展示のものを見てもパッパラパーでした。


その他クラゲだけでなくこの日はちっさい姪っ子もいたので真ん前でイルカショーも見学しました。
IMG_7813.jpg

時間があればもっといたかったのですがまた次回のお楽しみにしました。

たまに別の水族館に行くと新しい発見が必ずあります。
楽しいだけでなく勉強もできて充実した1日でした。

水族館だけでなく祖母宅の新猫
IMG_7781.jpg
(いりこの3倍くらい立派なしっぽ)

にも会えたし、姪っ子にも会えたし
IMG_7791.jpg
(このタオル服私があげたんです。よく似あっていますね)

素敵な2泊3日のenjoydayになりました。


でもやっぱり彼が一番。
IMG_0504.jpg
(なぜか横向き)


PageTop

桂浜

久しぶりに行ってきました。
IMG_7115.jpg

桂浜水族館。
IMG_7182.jpg

数年前に行きましたが、また友人と一緒に行ってきました。

年季が入った建物はうちと一緒。
85周年だそうです。
うちより全然古い。
最近の水族館より構造がにているので参考になります。
IMG_7133.jpg

ドーナツ型になっていて真ん中にウミガメ水槽。
周囲に大きな水槽があっていろんな魚が展示しています。

でもやはり展示している生き物は地域、コンセプトによって違います。
IMG_7132.jpg
ウツボってこっちにはほとんど見ないのに食用にするとあって沢山いました。
飼育員さんはここをどうやって掃除するのかなぁ。
絶対やりたくない。

あとクラゲもいました。
IMG_7149.jpg
うちではけっこう貴重なタコクラゲがふつうに。

サンゴとかも。
IMG_7144.jpg

個人的にはヒゲダイがすごく好きでした。

もちろんウミガメのエサやりもしました。
ちょうど知らない子供さんが餌をあげていたので、私のとこに来てくれなかったらつまらないか
ら早くどかないかとウズウズしてしまいました。
大人げない私です。
しかし待ちきれなかったので強引に私も混じってみました。
IMG_7160.jpg
「こっち来た来た来た!カメのくせに!」
(ウミガメさんすいません)
なんだろう。普段魚にもペットにも餌あげてるのにテンションが上がります。

友人と貴重な餌を半分つにしてあげました。

以前行った時もあげたけど今回も一番テンションがあがりました。

その他質問コーナーも見ていて
IMG_7152.jpg
こういうのとてもシュール。。
うちは怖くて出来ない。

外には海獣もいました。
花と舞さんだっけかな?名前のついたウミネコも。
名前を付けるだけで一気に愛嬌があるように見えますね。

ゆっくり見させていただきました。

次の日にはぐるっと移動して沈下橋も見てきました。
IMG_7241.jpg
案の定雨でしたが天然アユもいました。

もう住んでたのは10年以上前になり道も大分変っていましたが、楽しい旅でした。


IMG_3172.jpg

PageTop