なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

昨日の1日

秋らしくなってきたこの頃です。

なんと不漁と言われてるサンマが届きました。
大学時代お世話になっていたバイト先からです。

確かに例年より厚みはなかったですが、サンマ自体獲れないと言われるのにとてもうれしかったです。
玉ねぎをすりおろして醤油と混ぜて食べたらいい、と勧められたお刺身は食べた瞬間生きてる中でも最も幸せになれます。
もっとはやくこの食べ方を知ってたらよかったと後悔しました。
そもそもお刺身でサンマを食べられることだけでも貴重か。

あ、もちろん塩焼きもしますよ。
IMG_0526.jpg

最後はこうなります。
IMG_0527.jpg
(顔の向きはお気になさらず)

本題です。


昨日は一日雨が降っていましたがとても充実した日でした。

まず朝から島内の小学校3校の1、2年生が来られました。
50人ほどの大所帯です。
私の小学校時代でさえ1学年だけでも100人ほどいました。
なので普通の方は多いと感じないかもしれませんが、この島だとすごい数なんです。

IMG_0518.jpg
彼らだけでタッチングプールが満員です。
IMG_0520.jpg
タッチングプールと館内の2グループに分かれて見てもらいどちらも賑やかでした。

あっという間に午前中が終わってしまいました。

さらに午後にはまた別の学校があります。

本来は外でご飯を食べて記念館行って水族館、という予定だったらしいですが雨天のため予定が変わりけっこう早めに水族館に入られました。
IMG_0523.jpg
午前は1、2年生でしたが、午後は6年生です。

人数は10人ほどだったので平和に時間が過ぎていきました。




この時期は学校関係の方が多く来られるのでとても賑やかになります。

出来るだけ満足してもらえるよう我々も汗を流して頑張ろうと思います。

ちなみに昨日はトイレの改修工事が一番賑やかな日だったそうです。
床のコンクリを掘るのですごい音がする日だそうです。
ですがわざわざ団体様が来るとすべての作業を中断して待っててくれました。
IMG_0509.jpg
気を使っていただきありがとうございます。

私は毎日業者が帰られる際にトイレを見せてもらってます。
今日は手洗い場に大きな穴が出来ていました。
日に日に変化があって見る度に完成が楽しみです。



7キロがお腹に乗る時期になってしまいました。
IMG_0502.jpg

PageTop

広島からのお客様

タイフーンの前に載せるつもりだったやつです。
話が前後します。
さらにだいぶ月日が経ってしまいましたがお気になさらず。


浮島小学校で若い子たちに出会い、今度は広島のJKたちが水族館に来てくれました。

文化祭で生き物を展示するのにやり方を教えてほしいとのこと。

私たちも日々暗中模索していることですが、我々をあてにしてくださるのは大変光栄です。

今回は電車とバスに乗ってきてくれました。
合計で東京まで行けるくらいの金額がかかるそうです。
ちなみに帰りはフェリーです。
IMG_0234.jpg

時間に余裕があったので採集にも行ってきました。
IMG_0228.jpg
私のホームを紹介しました。

Facebookにも書きましたね。

普段このあたりで若い子はほぼいません。
歩いていることなんてないに近いです。

私も車を運転中若い子が歩いていたら二度見します。
それくらい貴重な光景なんです。
JKと歩きながら採集していると地元の方が通るたびにニヤニヤしていました。
「お前、手下が出来たんか。えらくなったじゃないか」と言われました。
とか「そんなお前が教えるなんてできるのか?」「とかええことじゃのぉ」とかいろいろ言われました。
IMG_0227.jpg

採集したバケツもJKに持ってもらいとても偉そうにして作業を終了しました。

その日はミサキコモチエダクダクラゲという長い名前を持った種類の仲間とウリクラゲ、カラカサクラゲなどがとれました。
生徒の皆さんがとても熱心になってくれて、暑い中数は少ないけど何とかとれました。
私はさわやかのかけらもなく暑くて汗臭かったです。

飼育しやすい種類をメインに採集したクラゲは持って帰ることにしたそうです。
リッター瓶に入れて担いで広島まで帰られました。

文化祭は10月らしいのでそれまでできる限り長生きさせてほしいです。



JK・・・
私にもそんな時があったはずなのに・・・
今を楽しんでほしい、しみじみと思いました。
IMG_0359.jpg




PageTop

はるばるお客様

三月に広島大学の先生が来られました。
各々の必要な生き物を沢山採集しました。

そして、今度はよその水族館の方が来られました。
毎年日本の水族館人気ランキングで上位になる水族館です。
IMG_8805.jpg
以前からお世話になっていましたが、島に来てくださったのは初めてだと思います。

私の一押しポイントを案内したのですが、これがまた前日が大雨だったのと干潮時だったので条件的にはなんとも微妙でした。
IMG_8807.jpg
それでも私のテリトリーを周るのに付き合ってくれました。
案の定採集できるような生き物はほとんどいませんでしたが。
IMG_8840.jpg
反対に私たちは普段たくさん見ているけど種同定が分からなすぎる貝の仲間や一種類だけかと思っていたフナムシなど沢山の知識いただきました。

知っている方と一緒にいると楽しすぎてあっという間に時間がすぎてしまいます。
私たちは沢山の収穫がありました。

せっかく大阪から来てくださったのに何もなくて申し訳ありません。

でもまたご一緒に生物採集お願い致します。


最近「すごい人」とお会いすることが多くてこんな無知で常識のない私がほんの少しずつレベルアップしている気がします。
ん?いいすぎかな?
でも収穫が本当に多くてとても充実しています。
これからも続けられたら私は超人になれるかもしれません。
頑張ります。


前回のイノシシに続きエネルギー源を頂きました。
IMG_8808.jpg
IMG_8809.jpg
春の食べ物、タケノコとフキです。
今年はイノシシがタケノコを食べつくし、人間の食べる部分がなくなったと聞いていました。
母にもそのことを伝えたら、「人間は目だけなのに彼らは鼻もあるからね」
と言っていました。
確かにそうですよね。
だから今年は食べられないかもしれない、と思っていた矢先におすそ分けしてもらいました。
見た目は別として味は大満足でした。
御馳走さまです。


おでかけから帰るとよく見る光景です。
IMG_8726.jpg
あえて「あれ?いりこがいないなぁ。。」と声をかけます。
そしてどこどこ?と言いながら布団をめくります

IMG_8728.jpg



PageTop

いろいろなお客様

地元の小学校1・2年生が社会見学で来てくれました。
2校合わせて11人。
ん~少ない。
PB110922.jpg
自分の半分くらいの小さな子たちでした。
予定時間みっちり楽しんでくれたようです。


アオリイカの捕食シーンを見てもらおうかと思いましたが、
IMG_7427.jpg
照れているのか食べてくれませんでした。
こんなに見られたら誰だって恥ずかしいですよね。
生徒さんに「みんなが見るから恥ずかしくて食べれないのかも」というと
みんな一斉に水槽から背中を向け、顔だけ正面を向いた状態になりました。
可愛いけどそうじゃないんだよ、と思いました。

その後も少し寒くなってきたのにさすが島っ子。
PB110942.jpg
海水の冷たさを感じさせない逞しさでした。
けっこう時間があったので余るかなぁと思いましたが、そんなことなくあっという間に過ぎていきました。

今度は家族みんなで来てください。


さらに次の日。
山口のある団体が来てくださりました。
大人と小学生だけで30人以上、さらにちびっこまで。
団体とひとくくりになりますが本当に団体様でした。

本当はこの時の写真を載せたかったのですが、なんとなんと写真を撮ることを忘れていました。
一枚もないんです。

11月に入り、夏に比べるとお客さんの数も減って寂しくなるなぁと思っていましたが、なんだかんだで団体様が来てくださったり、民泊もあって都会の子が来てくれたり、常連さんが来てくれたり、あっという間の日々を送っています。

餌を入れている缶から無理やり引っ張り出して袋とその中身をボロボロにして部屋に食べかすがあった日。
IMG_2420.jpg
袋の残りを器に入れ机の上に置いていたら、飢えていたんです、的な感じで主むろに食べ始めました。
ちなみにいりこはこう見えて偏食で人間のご飯にも全く興味がないので基本机の上にあったものは食べない賢い子です。
あ、でも以前頂きものの2日間賞味期限切れ、コンビニショートケーキのヒラヒラの透明部分を美味しそうに舐めていたことが唯一盗み食いかな。
デブの偏食ってやつです。

PageTop

私の夏

お盆が終わってさらに。

広島県の中高等学校の生徒さんが島に来て下さりました。
午前中は浮島航路であるスナメリツアー、午後は私たちと一緒に水族館見学、海辺の学習、などを行いました。

水族館では最初に魚のお話しを少ししましたが、室内があまりにも暑くて頭に入ってこなかったのでは、と思います。
DSC05416.jpg

その後館内を見てもらい、作業場も見学してもらいました。
うちの作業場は皆さまがイメージが違ったと思います。
なにせもともと食堂の厨房だった場所が私たちのメイン作業場なのですから。狭いわりに換気扇がゴツイし。
2組に分かれましたがそれでも15人ほどいた作業場はUターンが出来ないほどキツキツでした。

いろんな話をきいてもらったり聞いたりして1時間ほどしたら今度は海辺の教室の時間です。

これがまた暑い!熱い!
炎天下の中、磯採集をして
DSC05421.jpg
私もつい自分の世界に入り生徒さんをそっちのけで採集にのめりこんでしまいました。
いかんいかん。

資料を見ながら観察して・・・
DSC05429.jpg

約3時間みっちり生物の勉強をして、大島の海の豊かさをたっぷり学んでくれたのではないかと思います。
私たちもちゃっかり生徒さんが採った生き物「ちびゴンズイ」「ちびオコゼ」をいただきました。
DSC05430.jpg

今回の企画で生徒さんや引率の先生、ほとんどの進行をしてくださったミクロ生物館の方、いろんな方々から私も吸収させてもらいました。

すごく暑くて美白を目指しているのに日焼けもしちゃったけど、収穫が沢山あってもっと勉強しなきゃと改めて思い、貴重な時間でした。

最後にBBQまで参加させていただき、JKの若さを沢山吸収させてもらい、最新のポーズで写真も撮ってもらい、日常ではなかなかできない経験をさせていただきました。

私たちは半日でしたが、関係者の皆さまには大変お世話になりました。
ありがとうございます。
生徒さんたちも何か1つでもためになることや、楽しかったと思えることがあったらうれしいです。

IMG_3644.jpg
この時期の定番スタイル。


PageTop