fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

博士来島

お客様続きます。

加茂さんが帰られた次の日の晩、今度はクラゲ博士が来てくれました。
本来の予定が雨になってしまい潮があまりよくないタイミングになってしまいましたが、正直な所大物ゲストが続いてたので博士が来てくれた時にはだいぶ気が緩んじゃいました。
なんだかんだでほぼ毎年来てくれてるしその他でもたんまに会う機会があるしなにせ一応同級生で人生の半分くらいを知っている存在ですから。

採集はもちろん
IMG_1004_20230606143934809.jpg

加茂さんに教わったことを再度博士から伝授してもらったり
IMG_0997_202306061449294dd.jpg
これはミズクラゲからプラヌラ幼生といって赤ちゃんの第一歩を吸い取っている所です。

博士をマネしてUさんも久しぶりに顕微鏡をのぞきます。
IMG_1001.jpg
ミズクラゲから直接吸い取ったプラヌラ幼生は粘液などが含まれているので再度綺麗な海水が入った容器に移動させているところです。

それを顕微鏡で確認したり、数日前に加茂さんと海で採取していた容器を観察しました。
IMG_0998_20230606143820407.jpg
順調に育つとプラヌラ幼生→ポリプになります。
分かりづらいですが丸いのが受精卵で細長いのがプラヌラ幼生(動く)、ポチョっと四角くなりつつあるのがポリプです。
さらに数日間そっと暗めの場所に置いておくとポリプになります。
ポリプさえなってくれればそこからクラゲが出てくるのでミズクラゲの場合は割と簡単にほぼ無限にクラゲを誕生させることができます。
こんなこと漁師さんが知ったら嫌な顔されそうですが、もちろん海に放流しませんので。
死ぬまで本来の海を知らない人工的なクラゲの誕生です。

加茂さんもですが博士もクラゲ界にとってハイレベルな存在であってそんな方たちに連日いろいろ教わり私もかなりレベルアップした気がします。
IMG_1032.jpg
私と次元が違うので博士は遺伝子か何かを調べるためペラペラヌルヌルのチョウクラゲを切ってました。


最終日は雨だったこともあり急遽隣の県にある水族館にも行きました。
IMG_1058.jpg
専門家に見られるって結構プレッシャーです。
このクラゲは〇〇〇県産の特徴をしてるね、とかこれは購入っぽいね、とかばれてしまいます。
私も名前間違ってるとか状態悪いよ、とか言われないか毎回ビクビクします。

二泊三日のほぼクラゲ尽くしで博士にとっては分かりませんが私にとっては沢山の収穫がありました。
会える時に疑問点をいろいろ聞きます。
それについて毎回きちんと答えてくれます。
私にとって一番信じていて頼っているクラゲ図鑑のような博士です。

次はいつ会えるかね?と言いながら高知に帰って行きました。
IMG_1080.jpg
Uさんはその前に出かけたので陸奥子と仲良くお見送りしました。

連日の大物ゲストで目がバキバキしましたがめったにない経験をさせてもらいました。
記憶にないから初めてのことだと思います。

山盛りの収穫を記憶から消えないうちにもう一度頭を整理させて全部自分のものにしたいと思います。





博士は毎回Uさんのおうちに泊まるのでお嬢さんの散歩や
IMG_1045.jpg

夕飯も楽しみます。
IMG_1018_20230606143935db7.jpg
今回はカツオを担いで来てくれました。
いつもありがとう。
また次回会おう。

PageTop

東北からのゲスト

最近何かに刺されててとてもかゆいです。
元々蚊に刺されやすいタイプではなかったのですがコロナになって以来人並以上に刺されやすくなりました。

顔、首、肩、二の腕、肘、手首、人差し指、足の指・・・
なぜだか全部左側でした。
仕事中もポリポリしてらたUさんが左側臭いんじゃね?と言ってきました。
刺された所を見たらもしかしたら蚊ではなくてダニ、トコジラミなのかもしれないです。
暑くなるとこんなことが増えますね。
しばらくはポリポリ、ブツブツ生活が続きそうです。

本題。
先日は立て続けにお客様が来られました。
島にいると誰かきてくれることなんてめったにないので緊張とワクワクとソワソワしました。
まず最初の方は海外の方から。
その方たちは一日だけご一緒させていただきましたがとにかく自分の見てるもの、考え方全ての世界が狭すぎることを痛感しました。
グローバルなエコバックをいただきました。
IMG_0931_20230606143714bb5.jpg
ありがとうございます。

お別れした次の日は山形の加茂水族館さん(館長さん&飼育員さん2名)が来てくれました。
たまたま西の方でお仕事があったっぽいのですがそこからわざわざなぎさにまで来てくれました。
加茂さんは我々もお世話になっていて緊急でクラゲが必要になった時とかにいつも助けてもらってます。
そしてなぎさからもほんのたまに周防大島近海産自慢のクラゲを送らせていただき加茂さんを訪れる沢山のお客さんに見てもらってます。
多分。

現在展示しているこちらのコティロリーザ・ツベルクラータいう名の通称目玉焼きクラゲも加茂水族館さんからいただいたものです。
IMG_1145.jpg
ちなみにこの水槽を案内してた時私が「このクラゲってこんな傘の形が本来ですか?」
と聞いたら「これ違うよ、傘こんな反り返ってないよ」と言われました。
確かに頂いた当初は傘の形が
IMG_1203.jpg
解説文を作った時みたいにこんな感じだったはずです。
なぎさにきたら気づかないうちに割とすぐ傘がお皿のようになってます。
原因はえさが足りないのか、海水が合わないのか、水槽内に発生するイソギンチャクなどの生物の仕業なのか、いくつかアドバイスをいただきました。


もちろん採集にも行きます。
IMG_0955.jpg
内心来てもらったのにクラゲがとれなかったら散々だと思い気になって数日前からなるべくクラゲ採集に向かいました。

来島前日には砂浜の海底や
IMG_0944.jpg

波のまにまに
IMG_0945.jpg

目の前にも
IMG_0937.jpg
アカクラゲが見えたので少しホッとしましたが、当日は採集に行く道中も「お願いだからいてくれよ」と念じながら海に向かいました。
少し曇っていて目視では観察しずらかったですがよく見たら結構いました。

そして採集方法などは各水族館さんでやり方が違うのでそんなところも教えてもらいました。
IMG_0952.jpg

日ごろ採集していると釣りの人たちに「何しよるん?」と聞かれます。
そんな時私はクラゲをとってると答えると大概は「東北の仙台?かどっかにクラゲばっか展示してる有名な水族館があるよね」と言われます。
正確には東北の山形県にある加茂水族館さんでクラゲだけでなくアザラシもいるし魚もいる水族館のことなんですが。
きっとこっちの方は東北なんて何県がどのあたりにあるかすら気にしてないと思うのですがそんな中でもクラゲがすごい水族館ってことはここらの釣り吉たちにも知られてることらしいです。
なのでせっかくだから大きな声で「なぎさ水族館にもこんな有名な水族館の人たちが来てくれることもあるんだぞ」と自慢したくなりました。

一泊があっという間に終わりました。
帰る前にはUさんが大好きな島のいりこだしラーメンも食べてもらって解散しました。
IMG_0962_202306061438188b9.jpg

話したい事も教えてもらいたいことも沢山あって何するにも時間が足りませんでしたがとても貴重で充実した時間でした。

余談ですが加茂さんたちの宿泊先で我々も夕飯を御馳走になりました。
来てもらっている上にありがとうございます。
山口の地酒をみんなで飲んで私とUさんがそろそろタクシーで帰ろうと思った時、タクシーを電話したんですが繋がりませんでした。
一応営業時間も事前に調べていたのに結局繋がることはありませんでした。
島あるあるでした。
街頭もなく人もいない脇からはイノシシのガサガサ音が聞こえる真っ暗な夜道を日付跨いで2時間かけて歩いて帰りました。
帰る前に加茂の飼育員さんがたまたま懐中電灯を持っていてそれを貸してくれたのでその明かりだけを頼りにしてUさんと仲良く帰りアルコールも全部分解された気分でした。
サンダルで行ったことを後悔しました。

長くなるので次のゲストは次回に載せます。



留守番の腹の出た前髪センター分けおじさん。
IMG_1187_20230610102800bf7.jpg


PageTop

団体様

毎年来てくれていたけど去年はこのご時世で中止になっていた島内の小学生が再び来てくれました。
島入ってすぐの地域から3校合同の1,2年生40名、次の週には島の大都会にある学校の3年生。

タッチでサメにさわったり
IMG_2020_202110240932012fc.jpg
(最初の学校)
IMG_2224.jpg
(次の週の学校)

おさわりコーナーで集まってたり
IMG_2043_20211024093205b0b.jpg

まにあっくコーナーのレプトケファルスを見たり
IMG_2033_20211024093202433.jpg

ネコザメみたり
IMG_2042_20211024093204002.jpg

最後はみんなでタッチの生き物に餌をあげてもらったりとどちらも1時間ほど館内を見学してもらいました。

最近はパットと持参で学習するんですね。
IMG_2218_2021102409330530c.jpg
時代を感じました。

各学校や学年そして世代によってみんなちがいますがやはり島っこ。
みんな生き物に躊躇なく当たり前のように生き物を扱います。
当然みんな無意識なんだろうけどさすがだな、と思いました。

今回今まで小学校の団体様が来た時と同じことをやったつもりですが久しぶりすぎて初心の緊張感が出ました。
元々、団体様などの人前で案内やお話が苦手な私ですがようやく少しだけ慣れてきたと思っていたのに今回は久しぶりで以前までの慣れがまたリセットされたようです。

とは言えやはり沢山の方になぎさを見てもらい、楽しんでもらえるのはうれしいです。
今度は家族でお休みの日にでも来て欲しいです。

急に寒くなってきました。
IMG_2210_20211024093304aac.jpg
寒さに負けずひっつき虫沢山つけて得意気の陸奥子。

寒さに弱いおじさんは私の腕の中に潜りなかなか出てこない季節です。
IMG_2102_20211024093207d4e.jpg


PageTop

団体様

急に寒くなってきました。
気づけば年末なのに比較的暖かい日が続いていたので体がたまげています。
朝は我が周防大島も氷点下になった地域があるそうです。
外で水仕事なんかしたら手が氷になった気がしました。
ついでに私の実家がある東北を調べたら最高気温がマイナスでした。
以前自分が当たり前にマイナス生活をしていたと思ったら信じられません。
さすがに今夜はストーブを使おうと思います。

本題。
かれこれ長いことどこか遠くに出かけることは難しいし、かといってイベントなども中止が多く、それにクラゲもいないしで館内に引きこもり状態が続いております。

そんな中先日は3日続けて外部から来館者が来てくれました。
Facebookともダブっていますがお気になさらず読んで下さい。
まず土曜日はつい最近も来てくれたミクロ生物館の館長様と数年来のお付き合いである広島の当時は高校生だったけど今は大学生の2名が来てくれました。
彼女たちはアワサンゴについて学びたかったらしくUさんが語ってくれました。
IMG_1626.jpg
アワサンゴを触るというとても貴重な経験もしていました。
これで死んだらどうしようとすごく不安そうでしたが今のところ大丈夫です。

閉館をとっくに過ぎていましたがとても熱心に長いお話しを聞いてくれました。
その後帰られるのかと思ったらすでに暗い中これからダムで採水しプランクトンでしょうか調べるなんて言ってました。
どんだけ研究熱心なのかよ、と集中力ゼロの私は思ってしまいました。

そして次の日曜日。
この日は団体様が来られました。
換気のため外で軽く案内し
IMG_1634.jpg
あとは館内で問題を解きつつ観察してもらいました。
感想は聞いてないけど満足していただけたら幸いです。

今度は次の月曜日。
この日は島のとある小学生5.6年生が来てくれました。
事前に生徒さんが考えた質問をFAXで貰ってたのでそれに答えながら案内させていただきました。
質問はいろんな視点があり、内心もっと単純な質問かと思っていたので正直驚きました。
例えば、小さい生き物や大きい生き物、珍しい生き物、イルカは飼えませんか?、タッチはなぜ広いのか、免許は必要か、やりがいなどなど。
IMG_1654.jpg
全部答えていると予定時間に終わることができないので答えられることだけ答え残りは書面にして先生にお渡ししました。
なぎさの内情をさらけ出した気がして少し恥ずかしいくらいでした。

今年は違場に行く修学旅行が多かったらしく例年と比較にならないくらい小中学生が来てくれました。

それプラスミクロさんが連れてきて来てくれた大学生などなぎさの客層が一気にフレッシュになりました。
ただでさえこのご時世で気持ち的に落ちるのですが寒くなり余計沈む気もしましたがそうならないくらい新鮮な空気をいただきました。

新卒で私がなぎさに来たばかりの時はアルバイトの子や実習の子などは大して変わらない年齢でしたが今は一回り違ったりします。
ヒィっと思いながらもわざわざここまで来てくれたことに感謝しつついろんな意見を教えてもらっています。
これからももっといろんな世代に来てもらい、いろんな考えを聞き微々たるもんでも成長したいです。

ついにストーブが登場。
IMG_1680.jpg
最初は仲良く二匹。

ホタコのいやがらせによりいりこは地べたへ。
IMG_1681.jpg
それでも時に手を出すホタコ。

健気なおっさんはお嬢様のお手入れで媚を売ります。
IMG_1683_20201216145459e05.jpg

その甲斐もなくお嬢様は自分だけ満足し安眠。
IMG_1685_20201216145502cac.jpg

数十分後に見たら
IMG_1692.jpg
結局くっついて寝てました。

気持ちよさそうでなにより。
IMG_1691.jpg
それでもストーブの前はホタコ。
この図々しい性格は飼い主に似たのだろう。
ということは謙虚ないりこは私に似ているということでしょうか。
だとしたら獣医さんに精神異常があるともいわれてるけどそこも私は一緒なのか?



PageTop

若者到来

気づけば12月。
記念すべき2020年もあと一か月で終わってしまいます。
コロナ菌に邪魔されいろんなことが中止になり淡々と過ぎて行った気がします。
ただもしかしたらコロナ菌のせいにして何もしなかっただけの可能性もあります。
ブログをさぼっていたのもコロナのせいにしたいけどちょっと無理があるかもしれません。
特に忙しかったわけでもないし疲れているわけでもないです。
猫に近い生活をしていました。
IMG_1577_202012131106270bc.jpg


本題。
今月始まってすぐの事です。

いつもお世話になっているミクロ生物館の館長様と広島の大学生がなぎさに来てくれました。
実習というまでの事ではないけど水族館の仕事でもある生物採集と海水を採水しプランクトンの顕微鏡観察をしました。

満潮だったのでまずは私のホームでもある近くの港でクラゲや浮遊生物がいないか捜索。

私の長年の経験と嗅覚で良い感じの気配だったのですが、目視の観察はほとんど見つかりませんでした。
実はここ最近例年に比べクラゲや浮遊生物がいまいちな気がします。
全く何もいない日というのはあまりないのに最近はカブトクラゲ2個体とか、カラカサクラゲ3個体、などなどしょっぱい収穫が多いです。

ただこの日は採集時間が自由だったので好きなだけ時間を使えます。
探して探してふと、、、
レプトケファルス幼生がとれました。
収穫がなく微妙な時間が流れていたけど少しお熱が上がりました。
よかったです。

あとは海水の採水も行いました。
金魚網で海面をひたすらすくいます。
IMG_1509.jpg
これは学生にもやってもらいました。

同じことを私の第二ホームでもやってもらいました。
IMG_1512.jpg

綺麗な海はクラゲも見えないくらい綺麗でした。
IMG_1514.jpg

その後帰ってから磯歩きも経験してもらいました。
IMG_1516.jpg
水族館裏を案内し普段私がやっていることをご教示。
本来は採集もしたかったのですが干潮とはいえさほど潮がひいてなかったのでさっと終わりました。

館長様よりダイナンギンポ一匹GET。
IMG_1515_202012131102436ba.jpg

水族館に戻ってからもやることはあります。
IMG_1517.jpg
採水した海水を濾して実態顕微鏡で観察。

ここからはミクロ生物館の館長様直々に伝授。
1種類ずつ種同定していきました。
IMG_1519_202012131106230c4.jpg
1種類ずつですよ。
海の海水を濾して濃厚になったプランクトンを1種類ずつ名前を調べます。

密にもほどがあるくらい沢山いるプランクトンを調べてました。

私は一生懸命調べてる学生さんのちかくでたまに顕微鏡をのぞかせてもらったり自分が知っている3種類くらいのプランクトン名を連呼してただ騒いでました。

最終的にAM9時過ぎからPM20時を軽く過ぎるまでみっちり作業しました。
学生さんの集中力は私の何十倍もあることが分かりました。

あ、ちゃんと私自身も実態顕微鏡を使うことなんてほとんどないのでそばでこっそりじっくり教えてもらいましたよ。
それにしても館長さんの知識がすごくてビビりました。
この世にいる全部のプランクトンを知っているのだろうか。
私がクラゲの種同定をする場合はクラゲ図鑑を見ながら探すのに。

いつも我々の事を気にかけてくれていて親身になってくれるので距離も近づいたかと思っていましたがやはり私とはレベルが違いすぎて少し距離が出来た気がしました。

作業が終わり帰る前に少し今後についてお話する時間がありました。
最近は自分より10歳以上年上の方とお付き合いすることが多く未来を背負うヤングな子と話す機会が減っていました。
そんな中、今後こんなことをしてこうなりたい、こうしたい、こう変えたい、などと明確な自分の考えを持っていてすごく尊敬しました。
20年、30年先、中心になって日本を支え、生きていく人の考えがしっかりとしていて、プラプラしている私は震えました。
大変失礼ではありますが60、70歳の方に20年先のことをもっと考えて欲しいといっても自分はもう死んでるから、と言って今を優先する方が多いと思います。
30オーバーの私も自分が死んだ先のこの世がどうなろうが知ったこっちゃないとゆがんだ内心が少しあります。
そんな中フレッシュな若者にフレッシュな意見を聞けてとても刺激になりました。
これから社会に出てどんどん活躍いてほしいものです。

一日という少ない時間でしたが彼女に何か収穫があれば幸いです。
私にとってはとても充実した一日でした。



いりこさんはご飯が足りなくて不満な時は
IMG_1580.jpg
餌の入れ物を全てひっくり返します。

陸奥子さんは散歩中自分の好きな所を歩けなくて不満な時は
IMG_1599.jpg
一生懸命ごねます。

全てが満たされてるときのいりこは
IMG_1555_20201213111412e8b.jpg
こんなにも幸せそうです。

陸奥子も
IMG_1611.jpg
ひと様の家の前に行きおやつをもらう際はとてもご機嫌です。





PageTop