fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

若者到来

気づけば12月。
記念すべき2020年もあと一か月で終わってしまいます。
コロナ菌に邪魔されいろんなことが中止になり淡々と過ぎて行った気がします。
ただもしかしたらコロナ菌のせいにして何もしなかっただけの可能性もあります。
ブログをさぼっていたのもコロナのせいにしたいけどちょっと無理があるかもしれません。
特に忙しかったわけでもないし疲れているわけでもないです。
猫に近い生活をしていました。
IMG_1577_202012131106270bc.jpg


本題。
今月始まってすぐの事です。

いつもお世話になっているミクロ生物館の館長様と広島の大学生がなぎさに来てくれました。
実習というまでの事ではないけど水族館の仕事でもある生物採集と海水を採水しプランクトンの顕微鏡観察をしました。

満潮だったのでまずは私のホームでもある近くの港でクラゲや浮遊生物がいないか捜索。

私の長年の経験と嗅覚で良い感じの気配だったのですが、目視の観察はほとんど見つかりませんでした。
実はここ最近例年に比べクラゲや浮遊生物がいまいちな気がします。
全く何もいない日というのはあまりないのに最近はカブトクラゲ2個体とか、カラカサクラゲ3個体、などなどしょっぱい収穫が多いです。

ただこの日は採集時間が自由だったので好きなだけ時間を使えます。
探して探してふと、、、
レプトケファルス幼生がとれました。
収穫がなく微妙な時間が流れていたけど少しお熱が上がりました。
よかったです。

あとは海水の採水も行いました。
金魚網で海面をひたすらすくいます。
IMG_1509.jpg
これは学生にもやってもらいました。

同じことを私の第二ホームでもやってもらいました。
IMG_1512.jpg

綺麗な海はクラゲも見えないくらい綺麗でした。
IMG_1514.jpg

その後帰ってから磯歩きも経験してもらいました。
IMG_1516.jpg
水族館裏を案内し普段私がやっていることをご教示。
本来は採集もしたかったのですが干潮とはいえさほど潮がひいてなかったのでさっと終わりました。

館長様よりダイナンギンポ一匹GET。
IMG_1515_202012131102436ba.jpg

水族館に戻ってからもやることはあります。
IMG_1517.jpg
採水した海水を濾して実態顕微鏡で観察。

ここからはミクロ生物館の館長様直々に伝授。
1種類ずつ種同定していきました。
IMG_1519_202012131106230c4.jpg
1種類ずつですよ。
海の海水を濾して濃厚になったプランクトンを1種類ずつ名前を調べます。

密にもほどがあるくらい沢山いるプランクトンを調べてました。

私は一生懸命調べてる学生さんのちかくでたまに顕微鏡をのぞかせてもらったり自分が知っている3種類くらいのプランクトン名を連呼してただ騒いでました。

最終的にAM9時過ぎからPM20時を軽く過ぎるまでみっちり作業しました。
学生さんの集中力は私の何十倍もあることが分かりました。

あ、ちゃんと私自身も実態顕微鏡を使うことなんてほとんどないのでそばでこっそりじっくり教えてもらいましたよ。
それにしても館長さんの知識がすごくてビビりました。
この世にいる全部のプランクトンを知っているのだろうか。
私がクラゲの種同定をする場合はクラゲ図鑑を見ながら探すのに。

いつも我々の事を気にかけてくれていて親身になってくれるので距離も近づいたかと思っていましたがやはり私とはレベルが違いすぎて少し距離が出来た気がしました。

作業が終わり帰る前に少し今後についてお話する時間がありました。
最近は自分より10歳以上年上の方とお付き合いすることが多く未来を背負うヤングな子と話す機会が減っていました。
そんな中、今後こんなことをしてこうなりたい、こうしたい、こう変えたい、などと明確な自分の考えを持っていてすごく尊敬しました。
20年、30年先、中心になって日本を支え、生きていく人の考えがしっかりとしていて、プラプラしている私は震えました。
大変失礼ではありますが60、70歳の方に20年先のことをもっと考えて欲しいといっても自分はもう死んでるから、と言って今を優先する方が多いと思います。
30オーバーの私も自分が死んだ先のこの世がどうなろうが知ったこっちゃないとゆがんだ内心が少しあります。
そんな中フレッシュな若者にフレッシュな意見を聞けてとても刺激になりました。
これから社会に出てどんどん活躍いてほしいものです。

一日という少ない時間でしたが彼女に何か収穫があれば幸いです。
私にとってはとても充実した一日でした。



いりこさんはご飯が足りなくて不満な時は
IMG_1580.jpg
餌の入れ物を全てひっくり返します。

陸奥子さんは散歩中自分の好きな所を歩けなくて不満な時は
IMG_1599.jpg
一生懸命ごねます。

全てが満たされてるときのいりこは
IMG_1555_20201213111412e8b.jpg
こんなにも幸せそうです。

陸奥子も
IMG_1611.jpg
ひと様の家の前に行きおやつをもらう際はとてもご機嫌です。





PageTop

大人の職場体験

今日は勤労感謝の日。
一年で最後の祝日です。
とはいえ私は仕事。
私の勤労に感謝し休日をくれるような位になれるようもう少し頑張ります。

ちなみに勤労は仕事だけでなく家の家事などのこともふくまれるそうです。
勤労感謝とは違うかもしれませんが私にも
IMG_9206_.jpg
こんな小さかった時から巨大になるよう働いてくれた父と育ててくれた母がいます。

珍しく親孝行する時が来ました。
皆様の親孝行ってどんなことでしょうか?

頻繁に顔を出す?プレゼントをする?旅行に連れてく?
片道1000キロ以上とこのご時世でかれこれ20カ月も実家には帰ってない私。
帰らない間に実家にいる猫が何度入れ替わったか。

プレゼント?
父親の誕生日はわりかし毎年シスターズと合同で諸々してるけど母には基本してません。
あ、今年は私もボーナスがあると噂なのでまだいただいてないのに珍しくプレゼントを渡しました。
確か小学生低学年の時に悩んでスーパーで100円くらいのシャーペンをプレゼントした気がします。
記憶が確かだったら結構使ってくれてたような。
それから月日がたち大学一年の時都会ライフを謳歌していた私は最寄り駅のマルイでトレーナーをプレゼントしたような。
これは生地が厚いかなんかであまり好評ではなかったような。
そしてこの度、北国でも役に立てるよう登山メーカーのフリースをプレゼントしました。
そんな感じで多分10年に一度単位でプレゼントをしてるくらいです。

あとは旅行のプレゼント?
我が家の母は少し変わっていると言われますが孫より猫の方が優先度高いのではないさと噂されるほど。
良い旅館やホテルより家の猫といる時間を大切にします。

改めて振り返ると本当に何もしていません。
けして仲が悪いという訳ではないのですが喜んでもらえることをするような私ではなかったです。

が、ついに私も母の方にですが親孝行する時が来ました。
私の母は木の実とかイモムシが好きです。
まるで小鳥のようですがただの60越えたおばさんです。
なかでも昔ナンキンハゼの実が欲しいと言われたことがありました。
魚にもハゼっているけどナンキンハゼは白い実?が成る木だそうです。
街路樹などに使われるそうですが実家のある岩手にはなく島周辺にはあってもおかしくないとのこと。
しかし植物なんか興味も知識もない私はナンキンハゼがどこにあるかも知らずそのまま終わってました。
が、この前陸奥子の散歩をしてたらふと木を見て見つけちゃいました。
IMG_1352_20201123105522e5e.jpg
ナンキンハゼ。
メールで確認し母も欲しいという要望があったので親孝行しちゃいましょう。
わざわざスタッフに脚立とハサミをお借りしてナンキンハゼがいた場所へ。

乱獲はダメだろうからほどほどにとらせていただきました。
これと以前いただいた煮干しとヒレ酒用手作りウマヅラハギのヒレをセットに実家まで送りました。
きっとさぞかし喜んでくれたと思います。

長くなりましたが珍しく私の親孝行だったのでどうしてもみんなに知ってほしくてここで書かせていただきました。


本題。
先日先生の職場体験がありました。
過去に数回やったことがあるんですが学生さんじゃなくて先生の職場体験です。
だからといって特別なことをするわけではなく、日ごろ我々がしていることを実際に体験してもらいました。

開館作業や、必須の餌やり
IMG_1249_2020112310551412a.jpg

生き物によってはピンセットで一個体ずつ直接口元に持っていきます。
IMG_1250_2020112310551511a.jpg

その他解説文を書いてもらったり
IMG_1252.jpg

これは職場体験の皆様にほぼ経験してもらうタッチの磨き作業。
IMG_1251.jpg
地味なのに時間はかかるし体力的にはかなりしんどい作業です。

ただしこれさえやったらなぎさの飼育員マスターになれそうなくらいレベルアップできます。
多分。
他の水族館とは全く違うし世の中では使うことないのですが。

一日だけなのでなぎさの飼育員全ての仕事は体験できませんがほんの一部をやっていただきました。
せっかく来てもらったなら大変と思われるのはいいけど退屈だったりつまらなかった、で終わってしまうのは残念なので我々もなるべく頑張りました。

私からすると人に教えたり伝えたり指導したり、話したり、ってすごい難しいことなのに毎日しているって本当にすごいと思います。
今回も教える側になるんですが一日だけでも勉強になります。

先生からしたら職場体験ですが私自身にとっても良い経験になりました。
またレベルアップしました。

この世にいろんな企業ある中なぎさを選んでくださりありがとうございました。



夜になるとだいぶ気温が低くなってきました。
IMG_1388.jpg
ケチな飼い主はまだ暖房器具なんか使いません。
隣でずっとモジモジしていましたが諦めて猫用ベッドで落ち着きました。

PageTop

広島と山形からのお客様

先日久しぶりにモドキさんに会いに行ってきました。
半年前までは絶対にお触り禁止で鋭い爪と牙で威嚇していた彼ですが、現在はそんな面影が全くなくなってしまいました。
IMG_2042_.jpg
こんな感じだったのに
まぁ怖いこと。
IMG_7719.jpg
なんだこの表情は。

人間の根性は根本的には変わらないと言いますが猫の場合こんなにも変わってしまったようです。
ついでに瀕死状態だったころ。
IMG_3640_.jpg
こんな姿だったのに。
年を越せる可能性が0に近かった彼が今このようにヌクヌク幸せそうな顔をしていることが逆に不思議です。

世の低い可能性に希望を持たせてくれた彼です。


本題。
月末に広島大学生物圏科学研究科の学生さんと先生が来てくれました。
IMG_7694.jpg
フェイスブックにも書きましたが船きてくれたんです。
船ですよ、船、我々もお世話になっている「豊潮丸」さんが水族館の目の前に停泊しその後ゴムボートに乗って近くの港まで行きそこから歩いて来てくれました。
IMG_7710.jpg
(この写真は帰る時)
うちみたいに古くてミニマムサイズの水族館にそこまでして来てくれるなんてとても光栄です。

館内ではやはり視点が普通とは違いました。
チョウクラゲの水槽にて先生が
「櫛板って初めてみた!ネットでしか見たことなかったよ」
と。
IMG_7698.jpg
そもそも櫛板なんて普通わざわざネットでも見なくないです?

他にもニホンアワサンゴ水槽も真剣に見られてました。
IMG_7695.jpg
何年か前にこのアワサンゴの体内に含まれる褐虫藻について研究された学生さんもいました。
彼の後輩になる皆様もとても熱心でした。

アメフラシはみんなで順番に触ってました。
IMG_7703.jpg

私なんかより何倍も賢い彼らが数年後の将来どのような道に進むかとても楽しみです。
また来てください。


次の日は山形県にある加茂水族館の飼育員さんが来てくれました。
「あの世界一のクラゲの水族館みたいにさ・・・」
と。よく言われるんですよ。
あの水族館みたいに有名になれるように、あの水族館をマネすれば、あの水族館みたいにテレビに、などなど地域の方からよく言われてました。
そんな有名な水族館の方が来てくれました。
福岡で技術者研究会があったらしくよってくれました。
西日本にはうち以外にも沢山の水族館がある中、福岡まで来てその他に水族館へ行くならなぎさに行けと館長さんが言ってくださったそうです。
うちをチョイスしてくれてありがとうございます。

来ていただいたからには出来る限りのお・も・て・な・し・をしなければ。
正直、お店も少ないし日本一というものもあまり出てこない我が島。

でも我がプライベートビーチを案内したらとっても満足していただいたようです。
多分。
IMG_7729.jpg
「ぇえええ!こんなに!!普通にクラゲが沢山いる!」
と喜んでいただきました。

この日はチョウクラゲが多かったのです。
加茂水族館は日本海にあってこの時期は海が時化ているのでなかなか出会うことのないクラゲだったそうです。
お役に立ててよかったです。

きっと周防大島産のクラゲが綺麗な水槽で綺麗な照明当ててもらって、沢山のお客さんたちに見てもらえるんだろうな♪

なぎさも見てもらって
IMG_7741.jpg
解説文も書いてもらいました。

ただでさえ研究会の後のお疲れと移動のお疲れがあったのに思いのほか一日のスケジュールがハードになってしまいました。

挙句の果てに帰りの飛行機時間が際どくて二人で走るということになってしまい申し訳なかったです。

でも時間を持て余すよりよかったのかな。

また来ていただきたいです。

普段のなぎさは一般のお客さんがメインですがたまに専門家や研究者、水族館関係者が来られるとまた少し違う観点があり若干緊張します。
広島大学の皆様が来る直前、慌てすぎて水槽の水を溢らせたのは内緒。
加茂水族館の方が来られる数日前に海がすごく荒れて不安になり落ち着いた次の日に3日間続けて確認に行ったのも内緒。

皆様が来られた時には常に平然としています。

今回も吸収することが沢山あってまた少しレベルアップした気がします。
ピコン。


こんな真顔ですが実はゴロゴロのご機嫌なおじさんです。
IMG_7775.jpg
出勤前の朝はとても忙しいのに起きて顔洗う時からご飯食べる時、トイレに行くとき、全てにくっついて来ます。

PageTop

小学生来館

現在Uさんは北陸、東北方面へ行っております。
ある世界トップクラスの水族館がクラゲ展示世界一の水族館に来館されているらしくその集まりに便乗させてもらってます。

よりによってこの台風が来ている期間を含む6日間、私は水族館の全てと犬猫のお世話係をやっています。
家も職場も守るべき対象物が多すぎて大きな被害や停電になんなきゃいいなぁと思っております。

本題。
先日島の大都会地区にある小学校が社会見学のため水族館に来てくれました。

水族館の近くにある小学校は全校生徒で10人もいないのに3年生だけでも20人以上いました。
遊ぶ場所やモノが沢山ある都会故なのかあまり海の生き物に触れることはないそうです。
ならジャンジャン見て触って何かを得てください。

海の音を聞いてみて
IMG_5808.jpg

サメもよく見てみて
IMG_5810.jpg

触ってみて
IMG_5809.jpg

最後はみんなで海水に浸かって
IMG_5819.jpg

いかがでしょうか?
大島の海を体験できたでしょうか?
少しでも学ぶものはあったでしょうか?

まだ分からないことやもう一度触ってみたい見てみたい生き物がいたらぜひまた遊びに来てください。

※実はみんなが来てくれることになっていたから張り切ってタッチングプールの浅い部分を前日に全て磨いてもらいました。
そしたら磨いたコケたちがそのまま水中に残ってしまい地面は綺麗だけど水は濁る、という申し訳ない結果になってしまいました。
すみません。


留守番の猫組は私が帰ってきても顔だけ振り向くくらい。
IMG_5855_20190922145238c68.jpg
そっけないこと。

そんなヤツらとは逆にU宅でお留守番の陸奥子さんは
IMG_5833.jpg
IMG_5831.jpg
IMG_5839_201909221452366cd.jpg
私が会いに行くと大歓迎でブレブレ状態になります。
これを私は喜びの舞と呼んでおります。



PageTop

クラゲ博士現る

実は前回アップしたブログは1週間ほど前に下書きまでは完成させてあとは写真を張るだけでした。
そこからすっかり忘れていて今回のブログを書こうとした今気づきました。

なのでまた更新が遅くなってしまいました.
という言い訳です。

本題。
この頃割とスケジュールが詰まっていたんです。
IMG_3076_201904281452263ad.jpg
フェイスブックにも書かせていただきましたが、同期でありクラゲ博士(専門はクラゲの中でも箱虫綱)でもあるT君が高知から来島してました。
去年もこの時期に来てくれてます。

というのはちゃんと理由があって、この時期に出る特殊なクラゲを調査しに来てくれてます。
IMG_3064.jpg

朝開館作業を終えたらすぐに海に行きひたすら目視観察採集です。
IMG_3063.jpg

主に3か所の海をまわりました。
大潮というのもあり満潮が大きいのはいいのですが、満潮が終わり潮が引き始めるとあっという間に作業がやりづらくなります。
ちなみに瀬戸内海は潮の満ち引きの差が大きくこの時期の満潮は300センチを軽く越えますが、干潮時にはマイナス近くになります。

夕方には干潮になるので3時前にはサンプリングを終わらし、水族館に戻りました。

戻ってからも作業です。
IMG_3097.jpg
採集したクラゲを種類ごとに分けて分からない場合は顕微鏡で確認します。

今回博士がお目当てだったクラゲは「ナギサルシア」「ピッピ」「カタアシクラゲモドキ」だそうです。

ナギサルシアとピッピはまだ和名はもちろん採集記録もあまりないのできっと博士が研究して論文出してかっこいい名前を作ってくれるんだと思います。

カタアシクラゲモドキは私からするとあまり珍しくはないのですが、博士からするとちょっと調べたいことがあるそうです。
カタアシクラゲモドキ_沖家室_lateral view
(私ではなく博士撮影)
これを採集して興奮してました。
あ、見つけたのは私です。

その他にも、2日と半日で計26種のクラゲを観察しました。

今回採集したクラゲのほとんどは博士が持ち帰り飼育・研究するそうです。

私も今まで曖昧にしていたクラゲの種同定や特徴を教えてもらいました。

2ミリほどのソトエリクラゲ。
特徴を教えてもらったのでもう覚えました。

あとマキヒゲクラゲ。
2807DSC_5316_20190428175715524.jpg
これも3ミリくらい。
マキヒゲ一択でしたが、実は「チョビヒゲクラゲ」というそっくりさんもいるそうです。
無知って怖い。知らなかった!
見た目はほぼ同じですが触手の数が違うそうです。
顕微鏡で見ないと分かりませんね。

あとはうちではたまにとれるけど本来の特徴と違う部分があるのでもしかしたら別種かもしれないとのクラゲ、これも調べてくれるそうです。

この2日半、寝る以外はほぼ、一緒に過ごしほぼクラゲを頭に入れながら生活しました。
急に気温が上がり体力的にはハードでしたが、それ以上に収穫がありました。

また来てください。
そしていろいろ教えてください。
IMG_3120.jpg

久しぶりに私のレベルがまた少し上がりました。
ピコン。


博士と大学時代の後輩に散歩してもらって楽しそうな陸奥子さん。
IMG_3104_201904281454008ad.jpg

PageTop