なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

寒い日だから出会える生き物たち

今日はとっても寒い日でした。
IMG_1433.jpg
うっすら雪が降っているのが分かりますか?

周防大島の中でも水族館がある旧東和町は豪雨も少なく雪も滅多に降らない地域です。
なのにほんの少しですが雪が降っていました。
つい騒いでしまいましたが、私の実家は東北の中でも特に寒いとこでした。
うんざりするほど見てきたはずなのに。

私の動きも鈍るけど、水族館の魚たちも寒すぎると体調をくずしたりします。
今のところは元気みたいですが、要注意です。

うちにいる魚たちは寒すぎると弱ってしまいますが、そんな中とても元気な仲間もいます。

IMG_1442.jpg
IMG_1434.jpg
サンゴや
IMG_1443.jpg
ヤギ、
IMG_1436.jpg
クラゲなどの刺胞動物です。

あとヒトデや
IMG_1440.jpg

ナマコなどの棘皮動物も元気です。
IMG_1441.jpg
ナマコなんてこんなに💩君をしています。

おまけに大きくなったカイカムリ君も久しぶりにこっちを向いてくれてます。
IMG_1438.jpg

寒い冬にまったり癒し効果満載です。

モゾモゾしながら一日を過ごしていますが彼らを見るとピシっとします。
今が旬でオススメ生き物たちでした。


足の上も
IMG_1417.jpg
横も
IMG_1422.jpg
大好きないりこさん。

PageTop

今日の収穫

潮が大きくなり久しぶりに晴れたのでクラゲ採集に行ってきました。

本当は前日に出会いたかったクラゲが沢山いました。
前夜は島内のキャンドルフェスタに出展する予定でした。
その時にウリクラゲを展示したいと思っていました。
まぁ予定通りいかないですよね。
その日の午前中は天気も悪く、必死で目を凝らしてもカブトクラゲが一匹しかみつかりませんでた。

しょうがないのでうちで生まれさせているアマクサクラゲの赤ちゃんを連れて行きました。
かわいいけど茶色で目立たないこと。

反省点の多いイベントでした。

そして今朝は天気もよかったので昨日のカブトクラゲ一匹からリベンジをしに張り切っていつもの海に向かいました。
最初は求めていたクラゲにあまり出会えず少し焦りましたが、さすがクラゲ。
突然目の前に現れました。カンパナウリクラゲパラダイスでした。
IMG_1255.jpg
(これは採集後水族館に戻ってからの状態)

夢中になって採集していると、突然Uさんが現れ、「珍しいクラゲがいるそうだ」と言われ急遽見に行くことになりました。
IMG_1249.jpg
思った通りのクラゲがいました。

IMG_1244.jpg
ひしゃくが届かなかったのでわざわざ船を出してくれました。

タライごと救います。
IMG_1246.jpg
ついでに横でフワフワ漂っていたホウボウの子供もみんなで見守りながら採集。
IMG_1247.jpg
おかげ様で準備しといたバケツ満杯の収穫になりました。

このヒクラゲは主に瀬戸内海で見られます。
でも触手が切れていたり、傘がボロボロだったりと綺麗で本来の姿で見られることはけっこう珍しいと思います。
さらに基本的には夜行性で昼間海で見られることはあまりありません。
私も今年二回目くらいでした。

他の水族館でもこのクラゲを常時展示している所はありません。
それくらい生かすことも難しいクラゲです。

うちでは水槽も小さいしいつまで綺麗な姿で生きてくれるか分かりませんが今日だけでも展示したいと思います。




IMG_1234.jpg
実家から送ってもらった真空パックの新巻き鮭を盗み食いをしたので怒ったらチョー不満げのホタコさん。

PageTop

ニホンアワサンゴの繁殖成功

これもいろんな場所でとりあげてもらっていますが、Uさんがブログにも載せろとひたすら騒いでいるので書こうと思います。

今年もニホンアワサンゴの繁殖に成功しました。
IMG_0102.jpg

去年初めて成功し、これが世界初ということもあり自分らだけでなく周囲からも騒いでもらいました。
それが今年も成功しました。
去年がたまたまじゃないことが立証されたのではないでしょうか!

去年採集した成熟アワサンゴはもちろん、Uさんがプラヌラ幼生時代から一から育てた個体まで沢山のアワサンゴが体内に赤ちゃんを保有しています。
IMG_0104.jpg

すでに放出しプラヌラ幼生として誕生したアワサンゴの赤ちゃんもいます。


これってすごいんですよ!私もUさんがやってくれるまで少しかじっていましたが、なかなかうまく生かし続けることができませんでした。繁殖なんてもってのほかです。

Uさんが休日に命かけて素潜りで採集から始め、周囲の研究者や水族館関係者などに相談しつつ本当に手探りでやってきました。

その成果なんでしょうか。

最近はサンゴ自体の状態も良くとても綺麗な色をしています。

いろんな個体が赤ちゃんを保有しているのでしばらくは生命の神秘を楽しめられると思います。
せっかくなので島外、島内、いろんな方に見ていただきたいです。


IMG_0097.jpg

PageTop

3月の月一サンプ

昨日は月一サンプの日でした。
前日は雨が急に降ったりやんだりのよくわからない一日でしたが
IMG_8658.jpg
(夕方には虹も出てました)
昨日はなんとかもってくれました。
水温も少しづつ高くなっています。

順調にポイントを周っていく私。
しかし、この時期釣をされる方も多いです。
ある地点では波止に何人もの人がいました。
月一サンプはプランクトンネットを縦に曳いたり横に曳いたり、ウロチョロします。
せっかく沢山釣れているかもしれないので、近くでバタバタすると迷惑になります。
なので、昨日は1地点のみ途中で作業を中断し、できるところまで行い、残りは最後に回しました。

そして他のポイントは終了し時間は15時くらい。
多分干潮に近かったと思います。
IMG_8660.jpg
この上でネットを曳いたり、採集したりします。
午後のサンプリングはUさんも手伝ってくれたのでネットを曳く作業をUさんがやてくれました。
ネットをひく作業は一人でもできるので、私は潮が引いた場所で少し磯採集することにしました。
IMG_8659.jpg
引いた場所にはチョウクラゲのなんともいえない状態が沢山ありました。

少しのアマモ場や、海藻の近くで網を曳き
ヒメイカやカサゴの子供、ネズッポなどなど、魚やイカをゲットしました。
そしてそれプラス「ムシロガイ」という貝の仲間がいたのでとってきました。
ムシロガイには「タマクラゲ」のポリプがついています。
すごいついてたんです。
せっかくなので採集してタマクラゲを誕生させてみようと思いました。

持ち帰り、うちは予備水槽などが少ないので、展示しているカイカムリの水槽にいれました。
PA140353.jpg
秋ごろ海の表層一直線に横断していた子です。

しばらく見ているとそのまま砂に潜ってしまい隠れてしまいました。
そして今朝、立派に成長した彼が・・・
[広告] VPS

穿り出しているのは!?

それに昨日採集したポリプが全くついてない!
他の生きているむしろ害をみてもみんなポリプつきを採集したはずなのにポリプをつけていない子がいるんです。

なんとまぁ。

カイカムリって貝やポリプも食べるんですね。
知らなかったです。

カイカムリもポリプもこんなになってしまうなんて。。。
でもこんなに誇らしげに食べているので何も言えませんでした。


餌になってしまったむしろ害には申し訳ないですが、次はカイカムリの水槽にはいれずにリベンジしたいと思います。


今回初めて月一サンプと磯採集を同じ日にやってみました。
一日という短い時間で多くの収穫がありました。

PageTop

オビクラゲ発見!

久しぶりに興奮で鼻血がでそうになりました。

まずはあるクラゲを求めて海へ行ってみました。
去年あたりから現れなくなってしまったカミクラゲです。
私のテリトリーの中でその地区が唯一出現し、しかもとてもかわいいサイズだったので私たちも大好きだったし、お客さんからも人気ものでした。
今年もどうだろうと思っていますが、例年はこの時期がピークなのにまだ出てきてくれてません。
昨日もいませんでした。

そのかわり
P9110099.jpg
エフィラ2個体ゲットしました。
我ながらよく見つけたと感心。
さらに顕微鏡で撮った
IMG_8101.jpg
(写真右)
1.5ミリくらいのこのクラゲも。
まだ未同定です。

そのまま天気もよかったのでたまに行く海へも。
最初、チョウクラゲはいたけれど、その他なかなかいい出会いがなかったのでかえろうかな、と思ったその時。
なんとなくにおいがしたので、いつもは時間がなくて行かない反対側も見てみました。

そしたら・・・

そしたら・・・

もう興奮のあまり逃させまい、と全力疾走でバケツまで走り、寝そべって確保しました。
DSC_1341.jpg
いつぶりだろ。
3年以上であってないはず。
オビクラゲです。
このあたりだと珍しいですが、全国的にはそうでもないはずです。
でもそんなに多くも見れないと思います。
水族館でも長期展示が難しいクラゲです。
でもこれでクラゲなんですよ。
有櫛動物という仲間になります。
よく見ると櫛板が動いて虹色に見えます。
体が虹色なんですよ。
マネできますか?
最近はレプトケファルスをオビクラゲと錯覚してしまうほどこのクラゲに飢えていました。
久しぶりので出会いで興奮のあまり鼻血がでそうでした。
休みだったUさんにとりあえず☎して自慢しました。
その後も勝手に地元の漁師さんに着信して気づかないくらい鼻息を荒げてました。
しかも2個体いたんです。
あ、レプトも一個体とれました。
あまりにドタバタしていたので近くで釣りをしていた方に怪しまれて声をかけられてしまいました。

気づけば時間がものすごい過ぎていたので急いで水族館に帰りました。
そしてUさんに美しいオビクラゲの写真を撮ってもらいました。
IMG_8104.jpg
狭い空間で行われる地味な撮影光景。
私はライトを当てる係りです。

私の興奮皆様に伝わりましたか?
その後は久しぶりの興奮で無駄にドタバタしてしまいすごい疲労感がでましたが、また明日も見に行ってみようと思います。




ホタコのおもちゃ、いりこさん。
IMG_8072.jpg

PageTop