fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

夏休みど真ん中

15日に書いたのですがアップしていなかったので本日は17日ですが15日と思って読んでください。

お盆も終盤になりました。
IMG_7017.jpg

我が家では24時間エアコンが効いた部屋で一日中寝ている家主がいます。
IMG_6996_20220815101603cd6.jpg

そんな中私は大賑わいの水族館に
IMG_7025.jpg
夕方は磯採集と汗を流すってもんじゃすまないくらい汗を出してます。
それでも沢山のお客さんにきてもらうのは嬉しいし採集も収穫があるので満足です。
今年はカギノテクラゲがとれました。
IMG_7021_20220817110803e50.jpg

それ以外にも
IMG_6975.jpg
チビゴンズイやタツノオトシゴ、ではなくヒメタツなど、あまり出会わない生き物に出会いました。
ちなみに2017年にタツノオトシゴ一種だったのがタツノオトシゴとヒメタツに分けられました。
IMG_7018_20220817110804113.jpg
この辺りのはヒメタツになるそうです。
魚界は比較的種判別が解決していて新種は珍しいのにそんなことあるんですね。
なので今までタツノオトシゴがとれたと思っていても今後正式にはヒメタツになります。
解説文を作り直さなければ。

さらにこの辺りではタツノオトシゴでもヒメタツでもないサンゴタツといって見た目は同じような
IMG_7016.jpg
こんな感じの種類がちょくちょくとれます。

ややこしいですね。

話は戻りますが今回磯採集ではヒメタツがとれました。

暑いし繁忙期で限られた時間しかないのに行ってよかったです。

お盆は終わりかけですが世の夏休みはまだ続きますので引き続きなぎさでお待ちしております。


博士からコロナ復帰祝いにけんぴをいただきました。
IMG_6961_202208151013599d8.jpg
砂糖と油と芋なんて最高のコラボレーションですね。
パワー出ないわけないです。
ありがとう。

大学時代のバイト先から海産物をらいただきました。
IMG_7003.jpg
日本人失格と言われるくらい普段お米を欲しない私ですが埃を被った炊飯器を稼働させるくらい美味しかったです。
ご馳走様でした。

もちろん島の食べ物も大好きです。
IMG_6992.jpg
水族館にサンゴを持ってきてくれたいつもの漁師さんがヤズ釣りよると聞いて目を輝かせてしまいました。
普段から大きな目がさらに大きくなって優しい漁師さんが「ヤズ食べるか?」と聞いてくれました。
ありがとうございます。

今年はやたら暑いしコロナ明けで体力が足りてないタイミングでしたがエネルギーは沢山蓄えることができました。

コロナ復帰後初陸奥子の散歩。
IMG_6993.jpg
微妙に足が届く所限定でクプクプ言いながら往復してました。
彼女は気持ちよさそうですが私はその後お風呂に入るくらい汗だくでした。

ちなみに昨日は陸奥子記念日です。
多分載せた気がしますが徘徊してたところを回収した時。
IMG_4061__20220815101354a6e.jpg

次の日保健所に行く前のドライブ。
IMG_4079_.jpg

からの拾得物扱いではあるものの保健所からUさんが回収した日。
IMG_4147_.jpg

そして4年経った昨日。
IMG_7010_20220815101601b41.jpg
今では地区内で一番元気な生物と言われてます。

PageTop

復活

人生初の10連休から復活しました!
その間臨時休館になってしまい、単純計算ですが1500人以上ものお客さんにご迷惑おかけしました。
そして私が休んでいる間の休館中を含む10日間以上をUさん1人に全部任せてしまいました。
すみませんでした。


今さらですが先月末にコロナウィルスに感染しました。
自分が一番驚いてます。
あ、けして如何わしい店に行ったりとかはしてないのでご安心を。
うちの体温計で初めて38℃以上をみました。
IMG_6834_202208061551455db.jpg

ちょっと体調が悪いかな、と思った時も測ったらさほどなくてこの体温計は壊れているんだと思ってました。

実はたまたま測ったのは次の日に船に乗せてもらえる機会がありました。
(日頃は職場の検温機で確認してます)
今回は事前に体調などを記入する紙を渡されていて珍しく自宅で検温しました。

仕事後帰ってから検温したらまず37.7℃という数字が出てたまげました。

すでにお風呂も入って酎ハイも飲んでたので体温が高くなっていたのか、と思ったけどそんなに高くなるのか、と驚きました。
しばらくしてもう一度測ったら今度は37.8℃という高数字が。

その後何度測っても高くなる一方で36.0℃代にはなりませんでした。
我が家の体温計はついに役割りを果たす前に壊れたか?と思いUさん宅へ行き体温計を借りました。
そしたら37.9℃と。

あれれ???
何度測っても熱がある!

それだと船に乗れない⁈
その事ばかりが引っかかってその後も何度も検温しましたが38.0度の数字が表示された時に諦めました。

そもそも日中から暑くてバテてたのですがスタッフもみんな暑くてしんどいねぇと言ってたのでただの夏バテと思っていました。
水族館はエアコンが24時間効いていますがペラペラの壁から外気の熱がじわじわと伝わります。
また換気のため開けていたりするため館内もちゃんと暑くなります。
なのでこの季節は常にバテていました。

まさかコロナになっているとは思わなかったけど私が高熱を出す機会はコロナだけかもしれない、と思って検査する前に感染したと自覚しました。

次の日早速山口県のコロナ疑惑がある人用連絡先に電話しましたが全然繋がりませんでした。
なので周防大島町の連絡先に電話してみたら発熱がある場合はそのまま島内の病院で検査してもらえる、とのことだったので教えてもらった病院にいって検査しました。

検査も車内からなんですよ。
保険証渡した時もビニール袋に入れてました。
そして透明なゴミ袋を私にをかぶせてそこから担当の方が鼻に綿棒みたいなのをグリグリして検査してました。

しばらくして「残念ならが陽性の反応がでました」と言われて感染決定です。
そのままトボトボと家へ帰りました。
その日から10日間外に出れないということは買い物もできないのですが陽性となったからには買い出しすることも出来ずまっすぐ家へ向かいました。

それ以降は家に帰って大人しくしてました。
初めての10連休です。
最初の4日間くらいはだるくて布団とトイレのみが生活空間でまるで猫のようにずっと寝ていました。
IMG_6908.jpg
驚いたのですが私も寝ていたけど猫も同じようにずっと寝ていました。
IMG_6920.jpg
床でも
IMG_6913_202208061557499c6.jpg
布団でも

IMG_6928.jpg
畳でも。

5日目が過ぎたあたりから急にコロナが蒸発したってくらい元気になりました。
そして急にお腹が空いてきました。
今回心配の連絡や物資を10人以上の方から頂きました。
ありがとうございます。
おかげで普段の我が家より豊かな生活だった気がします。
数日間ほとんど食べてなかった分を急に取り戻しました。
予想だと4日ほどで2.3キロ痩せたのに2日ほどでちゃんと吸収しました。
ただ体力が落ちてしまってたので食べたらまたゴロゴロするという生活をしていました。

また、通常だと10日間の自宅療養のうち7日目には症状が完全になくなっていないと復帰できずに延長になるというルールがありました。
当初は10日間も長すぎて退屈だろうと思っていましたが実際は完全復活するには結構時間がかかり不安になりました。
私の場合6日目くらいには通常の生活が出来るようになりましたが。

そしてあまりにも休みすぎて今度は今まで通りの業務が出来るか不安です。
多分生まれてから1か月くらいは室内だろいけどそれ以来10日間部屋におこもりしたのは初めてだと思います。
暑い日差しに耐えられないかもしれません。
その時は遠慮なく無期限で病み上がりを理由に休憩しようと思います。

今回私が寝ている間にひたすら働いてくれたUさん、ありがとうございました。
幸いにもUさんは陰性だったからよかったけど、こんな時2人しかいないと大変ですね。
さらにUさんは講演会があったのにキャンセルになってしまいました。
講演会を依頼して下さった方や参加予定だった方からしたらかなり迷惑です。申し訳ありません。

次また10連休なんてことがないようコロナよりも強い免疫を培おうと思います。
と言っても本来は熱すら出さないので今回感染した際に行政や保健所からかかりつけの病院はありますか?と聞かれた時に眼科以外は思い当たることがなくて困ったくらいなんですが。

皆様もまだまだ収まる気配のないウィルスに気を付けてください。
そしてなぎさ水族館は狭いので夏休みなどはどうしても密になってしまいます。
信じられないかもしれませんが混み合うことがあるんですよ。
しゃべられるくらいのお子様からはマスクのご協力をお願いします。


送ってもらった物資は私がいただきますが箱は猫がしばらく使います。
IMG_6860.jpg

暇だから名前も書いてあげました。
そしたら
IMG_6864.jpg
でっかいおっさんも強引に中に入ってました。

窓もあってこの手はホタコ。
IMG_6899.jpg
ちなみにホタコは私と濃厚接触になってしまいコロナ中Uさん宅ではなく我が家にいました。



PageTop

臨時休館

連絡が遅くなり申し訳ありませんが現在休館中です。
予定だと明日まで臨時休館中です。

夏休みということもあり毎日100人以上のお客さんに来ていただいてたのに申し訳ありません。

詳細はまた書かせてもらうかもしれませんが原因は私にあります。
お客さんだけでなくスタッフのみなさんにも迷惑をかけてしまいました。
すみません。
私も本当はあと3回ブログにしたいことがあったのにそのうちの2つは自分のせいだけどおじゃんになってしまいました。

休みの間にフル充電し完全復活目指しますのでそれまでしばらくお待ちください。

私もスタッフの皆様から心配の連絡や物資をいただいたり、
IMG_6847_202207312107255de.jpg
元から少ないけど貴重な友達や家族からも差し入れをいただいたのでだいぶ復活しました。
IMG_6853.jpg
IMG_6854.jpg
あとポカリも。
ありがとうございます。

早くなぎさのみんなに会って、そしてによい子のお客さんで賑わう所に行きたいです。
IMG_6851.jpg
それまではしばらくこの方たちと同じ生活をしています。

PageTop

採集日

実は昨日テレビに出ました。
ちらっと書きましたが、先日の博士来島の際取材してもらったものが昨日山口県の夕方ニュースで放送されました。
IMG_6758_20220719204603c2c.jpg

今回わざわざ海の日に合わせて放送日を変更してくれたり、私が持参するものを聞かれた時に気が利かず帽子を伝えてなかったので炎天下の中取材させてしまったり、いろいろと気を使わせてしまいましたが10分以上放送してもらい本当にありがとうございます。
IMG_6124.jpg

受付スタッフに「今日来てくれたお客さんはきっと昨日のテレビ観たからですよ」
と言ったら「誰もそんなこと言ってないぞ」と言われてしまいました。
DVDをいただいたら実家にも送ってあげようと思います。
ちなみに前回DVDを送ったら我が子でシスターズの中でも一番似ていると言われてるくせに「マスクあってよかったわね」と母親に言われました。

本題。
最近ブログを見てくれている方が結構いてとてもうれしいです。
見てますよ、なんていわれると恥ずかしいですが。
取材に来てくれた方や水族館の方、夜間採集の際に海で出会った方、この前は現在も原稿を書かせてもらっている釣り雑誌の方にも。
きっとご近所さんは私がネット上にブログなんて書いてることを知っている人はほとんどいないでしょうが。
家には白黒のでっかくて目つきの悪い猫がいてたまにひと様の犬「陸奥子」に運動させられているなぎさの人、ってくらいだと思います。
中でも水族館の内容より陸奥子の印象が残るらしく以前はUさんに「クソ猫ブログ」と言われてたものの、陸奥子ちゃんがかわいいブログ、なんて言われちゃいます。

とはいえせっかくこんな文章力もないブログを見てくれている人がいるのに先月は2回しか更新してませんでした。
忙しいのか、と心配してくれる方もいるかもしれませんが全然そんなことないです。
でも暑くなってきて私の活動できる時間がかなり短くなりました。

気持ちよさそうに海で泳ぎ、
IMG_6307.jpg
大好きなご近所さんへ回り歩く陸奥子が羨ましいです。
IMG_6395.jpg

で、何か更新しなきゃと思い数日前のとある日の私の採集デイを書こうと思います。
まずその日は大潮で満潮にクラゲ採集、干潮で磯採集が出来る貴重な一日でした。
朝から急いで開館作業を終え、前日に夜間採集でリサーチしていた新しいポイントに向かいました。
というのも水族館近くの私にとってマイプライベートビーチであった港が現在工事中で海水が常に濁っています。
なので隣の波戸へ行ってみたところ思いの他クラゲがいました。

前夜と同じくカブトクラゲやウリクラゲなど刺さない系がわいてました。
IMG_6683_20220719202026cf6.jpg
海面に映る薄く白っぽいものが全てクラゲです。
少し他の種類もいないかなぁと期待しましたが珍種はいませんでした。

戻ってからは水分補給必須です。
IMG_6684.jpg
ほんとうに暑くて電子レンジのシュウマイになったような気分になります。
ちなみにこの奇抜な容器は都会の友人がプレゼントしてくれました。
田舎には絶対ないやつです。

その後みんなのご飯を準備して自分も休憩します。
採集に行くと半日があっという間です。
この日は朝から満潮に合わせて採集に出れるよう前日から予定を立てていましたが結構かつかつでした。

午後からも干潮に合わせて採集に行きたいのでそれまでに館内の作業を終わらせます。
毎日行う閉館作業の業務の他にコケたっぷりの水槽を水替えなどもします。
IMG_6685_202207192020584b1.jpg
ここはハリセンボン水槽の上から。
ご飯モリモリ食べて💩たっぷりするので水もすぐ汚れます。
それに傷だらけの水槽は傷部分に汚れが入って汚らしさが倍増します。

何か所かの水槽を同じようにコケ取り&水替えをして終了です。

今度はホームセンターで修理中だったなぎさの画期的な掃除機を取りに行きます。
田舎は最寄りの店まで遠いのが基本なのでホームセンターも片道30分かかります。
IMG_6687.jpg
いくら画期的な掃除機とはいっても海水や湿気には弱いためこの前壊れてしまったのを修理してもらってきました。
無事帰って来てくれてよかったです。
これからも頑張ってほしいです。

帰りはそのまま磯採集に行きました。
IMG_6688.jpg
いつもの海です。
私を見て威嚇する生き物もいれば
IMG_6689.jpg

一生懸命隠れようとする魚もいます。
IMG_6690.jpg

この日はタコもいました。
IMG_6693.jpg

私が求めている子だけ持ち帰りました。
仲間が増えてこれでまた充実した展示ができそうです。

さらに採集が終わったら顕微鏡で確認したい生物がいたので確認。
前夜の夜間採集で出会った子です。
IMG_6694.jpg
ふむふむ。
IMG_6695.jpg
なんじゃこれ?
顕微鏡でも分かりませんでした。
咲いている時はトサカの仲間かと思いましたがいじけたら何が何だか分かりません。

こんな感じでこの日は採集デイとして一日が終わりました。
大体今の時期は月に2.3回ほどこんなスケジュールです。
ということは潮の関係、天気などを考えるとベストに採集できるチャンスはそれくらいしかないってことになります。

今出会う生き物が毎回出会えるわけでもないし、季節によって違うし、例年いてもいるとは限らないのでこのチャンスを出来るだけ逃さないようにしています。
私にとって夏の採集は命がけですが来月も同じように向かっていこうと思います。


まるで自分を見ているかのようにハッとさせられました。
IMG_6405.jpg
330円の新しい敷マットで快適な夏がおくれそうです。

そんな気持ちよさそうな顔から
IMG_6407_20220719205830967.jpg
ご飯が気に入らないと全てをひっくり返し苛立ちをちゃんと伝えてきてくれることもあります。

PageTop

博士来た!

これまた数年ぶりに博士が島に来てくれました。
なぎさから新属新種の生き物を誕生させてくれた大学の同期であり今やクラゲ界ではだれもが知っている博士です。

最近は新種になったシトウズクラゲの出没にあわせての来島だったので春先が多かったのですが今回はスケジュールの都合上初梅雨シーズンに来てくれました。
当初は雨の予報だったので不安でしかなかったですが本当に運よくその時だけ晴れてくれました。
まじでうちらの日ごろの行いじゃね?と2人で話しました。
ちなみに現在本州の一番上まで行っているUさんですが天気予報はほぼ雨マークです。
完全に日ごろの行いですね。

まずはなぎさに来て一番最初にやったのはフクロウニの毒のチェック。
IMG_6113.jpg

数日前に受付スタッフがフクロウニの解説文を書いてくれました。
その時に痛いんですか?と質問されたのですが図鑑やネットだと痛いと書いてあるけど実際は分かりません。
今までいろんなクラゲに刺されてきて毒通の博士が確かめてくれました。
結果は刺された瞬間飛んでました。
一瞬バチっと痛みがきたそうです。
クラゲや魚の毒よりハチに近い、とのことでした。

そして早速海へ。
ちょうど月一サンプの予定だったので4か所の海をサンプリングしました。
IMG_6115.jpg

戻ったらソーティング開始。
IMG_6116.jpg
種類ごとに分けます。
これをやっているとこれだけで本当に一日が終わります。

次の日。
前日4か所周った結果一番多くクラゲがいた場所へ絞って出発。
IMG_6121_20220623110937110.jpg
この日は取材もありました。
詳細はまた後日。



戻ったらまたソーティング。
IMG_6127.jpg
これなぜ外でやっているのかと言いますと、明かりが必要なのとなぎさは狭くて広げて作業が出来ないので水族館裏の蚊が沢山来るところで行っていました。

博士はちゃんと顕微鏡で確認もします。
そして取材の方にもちゃんと説明します。
(写真はカメラさんたちの顔がすごい写っちゃってるのでやめときます)
私はなんとなくでだいたいクラゲの種を決めます。
だから説明もできません。
こういう所で知識と技術の差が出来るんだろうなと思いました。

三日目の帰る日。
また同じ海へ行き、前日採れた種類で気になったクラゲを再度目指して出発。
IMG_6137.jpg

種数も潮の流れも1日目2日目と全然違いました。
2日目の一番じっくり採集した日は約20種類のクラゲが確認されましたが3日目は探さないと分からないくらい静かな海でした。

戻ってからはこれまたソーティング。
IMG_6138.jpg
ちなみにUさんは私たちが海に行っている間、気になった種類のクラゲを記録用に撮影してくれてます。
ポイントポイントにピントがあっているかなど「こんな感じでいいのか?」と確認中。

採集はお留守番ですが一応Uさんも頑張ってくれてるんです。
クラゲの写真って透明だし微妙に動いたり、沈んで動かなかったりとすごく撮るのが難しいんです。
なぎさでは全部Uさんがやってくれてます。

こんな感じで丸3日間海行ってクラゲとって戻って種類ごとに分けて名前調べて・・・
と単純だけど体力はめちゃくちゃ消耗するスケジュールでした。

でも今回も分からないのを教えてもらったり、見分け方を伝授してくれたり、間違っていたのを気づかせてくれたり、そして博士も気になるクラゲは持ち帰ってDNAを調べてくれることになったり、と私もクラゲ界も進化の道へ進めてくれました。

ちなみに現在なぎさで展示しているクラゲも本来の種類とは微妙に違う所があるんですよ。
IMG_6142_20220623111203ac5.jpg
なのでこれも調べてくれるそうです。
数個体の彼らはDNAなどを調べるために一躍買ってくれることでしょう。

今回3日間でしたが普段と違って時間に限りなく好きなだけ採集させてもらいました。
いつもは館内作業もあるので長くて1時間くらいです。
今回は1時間以上採集させてもらって満足するくらいクラゲを見つけられました。
さらに分からないクラゲがいたらすぐに教えてくれる人が側にいてくれてとても楽しく有意義な時間でした。
こんなことなかなかないことです。

来てくれた博士、そして数日間館内業務を全部やってくれていたUさん、ありがとうございます。
私は海をプラプラしていただけですが博士が持ち帰ってくれたクラゲの名前が分かったらちゃんと頭に入れようと思います。

クラゲも知識も沢山収穫があった3日間でした。
このようなことがいつまで一緒に出来るか分からないので貴重なひと時でした。



散歩の時に海へ行き、彼女は満足することはあるのだろうか。
IMG_6240.jpg
毎回「まだ帰りたくない」のポーズ。

ついでに散歩も足りないと玄関に入ることを拒みます。
IMG_6077.jpg
短い足で一生懸命突っ張ります。

現在家主不在のため我が家にお泊りしているホタコさんも元気です。
IMG_6091.jpg
しま子ちゃんという猫をかっているご近所さんがくれたトンネルがマイブームらしいです。

PageTop