FC2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

GWその後

過去にない10日間のゴールデンウィークも終了しました。
IMG_3336.jpg
これはゴールデンウィーク明けの5月7日の朝。
無事に終わってほんと良かったです。

タッチの仲間たちはかなり疲れたと思います。
本当にお疲れ様でした。
しばらくはゆっくり休んで下さい。

4月の休みは天気が優れなかったものの5月の休みは天気にも恵まれ、夏前の陽気でした。

今年は合計4000人以上(未就学児含まず)の方々に来ていただいたようです。
島民が16000人ほどなので島の4人に1人が来てくれたということでしょうか。
実際は島民より里帰りの広島や山口の方が多いと思いますが。
IMG_3309.jpg

ケガもなくほんとによかったです。

私たちは休暇がとれますが生き物は毎日休みなく頑張ってくれました。
そっと抱きしめてあげたいですがそんなことしたらお互いボロボロになってしまうのでやめときます。

私もゴールデンウィークから一週間過ぎようやくいつもの日常が戻ってきました。
そこでみなさんにお伝えしたいことがあったんです。

かれこれいつからか分からないくらい前から不調だった冷蔵庫。
なんとか4月の中旬に購入しましたが配達が僻地なのと私の仕事が連勤だったのとでなかなかうちにやってきませんでした。

そして5月6日のゴールデンウィーク最終日、私の休日、ついに運ばれてきました。
IMG_3324.jpg
まだかまだかとずっと待っていましたよ。

最後の方はこれしか冷蔵庫に入ってませんでした。
IMG_3319_20190512160033f8f.jpg
これでどのくらいの月日を生き延びたか。。

それと同時に今までずっとお世話になった黄色に塗られた冷蔵庫とはお別れです。
IMG_3321.jpg
姉が18歳で家を出た時に購入してもらいかれこれ19年目になろうとしてたのかな。
姉の変な趣味のせいでなぜだか黄色に変身してしまった冷蔵庫。
高知や岩手、山口と移動しながらも壊れず頑張ってくれました。

小さいからあっという間に運ばれて行きました。
よく見ると(いやぱっと見でも分かりますが)色も落ちてきてボロボロだったみたい。
今まで本当にありがとう。

私は鈍いから君が限界と言って本来の役目をすでに終えて冷えることをしなかったのに全く気付かなかったよ。
もしかしたら半年以上壊れていたのかもしれません。

そして新しい冷蔵庫をさっそく我が家へ。
IMG_3327.jpg
ライトが白い!
卵10個以上入る!
氷作ってくれる!

感動ばかりでした。

さっそく中に食料をイン!
IMG_3329.jpg
このお酒セットはスタッフからお祝いにいただきました。
CMで綺麗な女優さんが冷蔵庫に並んだお酒を選ぶシーンがあるそうです。
その気分を味わせてくれました。

ちなみに冷凍庫はこの前いただいたお餅が大量です。
IMG_3330.jpg

これからはアイスも買えるし野菜も冷蔵できるし魚をもらっても入れられるし満足しかないです。

正直このゴールデンウィークは食料難で十万馬力のうち3.5万馬力ほどしかでなかったのでこれから挽回しようと思います。


IMG_3333_20190512160111ec8.jpg
ホタコの寝方って独特。

PageTop

ゴールデンウイーク真っただ中

今朝、7時出勤。
いつもより30分くらい早め出勤。
開館前にやらねばならぬことがあったので目を光らせて出勤しました。

????

館内に入ると床が水浸し。
かけ流し水槽や心当たり周辺を見るも何もなく。
????

!!!

大型と呼んでいるうちでは最も大きな水槽からでした。
ポンプと管の接続部が緩んでそこから海水が噴射してました。

とりあえず漏電でブレーカーが落ちたり、生き物に何かあった訳ではなかったのでひとまず安心でしたが、私はその海水を拭くために早く出勤したのではない!
なぜこんな日に限ってトラブルが起きるのだろうか、と思いました。

おかげで朝の貴重な時間がだいぶロスしてしまいました。

本題。
うれしいことに連日沢山のお客さんに来ていただいております。

悲鳴、泣き声、笑い声、とってもにぎやかです。

IMG_3301.jpg
二階事務所から見ても駐車場が車だらけ。

普段のなぎさを知っている地元の人が驚いてました。

連休もようやく折り返しです。
やはり10日間は長い!!

今回飼育員にスーパースケッターが来てくれました。
IMG_3303.jpg
地元の子で現在島を離れ海洋系の大学を学んでいるそうです。
3月頃、突然受験前に島の海について質問したい、と聞いてきてくれたことがきっかけに今回の連休手伝ってもらうことになりました。

中年飼育員2人だけだと10日間の連勤はしんどいですが、彼がいてくれてかなり助かっております。
IMG_3311.jpg

人間だけ気を気を休めてタッチの仲間たちには申し訳ないですが、その分仲間たちの負担も少なくなるよう飼育員とスケッターで頑張りたいと思います。

残り4日間エイエイオ―!

みなさんも遊びに来てください。

水族館裏でくつろぐもどきさん。
IMG_3302.jpg

お留守番のおっさんいりこは寂しいらしく
IMG_3297.jpg

寝る時から朝まで私の体から離れることはありません。

PageTop

令和の始まり

平成が終わり、令和がスタートしましたね!

平成って何があった?と話があると簡単には私がかわいい幼き子から中年の人間になったと言うことでしょうか。
1989姉妹写真1
わざわざ実家の親にメールで送ってもらいました。
親チョイスの写真です。

IMG_3269.jpg
こうなってしまいました。
世の中は残酷です。

それ以外にもその間楽しいこと、悲しいこと、出会い、別れ、いろいろありました。
まあ31年あったので当たり前ですよね。

ニュースを見ると昨晩はなんだか悲しい雰囲気が出ていましたが新しい時代のスタート間近ということです。

そしてここでゴールデンウィークの折り返し地点。
平成最後の日は半日休みの予定でしたが、なぜだか私は体調が優れず。
わかる人は分かるはず。
ノロのかかり始めのような腹部全体の鈍痛。
完全にやる気をなくし役目を終えてしまった冷蔵庫を使っていましたが、何か腐ったものを食べたのでしょうか。

ゴールデンウィーク後半戦がスタートするので祝うことも浸ることもなく一日が終わりました。

と、いうことで令和もよろしくお願いします!

ちなみに私の姉は12月23日が誕生日です。
今までは祝日でしたが今年から平日になるそうです。

そしてもう1つちなみに平成元年生まれの妹が平成最後の日に入籍したそうです。
付き合いも長いそうですが私は一度も会ったことがなく知らない間に初めての義弟が出来ました。


いりこも令和スタート月の5月で10年目です。
こんなに一緒にいれるとは想像もつきませんでした。
偏食デブのおっさんなので心配ですがもっと一緒の時間を共にしたいものです。
IMG_3264.jpg
前猫が死んでしまった時、私の中でもうこの世の終わりだと思ってたのに今いりこを膝に乗っけてしんみりしながら近くでホタコがご飯を盗もうと走り回ってる時間は本当に幸せです。

PageTop

GW始まってます

広島大学の調査船「豊潮丸」に乗船していたUさん。
22日~26日までがっつり船に乗り無事帰還しました。
瀬戸内海を横断し普段は見ることのない生き物を持って帰ってきてくれました。
IMG_3203.jpg
帰り道、水族館から見えるんですよ。

そして27日からついに10日間のゴールデンウィークスタートです。
IMG_3221.jpg
これは28日の朝です。

これのためにUさんは船に乗らせてもらったといっても過言ではない。
帰ってきたその日から水槽を立ち上げ27日に備えました。

無事何個か新たに水槽を設置し、スタートです。
IMG_3231.jpg

タッチの生き物にも頑張ってもらいます!

みんなで10日間頑張ろう!

welcome to Nagisa aquarium !!


お留守番組。
IMG_3034.jpg

PageTop

クラゲ博士現る

実は前回アップしたブログは1週間ほど前に下書きまでは完成させてあとは写真を張るだけでした。
そこからすっかり忘れていて今回のブログを書こうとした今気づきました。

なのでまた更新が遅くなってしまいました.
という言い訳です。

本題。
この頃割とスケジュールが詰まっていたんです。
IMG_3076_201904281452263ad.jpg
フェイスブックにも書かせていただきましたが、同期でありクラゲ博士(専門はクラゲの中でも箱虫綱)でもあるT君が高知から来島してました。
去年もこの時期に来てくれてます。

というのはちゃんと理由があって、この時期に出る特殊なクラゲを調査しに来てくれてます。
IMG_3064.jpg

朝開館作業を終えたらすぐに海に行きひたすら目視観察採集です。
IMG_3063.jpg

主に3か所の海をまわりました。
大潮というのもあり満潮が大きいのはいいのですが、満潮が終わり潮が引き始めるとあっという間に作業がやりづらくなります。
ちなみに瀬戸内海は潮の満ち引きの差が大きくこの時期の満潮は300センチを軽く越えますが、干潮時にはマイナス近くになります。

夕方には干潮になるので3時前にはサンプリングを終わらし、水族館に戻りました。

戻ってからも作業です。
IMG_3097.jpg
採集したクラゲを種類ごとに分けて分からない場合は顕微鏡で確認します。

今回博士がお目当てだったクラゲは「ナギサルシア」「ピッピ」「カタアシクラゲモドキ」だそうです。

ナギサルシアとピッピはまだ和名はもちろん採集記録もあまりないのできっと博士が研究して論文出してかっこいい名前を作ってくれるんだと思います。

カタアシクラゲモドキは私からするとあまり珍しくはないのですが、博士からするとちょっと調べたいことがあるそうです。
カタアシクラゲモドキ_沖家室_lateral view
(私ではなく博士撮影)
これを採集して興奮してました。
あ、見つけたのは私です。

その他にも、2日と半日で計26種のクラゲを観察しました。

今回採集したクラゲのほとんどは博士が持ち帰り飼育・研究するそうです。

私も今まで曖昧にしていたクラゲの種同定や特徴を教えてもらいました。

2ミリほどのソトエリクラゲ。
特徴を教えてもらったのでもう覚えました。

あとマキヒゲクラゲ。
2807DSC_5316_20190428175715524.jpg
これも3ミリくらい。
マキヒゲ一択でしたが、実は「チョビヒゲクラゲ」というそっくりさんもいるそうです。
無知って怖い。知らなかった!
見た目はほぼ同じですが触手の数が違うそうです。
顕微鏡で見ないと分かりませんね。

あとはうちではたまにとれるけど本来の特徴と違う部分があるのでもしかしたら別種かもしれないとのクラゲ、これも調べてくれるそうです。

この2日半、寝る以外はほぼ、一緒に過ごしほぼクラゲを頭に入れながら生活しました。
急に気温が上がり体力的にはハードでしたが、それ以上に収穫がありました。

また来てください。
そしていろいろ教えてください。
IMG_3120.jpg

久しぶりに私のレベルがまた少し上がりました。
ピコン。


博士と大学時代の後輩に散歩してもらって楽しそうな陸奥子さん。
IMG_3104_201904281454008ad.jpg

PageTop