なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

海水だー

昨晩、お風呂で頭をあらっていたらムカデに嚙まれました。
チクっとしたのでみたら4センチくらいのムカデさんが誇らしげに通過していました。
悔しかったので頭にあったシャンプーの泡をとり、かけたらそのまま死んでしまいました。
あれ、そんなつもりはなかったのに。

本題。
フェイスブックとかぶります。

一段落したとおもっていたけど、そうではなかったです。

海水をくみ上げているホースのつまりが限界に来ていました。
ポンプから下のホースは交換しましたが、そこから先はそのままでした。

数年前、ホースの工事をやってもらう際、業者の方に本来絶対につまることはない、と言われていました。
でも私は絶対つまると言い張りました。
で、結果3年ほどでつまりました。
ほらー、言ったじゃん!

お盆後落ち着いたらどうにかしようと思っていましたが、間に合わず。
結局日曜日の朝やることにしました。
といってもどこの部分でつまっているか分からないので心当たりがある所から一か所ずつ確認していきます。だいたいカーブの部分に詰まりやすいのはわかっています。もうベテランですから。

最初のポイントを開けてみると。
IMG_0085.jpg
いるいる。たくさんいる。
つついて除去。
これでどうにかなると思いましたが、まだ水量が増えず。

次のポイントへ。
IMG_0090.jpg
ここは強敵が沢山います。
暑さはもちろん、蚊、アブ、カニ、ドロ、蛇。危険が沢山。
自分は虫が嫌いなタイプではなくてよかったと思いました。

さすがに長時間海水を止めるとタッチングプールの仲間たちが危なくなるので、最低限の所で作業を終わらしました。

無事水量が増えた瞬間はかなりホッとしました。
IMG_0089.jpg

日曜日、客さんが沢山来られる中、泥だらけで汗臭いスタッフがいたら私です。
IMG_0091.jpg

でも最近一番気になっていたことだったのでこれで当分はすっきり過ごせそうです。
海水が沢山あるって素敵。

これで本当に一段落しますように。
IMG_0095.jpg

PageTop

お盆終了

なんとか、なんとか無事怒涛のお盆が終わりました。

今年のメインお盆は今までにない3日連続500人超えという大変うれしい結果になりました。
400、600、700となる場合もあるんですが500人以上を維持できたのはなかなかありませんでした。
お陰様で今年もここ東和地区が人口の重みで沈んだようです。

皆様、本当にありがとうございます。

あと、今回はお盆のめちゃくちゃ忙しい日に地元のJKにアルバイトとして働いてもらいました。
彼女たちの笑顔は我々中年にはとても輝いて見えました。
連勤の私は無意識に顔が死んで、足もいつも以上にパンパンになり、どうしたものかと。
私にもかつてこんなピチピチ時代があったはず、なぜこうなった?と余計ダメージがありましたが、本当に助かりました。

アルバイトの子もお疲れ様でした。

そして水族館の仲間たち。
特にタッチングプールの仲間は暑い中、すごく頑張ってくれました。
彼らを癒すなにかが私にあるならばやってあげたいです。

あと連休ど真ん中に入口すぐの水槽(マダイの子ども)が絶不調になりました。
とりあえずろ材を外し、エアーを増やし、水をしばらく交換して様子を見る事にしました。
次の日の朝が怖いんですよね。
水槽内の下でみんな沈んでいたらどうしよう…
これが夢にまででてくるんですよ。
ビクビクしながら水族館に出勤すると、今回はなんとか皆さん復活してくれました。
IMG_0030.jpg
ほんとよかったです。別の生き物を入れる手配と治療のためどこに移動させようか考えるくらいギリギリでした。

若干のハプニングはありましたが、大きな事件もなく無事連休を終えることができました。

ただ、すでに若さがなくなってしまった私は気づかないうちに疲れも出ていたようです。やま場過ぎてそうそう海水を溢らせ館内全部を水浸しにしたり、受付していたら押す部分を間違えスタッフの方に迷惑をかけたり、何もない場所で躓いたり・・・
いつまでも思うようには行かないもんですね。休みがきたらゆっくりしようと思います。

やっと落ち着いたと思ったらすでに世の夏休みも終盤。
今年の夏もやはりあっという間に過ぎていくようです。

朝晩がほんの少しだけ涼しくなってきました。
私の大好きな秋が近づいてきたのかな。
昼間になると現実に戻されますが、そうやってさらにあっという間に時が進んでいくんでしょうね。


IMG_9986.jpg


PageTop

続き

10日11日と広島県の女子中高等学校の生徒さんと授業をしてきました。
10日はUさんの学生時代学んだ水生昆虫について。
講義と採集。
IMG_9997.jpg
実はUさんは魚はもちろん水生昆虫も詳しいんです。
凄いを超えてただのヘンタイですね。

私は川なんて久しぶりすぎてワクワクがとまりません。
今は昔ですが高知に住んでいた10年間、海があまり好きではなくて川によく行ったもんです。
正確には連れて行ってもらいましたが。

岩国には錦川というとても綺麗な川があります。
IMG_9999.jpg
そこで水生昆虫を採集し観察しました。
私は全く知識がないのでとりあえず生き物を採集することに専念しました。

IMG_0003.jpg
観察を終えたら室内へ戻り、少し授業をしました。
その日は時間が来てしまったので次の日に少し持ち越しで終了しました。

学生さんたちがとても熱心なんです。
なので我々もお尻を叩かれているような気持ちで先生ぶります。

2日目の11日は朝から私の講義です。
9時30分から2時間みっちりやらせていただきました。
IMG_0031.jpg
もちろん実習もします。

その後は5分休憩して再び12時しぎまでUさんと昨日の内容の続きです。

私の講義は昼まででその後私は本業の水族館に戻りました。
でもこの日もたくさんの質問があり、しかもとてもマニアックなことばかりです。
あと引率の先生も学生さんのことを考えてあえて私に違う観点から質問をしてくれたりしていました。
半日でしたがとても充実していました。
声をかけ下さったミクロ生物館の方からも少しずつ私も成長していますね、とお褒めのお言葉をいただきました。
えへへ。

そんなこんなでお盆前に大きな一仕事をしてきました。
今回は全てミクロ生物館の方からお話しをいただきこの機会がありました。
なので我々が講義をした、と言っていますが、実際は進行やまとめなどは全て任せっきりです。
素敵な学生さんとの機会をいただき、私ほんの少し成長させていただき、でもミクロ生物館の方がまとめていただき、本当に充実した2日間でした。
全てを一人でやっているミクロ生物館の方にはほんと尊敬しかないです。
あと、まず否定する人いるじゃないですか。そんな方にぜひ見習ってほしいような方です。
このような機会を頂き本当にありがとうございます。
私もクラゲについてまた少し知識を頭にいれることができました。


お盆のため連勤の私。
IMG_0029.jpg
今朝は仕事に使用している鞄に乗って全く動かなくしってしまいました。
朝ごはんを入れてもびくともしません。
きっと私の愛に飢えているんだと思います。
私が忙しくなると大量のゲロをしたり何かしらでアピールしてきます。

そんなデブで発達障害でセンター分けの中年おっさんです。
IMG_9820.jpg
例え周囲からはキチガイと言われても私は彼のことがとても大好きです。

PageTop

科学の祭典に出店

お盆前の一仕事が無事終わりました。

まず6日に由宇町で行われた「科学の祭典」というものに参加してきました。
少し前のブログにも書きましたね。
うちからはビーチコーミングを使用したレジン体験というものをやってみました。
初めての試みです。
練習の成果はでるのでしょうか。
IMG_9952.jpg
妹に作成方法なども作ってもらっていました。


本来の意図は「海には自然物だけではなく人間が出した自然にかえらないものもあります。
人工物は自然環境に悪影響を及ぼすこともあります。漂着物を調べることで人間の活動が自然環境に与える影響に気づくことが出来ます。」です。
このことを踏まえてレジン体験をしてほしかったんです。

当日は開会式が終わり次第スタートしたのですが、すでに沢山の方が我々のブースにいました。
IMG_9966.jpg
(これは別のブース)

もう前を見る暇もないくらいあわただしかったです。
本来15時までの予定でしたが昼過ぎには材料がなくなってしまいました。
初めてだったので少し慎重に準備した所もありましたが、とてもありがたいです。

今回このような機会を作ってくれた主催者や声をかけていただいたミクロ生物館の皆様、ありがとうございました。
私の経験値がまたあがりました。

さらに最初はUさんと一緒でしたが、本業の為Uさんは途中で水族館に戻りました。
なので片付けが私一人でした。そんな時周りの出展者が一緒に片付けを手伝ってくれました。
本当にありがとうございます。
人の優しさを感じました。

そしてもう1つ。
少し長くなったので次にわけて書こうと思います。



暑いわりに私の横を離れないいりこ。
IMG_9870.jpg
この腕枕をすると汗で私の腕は毛だらけ、べたべたになります。



PageTop

誰でしょうか?

お盆がスタートしました。
IMG_0005.jpg
キャンプ場もボチボチ。

昨日は地元の小さなお祭り。
IMG_0024.jpg
打ち上げ場所まで見える近距離で花火があがります。

毎日暑くて私はとても苦しいです。
実家の東北は22℃とかだそうです。
とても羨ましいです。
というより悔しいです。

本題。
10日の朝6時集合。
待ち合わせ場所はいつもの海で。

7センチくらい。
ぬるぬるしよる。
口がでかい。
黒い点がある。
黄色っぽいような。
トラハゼ(トラギス)系。

だれか分かりますか?
地元の方から連絡がありそんな魚を頂けることになりました。

私はすぐに分かりました。

「ニラミアマダイ」という魚です。
とってもシャイで貝殻や石などを周りに集めてマイハウスを作る生き物です。
エサをあげても気に入らないと口に含んでいたのをわざわざ吐き出します。
IMG_0004.jpg
とても可愛くて私のタイプです。

ちょうど数週間前に別の漁師さんからもいただいてすでに1個体展示していました。

今回の個体は釣りで釣れたそうです。
なので若干口が変形してしまっていましたが、呼吸も落ち着いていたので、水温を合わせその日のうちに展示しました。

そして昨日・・・
朝は元気だったのに気づいたら裏返って呼吸もほとんどしていませんでした。
せっかくいただいたのに・・・

とても残念です。

今展示していた子に仲間が出来たと思っていましたが、またしばらくは寂しい思いをさせてしまいます。
また釣ってきてくれると言っていたのでそれまで1匹だけで頑張ってもらおうと思います。


久しぶりのホタコ。
IMG_9975.jpg
よくこのポーズで寝ています。
しっぽが自慢です。




PageTop