FC2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

オコゼとクラゲのセット

この前、島の一大イベント「ロードレース」が行われました。
2222名のエントリーがあったそうです。

島内のメイン道路が半日ほど通行止めになります。

毎年仕事だったので見に行くことも通りかかることもできずどんなものか知りませんでした。

が、今回たまたまなにもない休日だったので陸奥子さんと散歩がてら見に行ってみました。
IMG_1862.jpg
ひっきりなしに人が走ってるんです。
先頭グループの走りは私の全力疾走より速いです。

後方グループの速度はそこまで速くなかったです。
「もしかしたら私でも参加できるんじゃない?」
と勘違いするくらいでした。

私だって陸奥子の散歩の時たまに走るし。
IMG_1803_20190206111037b2f.jpg
でも走行距離を聞いて歩くのすら無理だわと思ってしまいました。
10キロとか走るらしいです。

地域の人たちがみんなで応援してました。


本題。
前漁師さんからオニオコゼを頂きました。
IMG_1638.jpg
体にポリプがたくさんついてたんです。なのであえて頂きました。
ありがとうございます。
これって体がかゆくなったりしないんですかね?

でもしばらくしたら見事に脱皮しました。
オコゼって結構脱皮するんですよ。
人間みたいにペロンって。
そしてそのポリプは皮に便乗していきました。

ついでに脱皮とポリプのセットをなんとなく飼育することにしました。
飼育と言っても海水に浸しとくだけ。
IMG_1893_201902101020239ac.jpg

そしたらそしたら、なんと
IMG_1903.jpg
そのポリプからクラゲが出てきました。
しかもメチャクチャ小さいクラゲ。
多分1ミリくらい。
50歳以上の人にはみえない幻のクラゲです。
多分そんなに長生きする種ではないのでこの世に存在してても気づかれないことが多々ありそうなクラゲ。
若干いじけてるのもありますが顕微鏡で見ても形態が分かりにくいくらミニマム。
IMG_1904.jpg
何枚写真撮っても分かりませんね。

論文を見てみるとヒメオコゼというのにコツブクラゲ属のポリプが付着するそうな。
写真を見比べも同じかなぁと。
まだ完全復活状態ではないのでもっと調べる必要はありますが。


そんなことってあるんですね。
訳も分からないポリプをとりあえずとっといたら突然クラゲがでてくる。

生き物の不思議ポイントがつまっています。

状態や寿命、そもそもお客さんの目で見えるかどうかの「展示映え」を考えると表舞台にでるのは難しいかもしれませんが、
それでも誰かに見てほしくて書かせてもらいました。




カバンの中で遊ぶホタコに珍しく嫌がらせをするいりこ
IMG_1549.jpg
中からホタコの悲鳴が聞こえました。
本当につぶれてしまうかと思いました。

PageTop

久しぶりのJK登場

今日はいりこの父上「会長」の命日です。
偶然にも死ぬ間際に出会ってしまったので骨を焼いてもらいました。
IMG_1918_201902092307310ec.jpg

この時期は寒かっただろうからこれからは快適な場所で休んでください、と私の小さな優しさです。
この世にいりこを発生させ私に子育てを譲ってくれたとっても大きな借りがあるので。
IMG_1921.jpg

また、当時会長が好き?だったあんことバターの入ったパンを添えてみました。
本来は野良ネコに餌を与えるのはNGなのでたまにこっそり自分の食べていたパンをおすそ分けしたことがありました。
当時のパンとは違うけどおいしく食べたでしょうか?
分からないけどその後私はおいしくいただきました。
今の実家近くにはアンバターパンが有名なパン屋があります。昔住んでいた高知には帽子パンというのがあります。
初めて買ったけど両方の良いところを持ったパンでした。
うん、満足。

本題。
今日は広島のJKが久しぶりに来てくれました。
気づけば彼女たちも高校3年生。
受験も終え進路も無事決まったらしく毎度のこと電車とバスではるばる来てくれました。
出会った頃はまだ一年生だったかな?
彼女たちのフレッシュさは変わってませんが私のシワと体重がかなり増加したと思います。

この地域ではあまり見ない存在なので受付のおじさんスタッフが「JKってやっぱ肌が違うのぅ!」と言ってました。
30代のおばさんの前で。

確か彼女たちは一昨年の12月末に来てくれたのかな?
約1年ぶりでした。

いろいろと話したいことはありましたが、到着してさっそくいつもの海へ歩いて向かいました。

恒例のクラゲ採集です。
IMG_1925.jpg
ここはフサウミコップが湧いていましたが、突然の雨に出くわせてしまったので1時間ほどで退散しました。

一度水族館に戻りネットで雨雲レーダーを見たらここだけ雨だったのでせっかくなので違う地区でクラゲのメッカ沖家室にも行ってみました。
IMG_1926_20190209230735951.jpg
ここはチョウクラゲが沢山いました。
その他にもイトマキコモチクラゲ、オベリア、フサウミコップ、ミサキコモチエダクダクラゲ、カラカサクラゲ、カブトクラゲ、カタアシクラゲモドキだったっけかな、がとれました。

すくったら勝手に入るくらいのクラゲに生徒さんたちも楽しんでくれたみたいです。

戻ってからも作業をしてもらいます。
実はうちの解説文ってわりと好評をいただいております。
もちろん楽しんでもらえるように我々も書いておりますが、それだけではないんです。
アルバイトの若い女の子や職場体験に来てくれた先生や中高生、さらにはよく来てくれる小学生などにも書いてもらってます。
いろんな視野からいろんなテイスト個性があるから楽しんでもらえるんだと思っています。
もちろんその中に今回JKも入っています。

採集からの解説文作成です。
IMG_1933_201902092308392e1.jpg
これがまた絵が上手で速いんですよ。
鉛筆で下書きもせずにあっという間に完成させてくれます。

ちなみに私は絵が下手な割に時間がかかるので伊勢エビのイラストを描いただけで2時間くらいかかりました。

私が片付けもろもろをしているうちに解説文を書いてくれたのでその後は採集生物を展示するためソーティングです。
何種類ものクラゲが入ったバケツからとりあえず展示用のチョウクラゲとアカクラゲの餌用のフサウミコップを抜き出してもらいます。
IMG_1934.jpg

それからの展示水槽に移動作業。
IMG_1935.jpg


お昼に来てくれてからこの時すでに17時過ぎてました。
18時18分の電車で帰らなければならなかったのでこれで終了しました。

といっても水族館の仕事である、採集、解説、展示全てを半日で行ってくれました。

こうして無事電車にも間に合い広島に帰って行きました。
IMG_1936.jpg

彼女たちの中には海洋系に進んだ子もいます。
元々は科学部の授業として私の出前授業に参加してくれた所からの出会いでした。
しかもその授業の前に私のブログを生徒さんが見てくれてなぎさに興味をもってくれたそうです。
嘘みたいな話じゃないですか。
さらにその授業って当時ほぼ初めての一人出前授業で何したらよいのか前も後ろも分からず消えてしまいたいくらい不安だった内容です。
それなのに授業後目をキラキラさせていろんな質問をして来てくれたのがJKたちでした。

そんなJKたちがついに高校を卒業し大学へ進学します。
今は浮かれて遊びたい時期なのにわざわざここまで来てくれました。
私たち飼育員からするととっても光栄なことです。
また卒業して進学で県外や家を出る前に来てくれるということなので最後ではないと思いますが、それがまた光栄な話です。

今日は寒い上に雨も降った中来てくれてありがとう。
割とお嬢様学校なんですよね。
風邪をひいたりなんてしたらご家族になんて言われるやら。

風邪をひかないように気を付けてください。

そしてまた来てください!


この前久しぶりにハーネスを付けて散歩しようとしたら歩いて10歩くらいで止まった陸奥子。
IMG_1914_20190209230729eae.jpg
ハーネス嫌いなんですよね。
まるで死んだ飼い主を健気に待つ忠犬のようです。
飼い主生きてますよ!


PageTop

最近のクラゲ情報

先日の節分。
この島では節分の夜に地域の子供たちが「年の世の豆をもらいにきました」と各家庭にお菓子をもらいに来る風習があります。
まるでアメリカのハロウィンです。

我が家も事前にお菓子を買って準備してました。
実はちょっと食べてしまい節分当日の休みの日に急いで買いに行きました。
IMG_1870.jpg
こんな感じです。
ついでに豆も買いました。

夜になると雨が降る中、この地域では野良猫やイノシシよりも数が少ない、絶滅に近いちびっ子たちが来てくれました。

そして寝る前には豆まきをせねば。
毎年近所をみても豆が落ちていないので我が家だけだと少し恥ずかしいから出来る限り遠くに飛ばして朝には知らない顔をしています。

しかし、なんと!!
今年は・・・

2月4日の朝起きて机を見てたまげました。
IMG_1871.jpg
豆まき忘れてる・・・
なんということか・・・

しかたないので4日の夜こっそり小さな声でまきました。

本題。
ここ数カ月の間、いつもいるはずのクラゲが消えました。

ついに瀬戸内海の海も終わってしまうのか・・・と勝手に思っていました。

しかし、ここ数日ようやくいつもの調子が戻ってきました。

今日は9種類のクラゲを見つけ、さっそくすでに展示している水槽へ追加しました。

小さくて地味だけどよく見たら発光してるようにもみえるイトマキコモチクラゲと
IMG_1888.jpg
(写真見にくくてすみません)

カミクラゲです。
IMG_1881.jpg
カミクラゲは本当に数年ぶりの展示です。飼育員二人ともこのクラゲを結構押してます。
なぜなら比較的丈夫な上キレイということ。
見栄えもよし。
さらに日本各地で採集されているカミクラゲですが、このサイズは結構小さいのです。
東北にいた時は10センチくらいのが普通にいました。
ここにいるのは5センチくらいで一丁前。
2センチくらいのかわいいサイズもいるんです。

出現時期が本当に限られていてチャンスを逃したら存在すらなかったことになります。

数週間前はかろうじて生きてくれているカラカサクラゲを数個体展示するのがやっとでしたが、現在はイトマキコモチクラゲとカミクラゲ以外にアカクラゲの未成熟個体を展示しています。
さらに水槽の空きがあればチョウクラゲやその他のクラゲも展示したいと考えています。

この頃、断水のおかげなのか周防大島町自体の知名度も上がり、ツアーで来てくれているバスも多いです。

島外から来てくれた皆様に少しでも満足してもらえるような展示をしたいです。



ホタコはうちのかわいいいりこちゃんをモノのように扱います。
IMG_1806.jpg
この時もいりこの上にドスンと乗っかり満足そうな顔です。
でも私が強引に「半分つで寝なさい」といって詰め込んだらすごい不満そうな顔をしていました。
IMG_1808_201902061003425ee.jpg
でも実際の所、おっさんいりこはお嬢さんに相手してもらってまんざらでもないようです。

PageTop

豊潮丸航海の旅

船の旅に行ってきました。
気づけば一週間経ってました。

無事生還致しました。

4日間の短い旅でした。

朝まだ暗い時に出発し
IMG_1706_20190202143226496.jpg
(なぜだかモザイク)

集合場所の呉港へ。

到着したらすぐに出航しました。
目指せ大分の佐伯港です。
IMG_1707.jpg
この時期に波が高いのは知っていましたが、私のキャパを大きく超えるくらいの揺れでした。
数時間後には早速サンプリングがありましたが、あまりの波で移動し予定より1時間以上遅いスタートになりました。

その日の調査はそれだけだったので、採集した生物の記録をとったりして一日終えました。

人生でほぼ初めてなくらいの船酔いをした私は人生で初めてくらい夕食を食べる気力がなかったです。
そんなに船に乗ったこともないですが。
そして錨泊したらあっという間に回復しました。

二日目は朝から移動し高知の宿毛目指して突き進みました。

相変わらず移動中の波はすごいです。
室内にいても作業ができないくらい揺れるし酔いやすくなるので外に出ましたが、船外にも大きな波が入ってきて全身ビチャビチャになりました。
でも私は前夜睡眠をばっちりとったので今回は酔い知らず。
とはいえ周りの学生さんたちは白い顔でみんな部屋にこもってしまったのでただ退屈でした。

ようやくサンプリングポイントに到着したら
IMG_1716.jpg
一気に作業開始です。
というより新人の私は大きな体がいかに邪魔にならないかに必死でした。

この日は昼過ぎにポイントについてその後はまっすぐ停泊予定の宿毛港に向かいました。
IMG_1726_20190202144031448.jpg
4時前に到着してその日は唯一丘に上がれる日です。
みんなで夕飯を食べて、スーパーで甘いものを各自購入し、
IMG_1728.jpg 
(高知にいたとき結構食べていて懐かしかったのでついつい買ってしまいました)

19時から集魚灯スタートです。
IMG_1731.jpg
内心私はこれがメインです。

高知で集魚灯採集なんてマニアからしたら憧れでしかないです。

ワクワクしながら時間を確認する暇もないくらいひたすら海を眺めます。
しばらくしたら透明の稚魚が湧いてくるように集魚灯の周りを旋回してきました。
P1220010.jpg
全く写真には写っていいませんが。
見てるだけで興奮します。
そしてそれを食べにくるアジか何かの魚。
集魚灯という狭い世界で食物連鎖が出来ている!
ずっと眺めていても退屈しない光景です。

おっと、これは収穫にはならないのでちゃんと水族館の仲間になれる生き物も採集せねば。
時折現れる少し大きめの稚魚やカニの幼生などを採集しました。

夜間採集ってあっという間に時間が過ぎてしまいます。
4時間ほどでしたがすぐに終わってしまいました。

そして三日目!
この日は今までにないくらい静かな波。
天気も完璧。
IMG_1737_20190202145826ddb.jpg

朝宿毛を出発し夜は我が周防大島の安下庄沖に錨泊です。
本当は二か所でサンプリング予定でしたが変更して全ての工程を一か所で行いました。
IMG_1708_20190202143229f94.jpg
底曳きみたいに、海底の砂や砂利を曳いて底生生物を採集します。

IMG_1714.jpg
そこからソーティングというやつをします。
曳いた大量の泥の中から生き物を探しだします。
宝探しみたいで私は好きですが、結構地道で地味な作業です。

私はあまり詳しくないのですが研究している先生いわく、作業が大変な割にさほど生き物は取れなかったそうです。
なんだか自分一人だけホクホクしながら楽しんでいたようです。

ソーティングした生き物は
P1210002.jpg
こんな感じでまとめます。

そして
P1210005.jpg
各自研究している生き物を分け分けします。
ソーティング以降は移動中や夜錨泊中に行います。
後ろの学生さんは船酔いで夜まで顔が青くなっていました。

サンプリングが終わると再び移動になります。

途中潮の流れだか何かで数時間ストップし何もない海上でプカプカタイムもありました。
P1230016.jpg
船員さんはみんな釣りタイム。

学生さんも
P1230018.jpg
みんなでタイやサバフグ、ほうぼうにカミナリイカなどが釣れていました。

数時間待機中の際、こんなにものどかなのになぜプカプカタイムなのか不思議でした。
しかしその後暗くなるにつれ波が高くなり船内も歩けないくらい揺れていました。

安下庄沖に20時予定でしたが実際は21時30分すぎていました。
そこから私は再び集魚灯で採集タイムです。
0時終了なので時間はあまりありません。
P1230030.jpg
(向こうに見えるのが我が大島の安下庄です)
光が海に落とされたとたん私は冷静を装いならが内心期待と興奮を抑えるのに必死状態です。
周りはまだ20歳前後の学生さんばかりなのであまり浮かれてはいけませんから。
大人のお手本を見せなくては。

ここでも稚魚が多かったです。
私は寒くて鼻水が垂れていることすら気づかないくらい楽しんでましたが、気づけば学生さんは誰もいなくなってました。
あっという間に0時になって終了しました。

もう残り時間は最終日の帰る日しかありません。
P1240005.jpg
帰り道には遠くになぎさ水族館が見えるんです。

本当にあっという間の航海でした。

もっと海も見たかったし、採集もしたかったし、調査もしたかったですが移動を含む4日間はすぐ来てしまいました。
帰りも生き物がいるので一直線に帰りました。
職場にお土産すらかってないです。

移動中は揺れがひどすぎてもろもろ作業ができなかったのが想定外でしたが、個人的には楽しい旅になりました。
楽しい旅と表現したら遊びのように思えますね。
しっかり採集し勉強してきました。
カニカニカニ・・・
稚魚、稚魚、稚魚・・・

採集した生物を写真に撮って拡大したり図鑑とネットで見比べたり頑張っております。

4日間を長々と書かせてもらいました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

そして今回この乗船を誘ってくださった広島大学の先生、一緒に参加させてくれた学生の皆様、ありがとうございました。



IMG_1812_20190202111830285.jpg
IMG_1783.jpg
お留守番組。
陸奥子さんは避妊手術をして現在エリザベス女王状態です。

PageTop

最近の過ごし方。

Uさんが都会に行きました。

しばらくいないので私は犬猫のお世話に励んでいます。

朝起きて
IMG_1636.jpg
まだお眠の猫に朝食を。
脳は寝ていますが食べます。

そのまま陸奥子さんの散歩
IMG_1588.jpg
この時期まだ暗いんですよね。
朝はあまり時間がないので30分ほどしか行きません。

家に戻ると自分の朝食を。

身支度したら急いで水族館へ。


仕事から帰るとまず猫の夕飯を。
その他にもゲロ(犯人=いりこ)やうんこ(犯人=ホタコ)さらに餌入れのカンカンを開けツブツブの袋を盗みボロボロに破ったやつ(犯人=いりことホタコの共同作業)が床に落ちていたりするのでそれのお片付けもします。

一段落したら動くのが嫌になるのでそのまま陸奥子さんのお散歩へ。
IMG_1576.jpg
すでに暗くなってしまってるのがネックですがお留守番で寂しい思いをさせているので1時間たっぷり歩きます。
走ったりもします。私の運動不足、太りすぎの少しでものたしに。

帰ればようやく自分のことをします。
でも最近インフルエンザが流行りだしたので夜更かしが禁物。
10時くらいには就寝します。

Uさんがいない5日間はずっとこの生活になると思います。


水族館の方は今の所大きなトラブルもないので

水槽磨きやたまるにたまった書類をしています。

海水がだいぶ冷たくなってきたこの時期はサンゴが絶好調です。
IMG_1615.jpg
IMG_1539.jpg
アワサンゴやヤギの仲間もきれいに咲いてくれてます。

書類は見積書だったり公文書だったり問い合わせだったり・・・
日本語が苦手な私がやるととっても時間がかかります。

いつもそうなんですがこの仕事をしていると一日があっという間に終わります。
逆にやり終えれなかったことも多くて後回し後回しとなり結局仕事ができない人になっています。

そんな私は来週から広島大学の調査船「豊潮丸」に乗せてもらいます。
瀬戸内海を横断し、生物を採集してきます。
あ、一応研究みたいなこともやろうという気持ちはありますよ。

普段見れない生き物にもたくさん出会ってきたいと思います。
とは言え海の生き物に詳しくない私は同定できるかどうかすら問題なのですが。

今日少し準備をしてたんですが、新しいものを自慢させていただきます。
IMG_1618.jpg
ヘッドライトです。
本来はもっと前から必要だったのですが今回ようやく購入しました。
いつもの同期T君に相談しておすすめのものをそのまま購入しました。
これがあれば夜間採集、顕微鏡観察、クラゲの撮影、サンプリング、釣り、陸奥子の散歩・・・
なんでもできちゃいます。

さっそく今日の陸奥子さんのお散歩にも使おうと思っていますが一応本番の豊潮丸に向けてとっても楽しみです。

あと厄払いにも行ってきました。
これでわたしはすっきりした気持ちで一年を過ごすことが出来ます。
なんとなく航海前にやっときたかったんですよ。

ぼさぼさの髪の毛も切ったし眼科にも行ったし、厄払いもしたし、最新の道具も入手したし。
あとは風邪もひかず無事船に乗り、いろんな生き物を採集するのみです。

また乗船のこともここで書かせてもらいますので是非嫌な顔せず見てください。



IMG_1555.jpg

PageTop