なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

ちょっと早めの七夕

先日山形県にある加茂水族館さんより美しく華麗なクラゲをいただきました。

あのクラゲ世界一の水族館からですよ!

このミニマム水族館にですよ!

山形って本州の中でも上にあってこことほぼ真反対にあるところからですよ!

届くまでに2日間かかるんですよ!

そんなすごいこのは
IMG_3129.jpg
「ハナガサクラゲ」です。
(写真がひどすぎー)

ちなみに以前も送っていただいてます。

ありがとうございます。

ハナガサクラゲはクラゲの中でも最も美しいといわれています。

体にピンクや光っているような黄緑色、そしてシックな黒。
IMG_3133.jpg
(水槽から出しても写真ひどすぎー)

こんな統一感のない色を身に着けるクラゲは他にいるのでしょうか。

地域によって若干の差はありますが、クラゲとは思えない姿です。

夜行性で昼間は海藻などにもたれ帰っているような状態でこれまた余裕を感じさせてくれます。

さらに毒はなかなかの強さでUさんのよう触れてほしくない相手には触強めの毒が発射されます。
今回もクラゲには触れてないものの、海水中に毒があったらしく全身チクチクになったそうです。
夜も眠れないくらいチクチクするそうです。

ちなみに本来は主に捕食用に毒針は使われます。
このハナガサクラゲ、見た目美しいのに実は肉食系で魚を捕まえて食べます。

そんなこんなのハナガサクラゲですが泳ぎの美しさからが「花笠」クラゲというそうです。
※ウィキペディア情報。

今回、花笠→夏→七夕ということで企画展示します。

うちでよその生き物を展示するこはなかなかないのでこの機会にぜひ。

送ってくれた大学の同期、加茂水族館の館長様、スタッフの皆様、ありがとうございました。
特に館長様はいつもなぎさを機にかけていただきありがとうございます。


ここ最近モドキがよく来ます。
IMG_3093.jpg

夕方、二階にある事務所から外をのぞいたら道路で横になっていたので死んでいるのかと思いました。
「モドキ!」と呼ぶとこっちを向きました。
しばらく眺めていたらモドキの後ろにある駐車場をものすごい勢いでキジが通過していきました。

お客さんが帰った夕方のなぎさにはいろんな生き物が出入りしているようです。

IMG_3087.jpg
この子もお客さんです。

PageTop

岩国環境フェスタに参加してきました

先日の土曜日、岩国市で行われた「環境フェスタ」というものに参加させてもらいました。

地元の企業さんや、岩国市の行政になるのかな?環境に関したものを出店します。

なぎさからはプランクトンである「アルテミア」、「ミズクラゲ」、「ウチワエビのフィロゾーマ幼生」を展示しました。

彼らのような生き物は人間とあまり関係がないようにも思えますが、食う、食われるのことや、どこかで密接した関係があると考えて展示させてもらいました。
444.jpg

他のブースではクラフト体験、紙で紙トンボ作り、オオサンショウオの展示など様々な体験ができたようです。

さらにグリーンカーテン用に苗をもらえたり、風呂敷やエコバックなどももらえたそうです。
私も欲しかったですがお仕事があったのでまじめに働きました。


初めての参加だったのでどんなものかもあまり分かりませんでしたが、開始前から入口に人がいて驚きました。

6時間ほどのイベントだったのですが500人以上の方が来られたそうです。

555.jpg
なぎさのブースも常時人がいて一安心しました。


今回声をかけてくださったミクロ生物館様、ありがとうございました。
なぎさは初めての参加でしたが、ミクロさんの隣のブースでやらせてもらいすごく安心しました。

また、全体打合せにも、前日準備にも、当日の片付けも参加しなくて本当に申し訳ありません。
主催の方、ミクロ生物館さん、来てくださった皆様、一緒に参加してくれた生き物たちと現場リーダー、ありがとうございました。
あと、前日にむりやりポスターを印刷してくださった方もありがとうございました。


次の日はUさんが山口のデパートである周南モールで移動タッチをしました。
今回は私が水族館で留守番をしなくてはならなかったので一人で行ってくれました。
朝5時30分集合、一人なので昼休憩もとれない状態で19時30分なぎさに帰宅。
軽トラに60リットルのタライを4つ乗せ、一人で抱えながら運んだそうです。

お疲れ様でした。
私は前日の岩国環境フェスタで疲れたので早々に帰宅しお先に酎ハイを飲んでました。

この2日間でまた私となぎさ水族館がレベルアップしました。
ピコン


5月28日はいりこと運命の出会い記念日でした。
IMG_2921.jpg
センター分けのデブは変わりませんがいりこも気づけば中年です。
でも近所のホタコやサケちゃんよりもずっと甘えん坊です。

今回は時間がなかったので小さなおもちゃをプレゼントしました。
IMG_2919.jpg
けっこう気に入ってくれてよかったです。

その後若者たちにとられて寂しそうだったけど。

勝気な女の子には弱いいりこです。

333.jpg
私のカバンで寝るほたこさんと

222.jpg
空の器の前で待機するサケちゃん。


※昨日アップしてしばらくは写真の添付がおかしくなっていました。
すみません。
修正して再度アップしました。

PageTop

飼育員の一日

先日の私の一日をご紹介したいと思います。
その日はUさんが休みだったので私の一人勤務でした。

まず朝9時開館なのでそれまでに開館作業を終わらします。

全ての水槽の残餌&フンとり、水槽の水替え、おさわりコーナーの掃除、水温室温確認、クラゲたちにご飯、タッチングプールの掃除…
開館前にはやることがたくさんあります。
スムーズにトラブルなく終わると大体2時間くらいです。

そしてその後からお昼休憩までがが私たちのフリータイムになります。
その日は9時30分頃からかな。

今回は最初に近くの海へ行きました。
お目当ては「カザリクラゲ」です。
IMG_2862.jpg
出現期間が短いのでチャンスが逃せません。
1時間ほどみっちり収穫してぼちぼち帰ろうかと思った時、漁師さんから電話が来ました。

「トーヘーいる?」
とのこと。
トーヘーとはクロアナゴのことです。
急いで水族館に帰ってタライを担いで漁師さんの所へ。
IMG_2861.jpg
タコなどもたくさんいただきました。
ありがとうございます。

酸欠にならないよう急いで戻り、水族館に到着したら今度は別の漁師さんがやってきてくれました。
「ナマコがおるよ。網にかかったやつでわざわざ網を切ってまでとった立派なナマコじゃけぇ大切にしてよ」
とのことでした。
「船に生かしとくから適当な時にきたらいい」
とのことだったのでとりあえず先にトーヘーたちの処置を行いました。

結局そこで午前の作業が終了しました。

午後はまず水族館のなかまたちのお食事タイムです。
とくに問題なく終わらし、ナマコをとりに行こうと思った時、水族館に電話が。
また別の漁師さんからでした。
「見たことないくらいきれいなアメフラシがおる」
とのこと。

ぜひぜひ。
そのままとりに行ってきました。
IMG_2870.jpg
彼です。
「うちのはもうダメじゃけどこんなきれいなウミウシはなかなかおらんで」
なんのことかと思ったらご自分の奥様のことと比較していたようです。
なんとも言えませんでしたが、少し白っぽいアメフラシを無事頂いたのでそのまま水族館に戻りました。

そしてようやく立派なナマコを取りに行くことにしました。
11.jpg
ナマコ以外にヤドカリなどもいただきました。
ありがとうございます。

水族館に戻ったら今度は沖家室に採集に行くことにしました。
たまたま大学の先生と連絡を取っていたら、「ユウレイクラゲのエフェラが欲しい」とのことでした。

まだ少し時期的に早いですが、相手は自然の生き物です。決まりはありません。
天気も良かったのでこれだったらいれば目で見つけられると思い、行ってきました。

片道30分なので往復1時間かかります。
クラゲ採集であまり本気をだすことがないのですが、今回ばかりは少し本気を出してみました。
普段なら出さなくても結構見つけてしまう才能があるので秘めているのですが、相手は小さい個体なのと、行って手ぶらで帰るのを避けたかったので「マジ」でやってきました。

結果は・・・
ユウレイクラゲのエフィラはとれませんでしたが、「ニホンベニクラゲ」を採取することができました。
ユウレイのエフェラはまたのリベンジにします。

そうこうしているうちに水族館に戻ったらすでに5時になっていました。
定時で終わるならばこの時間です。
終わることなんてないけど。。

急いで閉館作業にとりかかりました。
開館作業同様、水槽の水替え、網、などなど。。

ふぅ。。。

こうやって私の一日が終わりました。
地味に頂いた生物を運ぶ作業などで体力が消耗するんですよね。
70リットルの海水が入るタライに半分くらい水が入って生き物も入ったものを一人で運ぶ時はそれだけで一日働いた気になります。

でもこんなに生き物を頂けるなんでとても幸せなことです。

うちにいる生き物たちはみんないただいたり、自分たちで採取してきたものです。

なぎさに提供してくださった漁師さんもそれぞれ思入れがあります。
いらないからくれる、珍しいからくれる、大島のことをもっと知ってほしいからくれる、いろいろな思いでうちに来てくれます。

たまにお客さんでタッチのなかまたちを投げたり、水から無理やり出したりする方がいます。

生き物のことに興味関心を持ってもらいたいけど、命の大切さも気づいてほしい、と思ったこの頃でした。


外作業が多かった私の一人出勤の一日でした。

生き物を下さった皆様、ありがとうございました。



いりこが借り物のゆりかごを気に入って一緒に寝てくれないので名案を思い付きました。
ゆりかごを隠したらいいんだ。
IMG_2872.jpg
これよこれ。
私の隣で二匹。
大満足です。

PageTop

この頃のクラゲ

近況!

事務所にエアコンが付きました。
IMG_2851.jpg

見た目は普通だけど塩害対策バッチリ、力もバッチリ最強のエアコンです。
IMG_2701.jpg
一度試してみましたが、すぐに涼しくなってくれました。

これで暑がりの私も夏を乗り切れることでしょう。
ありがとうございます。


本題。
この頃待ちに待っていたクラゲが出てきました。
DSC_8091.jpg
カザリクラゲです。

これは以前Uさんが撮ってくれたきれいな写真です。

現実はこんな状態。
IMG_2862.jpg
今年は結構たくさん出てきてくれました。

このクラゲ巷では人気なんですよ。
速攻大学の先生に連絡して送りました。
さらに山形県にあるクラゲが有名な水族館に送りました。

また沢山とろうと思った矢先に雨が降り出会いあれば別れありになってしまいましたが、また晴れたら見に行きたいと思います。


かれこれ1カ月以上うちにいるサケちゃん。
IMG_2709.jpg

最初の3日間くらいはずっと唸りながらウロチョロして落ち着きがありませんでした。
しかも本来食欲旺盛と聞いていたのに丸一日何も食べてくれませんでした。
夜も一時間おきくらいに不安そうな鳴き声を出してその度に私も起きてナデナデしながら寝かせてました。

そんな彼女でしたが、今は
IMG_2866.jpg
私の布団独占。
しっぽも足も短いのが強調されてますね。

たくましい子でよかったです。
きっと本当の飼い主さんもこの状況をみて安心するでしょう。。

PageTop

島へやってきた人

無事GWが終わりました。
来てくれたたくさんのお客様、ありがとうございます。
頑張ってくれたタッチの仲間たち、ありがとう。
癒しをくれた水槽の仲間たち、ありがとう。

そして今度は昨日ですが母の日だったようです。
皆様、お母さん、お義母さんに感謝の気持ちなどなどをお伝えしましたか?

年齢を重ねるとあとどのくらい会えるかとも限られているので少しのタイミングが貴重な時間になるのかもしれません。
島から離れた北国にいる私の母も今は元気だけど、もともと膝が悪い上に体重増加によりさらに悪化し、体には突然ブツブツができたりと健康体とはいえない状態らしいです。

おばさんが全身ボリボリかいてる光景ってやですよね。

そんな母が先日久しぶりに島に来ました。

ただ、日頃の行いなのか滞在期間ほとんどが雨でした。

島では少しだけど近所を歩いたり、食材を買ってもらったりしました。

オジロアシナガゾウムシというゾウムシ君がたくさんいるのを発見しました。
写真がないのでイラストで。
IMG_2673.jpg
こんな感じの白黒の生き物です。


帰る日は宮島にも行ってきました。
F0437B1C-.jpg
人混み嫌いの母は60歳超えているのに宮島ですら初めてだったようです。
観光地観光地してること久しぶりだわ、と言っていました。

水族館にも行きました。
IMG_2571.jpg
なんか斬新な展示してました。
IMG_2577.jpg

思ったより長居してしまって帰りの飛行機に乗り遅れました。
というより私の時間配分が間違っていて乗り遅れました。

次の便に乗せてもらって無事関東には戻れたようです。

よかったよかった。


その後母が帰ったあと、Uさんとのやりとりです。

私:「うち今豚肉あるんですよ」
冷凍庫から豚肉のタッパーを取り出して自慢する私。
Uさん:「マジで!あのトレイにちゃんと並んでるやつか!?めっちゃ高級じゃん」
私:「ふふん、そうなんです、細切れとかじゃないですよ」
Uさん:「すげーな!」
私:「当たり前じゃないですか。本当は牛肉買ってくれるって言ってたけどおいしそうだった豚にしました」
Uさん:「お前んちすげーな!」
私:「まぁすごいのは私ではなくて買ってくれた母と稼いでくれた父ですがね。さ・ら・に卵もLLサイズですから。産直で売ってる15個くらい入って420円ですよ。10個140円とかじゃないですから」

もう私の鼻の穴は全開で超得意気です。

Uさん:「すげーな!俺にもわけてよ」
私:「ん~どうしよっかなぁ。でも嫌ですね」

その後このやり取りを母にメールで連絡しました。
「母が買ってくれたやつ自慢したらちょーうらやましがってたよ」

そしたら母から
「あまりに自慢のレベルが低くて親として泣けてくる」
と返信が来ました。

あれ?そんなもんなん??
こんな感じで今我が家には高級肉と巨大卵がありホクホクしています。

久しぶりに母の手作りご飯を食べました。
仕事から帰って家に近づくと我が家からいい匂いがするんです。
実家に住んでいた10代のころを思い出しました。
家に帰ると作り立てのご飯が机に何品もあるんです。
なんて幸せなのでしょう。

ただ、これが親孝行かと思ったけど、私は何もしてなくて母がいろいろとやってくれていました。
私だけが得していましたね。
まぁ、良いとしましょう。

皆様は何かしましたか?
私も離れている分会う回数は少ないので出来ることをしたいと思いました。
「母の日」自体ほとんど覚えていなかったけど。



野良出身のいりこには両親共々すでにいません。
IMG_2635.jpg

だからいりこにとっては私が母親です。
IMG_2663.jpg
使用人にしか思ってないだろうけど。



PageTop