fc2ブログ

なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

臨時休館の過ごし方

急な体重増加で屈むのが辛い、動くとしんどい、そして運動しようと思ってちょっといつもより多めに足を動かしたら痛める。
代謝が悪いのかもしれないと思ってお風呂でマッサージしたら痣が出来る。
なんでそんなことになったのか不思議で仕方ないこの頃です。

本題。
最近毎週水曜日が臨時休館となっています。
島内の施設は水曜日定休が多いのでなぎさ&陸奥記念館も追々水曜日が定休日になるんじゃないかと思います。
まだ分からないですが。

今まで年末年始しか定休日がなかったのでタッチの生き物たちにも少し体を休める時間ができたらうれしいです。

そんな水曜日は何してるかと言いますと、何もなければ水槽を磨いたりします。
営業日もやりますがせっかくお客さんが来てくれたのにただでさえ少ない水槽を何個も海水減らして磨いて魚たちが隅っこに隠れている状態を見てもらうより休みの日にがっつりやれた方が安心して作業ができます。

入口の水槽も
IMG_4534.jpg
こんな感じで海水を入れ替えながら行います。

採集も行きやすくなりました。
IMG_4279.jpg
でも最近海の生き物が少ない気がします。
クラゲはもちろん以前は今の時期になると流れ藻に混じって稚魚やヨウジウオ、アミメハギ、この時期はホウボウの子どもなどなど海に行く度に見つけてた気がするけどこの頃はほとんど見なくなりました。
簡単に温暖化温暖化となんにでも温暖化のせいにしてますが実際温暖化の影響からの変化が増えているのを実感します。

行って何もいないとめちゃくちゃテンション下がるし私はこの時間何をしたのだろうか。。。と思ってしまいますが少しの変化にも気づけて対応できるよう一応は定期的に海へ向かおうと思います。
これも大事な基礎データや!と言い聞かせてます。

そんなこと思いつつもやはり確実なものに出会いたい願望も出てきます。
先週の水曜日は島を抜け出して再びカミクラゲをとりに行っちゃいました。
先月のカミクラゲ、シミコクラゲ、ミズクラゲのエフィラがウジャウジャだった楽しい記憶が忘れられなくて我慢できなくなりました。
そして目的地について海を眺めると・・・
おやおや?そんなはずじゃないぞ?カミクラゲが全くいない…
あんだけいたのに?
まさかここまで来て手ぶらで島に戻るのはさすがにまずいぞ?ほぼ一日ドライブで終えるのはやばい・・・

焦って海をよく見たらシミコクラゲとミズクラゲのエフィラはそこそこいました。
10分ほど採集してもう少し先にあるポイントに移動することにしました。
本当は近い方で採集してさっさと帰りたかったけど結局カミクラゲは2個体しかみつけられなかったので別のポイントに向かいました。

この場所でもいなかったらどうしようかと内心ドキドキしていましたが、いざ到着し海を見たら
IMG_4634_2024021510484632a.jpg
分かりにくいけど分かりますか?
カミクラゲがいてくれました。
めちゃくちゃホッとしました。

まだ結構いましたが
IMG_4636.jpg
こんだけいればうちの水槽だと充分なのでこれくらい持ち帰りました。
その他シミコクラゲは沸いてるってくらいいました。

本当はドフラインクラゲやサルシアなんていないかしらなんて欲を持ってましたが影すらなかったです。

そこそこ満足して帰りました。

こんな感じで結構充実した臨時休館を過ごさせていただいてます。

今月頭にはUさんがマンガン漕ぎにも乗せてもらってました。
乗せてもらった日は営業日でしたがいただいた生き物たちのその後の対応なども臨時休館があれば大分やりやすかったです。
ちなみにマンガン漕ぎの漁は本来なら海底を大きいクワみたいなので曳いていくものなので貝類などをとります。
それ以外にもカニやシャコ、ヒトデ、フジナマコなどもとれるので漁師さんが出荷しない生き物たちを分けてもらいます。
その日はヒトデやフジナマコはほとんどとれずに、確か去年はヒトデを大量にいただいたのに今回は1個体もいなかったそうです。
デビラやデンビラと呼んでいるけど本名は「タマガンゾウビラメ」が大量でした。
デビラは食用として沢山いただきました。
IMG_4540.jpg
受付スタッフ、お世話になっているご近所さんたちにおすそ分けしました。
配っている道中イノシシとぶつかって翌日車を確認したら
IMG_4549.jpg
タイヤの部分に一本の毛が挟まっていました。
道路にも転がっているのは確認してないので私の車とお互い大きな被害はなかったようです。

この時期はお客さんが夏に比べて少ないのでフィールドに出やすいですが今後春過ぎて暖かくなってきたらまた休館の作業が変わってくるかもしれませんが無駄にならないような休館日にしていきたいです。


居候ホタコはストーブが大好きです。
ケチな私は仕事から帰ってお風呂に入るまでストーブをつけないルールを作ってます。
「せっかく起きてきたのにストーブついてないんですけど!」と圧をかけてきます。
IMG_4665.jpg

いりこは私の視界に入って圧をかけてきます。
IMG_4663.jpg

その後ストーブをつけると必ずホタコがストーブに近い方に場所獲ります。
IMG_4600.jpg
それにしても居候なのに強引です。

PageTop

採集

新年になってもう20日以上も過ぎてしまいました。
この前太りすぎと乾燥なのか肩と横腹に肉割れができました。

さらに足の太ももの付け根というのでしょうか、股下というのでしょうか、がとてもかゆくなりました。
これも乾燥かと思いそおっとボディクリームを塗ってあげました。
それなのに全然よくならなくて改めて見てみたら太もも全体が真っ赤なブツブツになってました。
もしかして乾燥ではなく何かにかぶれたのか?
慌ててムヒを塗ってあげました。

と思ってたらこんな生き物が部屋にいました。
IMG_4232.jpg
ツチハンミョウ。

今年はお肌を労わってあげる1年にしようと思います。

本題。
先日母と初詣に行った際に近くで寄った海にカミクラゲがいました。
その日は採集道具を持参していなかったので後日改めて出動しました。
IMG_4294.jpg
旅のお供を誘って。
この日は半日仕事して午後休みをもらいました。
なので陸奥子も一緒に行きました。

片道3時間。
目的地に着いて海を覗くともちろん沢山いました。
早速採集開始です。

IMG_4297_20240125170709f61.jpg
カミクラゲは目を凝らさなくても簡単に見つけられます。
1時間くらいでバケツ3個分採集できました。

その他にシミコクラゲといってクラゲから小さいクラゲが出てくるヤツも結構とれました。
IMG_4445_202401251708202d0.jpg
分かりにくいですね。
あとなんとなんとミズクラゲのエフィラが沢山いました。
島だと野生の目視で見つけられるミズクラゲのエフィラってほとんどいません。
1年で2回くらい出会えればいいほうです。
普段飼育しているのはみななぎさで繁殖させて生まれさせた完全人工飼育の子たちです。
こんな普通にエフィラが海にいるのは初めてでした。

満足で終了しました。
IMG_4296_20240125170709349.jpg

帰る前にお供してくれた陸奥子と近くの道の駅を散策して帰りました。

昼から出発して3時間かけて現地に向かい、1時間くらい採集してまた3時間かけて帰る、クラゲがいたので家ではなくてそのまま水族館に行ったのですが到着はすでに夜でした。

次の日さっそく展示しました。
IMG_4340.jpg
カミクラゲは大学時代住んでいた所にもいましたが大きさが全然違います。
正直こっちのカミクラゲの方が小さくて傘が丸くてカワイイです。
1㎝以下のとっても小さいのもいました。

現在は水槽に沢山いて大満足ですがまだしばらく海にいそうならばまた行きたいと思っています。


話しは変わりますが私が人生で初めてペットとして迎えた(2代目)イモリ♀が数日前死んでしまいました。
実家を出て初めての家族であり私の人生の半分以上を一緒に過ごしてきました。
イモリとの出会いは学生時代にアパートの上に住んでいた1つ先輩の家でした。
熱帯魚を飼っていてその水槽の中に混じっていたのがアカハライモリでした。
水中をパタパタさせながら泳ぐ姿は可愛すぎて衝撃でした。
その後何度かイモリを見にお邪魔していたらその先輩から「持ってっていいよ」と言われました。
その場にいた友人と分けてうちにイモリがやってきました。
確か当時のイモリは脱走してお亡くなりになってしまいました。
メソメソしながらアパートの前に埋めた記憶があります。
(本来両生類は病気かなにかのため埋めるのはダメです)
でもやっぱりまたイモリと生活したかったので先輩にどこで捕まえてきたのか教えてもらい、再び友人とイモリ捕獲大作戦を行いました。

大学があった岩手県大船渡市三陸町から少し先へ行った吉浜という地区。
アワビが有名で吉浜と書いて「きっぴん」と読み吉浜アワビがブランドでした。
震災で被害があったので多分当時イモリがいた田んぼはもうないと思います。
今思えばとても貴重な存在でした。
大学から就職で島に引っ越す時も車とフェリーを共にしてきました。
島に来てしばらくしたらいりこが家族に増えましたが当時子猫でやんちゃだったいりこがイモリにちょっかいをかけてまた脱走した時がありました。
それ以来イモリは我が家のトイレに移動し私がノロで悶絶している日も、お腹を壊してトイレが居住空間になっている時もそばで見守ってくれてました。
それなのにトイレに行ったら裏返った状態で死んでしまっていてとてもショックでした。
でもまだ♂が一匹残っているし当たり前に17年も一緒に過ごしてくれたので悲しみよりもありがとうの気持ちでいっぱいです。
残された♂はつい最近まで♀にシッポフリフリの求愛行動をしていたのできっと寂しいと思います。
早く立ち直ってくれればよいのですがそれまでは心のケアをして見守ろうと思います。
IMG_4392.jpg

寒いのかと思って♀が亡くなった直後、一時的に部屋にイモリ♂を連れてきました。
IMG_4385_202401251708154f4.jpg
結局新たに危険生物がいたので諦めてトイレに戻しました。

PageTop

私のお正月

新年早々信じられないことが起きていて今私に何が出来るのか、何もできない葛藤に無力を感じております。
人のため世のため役に立つことはできないので一日を大切に過ごすことだけを意識しようと思います。

三が日まで水族館で働き、四日からお正月休みをいただきました。
6年ぶり?母が島に来ました。
陸奥子とも初対面です。
IMG_4182.jpg
Uさんのお嬢様をお借りして初詣にも行ってきました。
IMG_4228.jpg
初めてここに行きましたが人が多くてびっくりしました。
おみくじをして大吉に満足しお守り買って帰宅しました。
IMG_4167.jpg

実は年末に義理のお兄様から立派なおせちをいただいて贅沢な数日間を過ごしたのですが
IMG_4075.jpg

お雑煮はまだ食べていませんでした。
IMG_4175.jpg
母に作ってもらいました。
我が家は関東圏のお雑煮なので鶏肉の出汁に大根と青い葉っぱ系と角餅です。
お餅はご近所さんにいただいたので丸餅ですがいつもは角餅です。

今回母が来て一番うれしかったのはご飯を作ってもらったことです。
何が食べたいかと聞かれて要望を言ったら作ってくれる、そんな幸せなこと他にないと思います。
誰かが作ってくれて食べさせてくれるなんでなんてありがたいことでしょう。
日頃めんどくて絶対作らないものを作ってもらいました。

あと我が家のボロボロ襖を張り替えてもらいました。
IMG_4200_202401081134368b9.jpg

ちなみに犯人はうちの子ではなく
IMG_4219_20240108113439eeb.jpg
お嬢様です。
隅っこをべりべりと剥がしてくれました。
反省などしません。
今回膝が悪くて曲げることもできない母が全部直してくれました。
お米をのりにするらしいです。
IMG_4193.jpg

7日の朝一にはお別れしましたがあっという間でした。
油だらけだった台所もきれいになりました。

日頃買わない牛肉を買ってもらい全身が牛になりそうなくらい染みわたりました。
日頃昼間はめったにつけないストーブを母がつけるので猫が調子にのってました。
久しぶりの来客にキレる猫と喜ぶ犬がいました。

こんなにゆっくり極楽に過ごしたお正月休みは久しぶりかもしれません。

明日からまた通常の生活をしようと思います。

昨年は祖母の件もあり家族の誰かと会う機会が例年より多かったですが改めてこれがずっと続くわけではないと気づかされました。
母も古希に近づいてるし膝は曲がらないし自分も年を取る分自分より年上だった親族や知り合いはさらに年を取ります。
限られた時間を大切にしなければならないと思いました。


じいさんをいじめるお嬢様。
IMG_4222.jpg

PageTop

2024年スタート

2024年がやってきました!
今年もよろしくお願いします。
IMG_4103.jpg
門松&しめ縄もばっちり。
もちろん手作りです。

しめ縄は受付スタッフに編んでもらってそれに別のスタッフがどこからかとって来てくれた橙と私が山でとってきたウラジロをくっつけて完成。
門松は例年通り山で竹を切り
IMG_4061_20240101154852dde.jpg

斜めにカット。
IMG_4065.jpg

一昨年にクビ宣告を受けましたが今回はUさんが時間なかったのもあり大きい3本を除いた9本を私が切りました。
我ながら今年はいい感じに鋭角に切れたと満足していましたがUさんからは「なんでそんなに荒くてガタガタなんだ?」と言われました。
それでも遠くから見たら分からないのでいいことにしました。

記念館の方もばっちり。
IMG_4070_20240101154854f34.jpg

年賀状はまだ手元にあるんですが
2024年がsじょう
こんな感じ。

夜Uさん宅にお邪魔し作業してましたが
IMG_4079_20240101154856b15.jpg
一匹だけテンション高めな子がいました。

改めて今年もよろしくお願いします。
皆様も私も良い年になりますように。


朝起きていりこにも挨拶しました。
IMG_4097.jpg
今年もそばにいてくれてありがとう。
生きてくれてありがとう。
今年で14年目突入、大きなケガや病気もなく心配させないでくれてありがとう。
(性格面では多々心配してるけど)
2024年も一緒に過ごしたいです。
とお伝えしときました。

IMG_4049_20240101154849f2c.jpg
クリスマスに友人からもらった帽子。

PageTop

12月も後半へ

12月は忙しいと分かっているのに気づけば残り10日ほどになってました。

島の祭りはキャンドルフェスタ久賀というのが先日行われて年内のイベントは終了しました。
IMG_3829_20231223104517aee.jpg

商店街がイリュミネーションでキラキラしていました。
IMG_3830_20231223104520da9.jpg
なぎさからはクラゲに頑張ってもらいましたがイベントの数日前から急に寒くなりクラゲや私たちにとってとても過酷でした。
でも無事終わってすっきりしました。

そして年末となれば家もですがとりあえず水族館も大掃除です。
館内全ての水槽を1つずつ漂泊します。
IMG_3778_20231223104514c57.jpg
生物外して、砂外して、フィルター外して、磨いて洗って乾かして・・・
の繰り返しです。
IMG_3777_2023122310445542e.jpg

新年をすっきり迎えられるよう残り10日も頑張ろうと思います。


お刺身や
IMG_3753.jpg

焼いて
IMG_3725.jpg
エネルギーチャージ。
ちなみにこのメバルフェイスブックにも載せたんです。
そしたらその後Uさんから連絡が入り、魚の向きが逆だけど一応魚を取り扱っているんだし気を付けるよう忠告がありました。
言い訳なんですが最初焼いた後はちゃんとしたマナーの向きでした。
それを食べる際に私は左にお箸を持つタイプなので食べやすい方に変えたんです。
で、食べようと思ってたら改めてメバルのサイズが立派だなぁと写真を撮りました。
で、食べながら今日のフェイスブックは何か書こうかなぁと考えていた時に焼いた立派なメバルにしたんです。
すでに食べかけをアップするより大きいということを強調したかったからすでに撮っていた逆向きメバルを使用しました。
まぁそこまで考えなくていいか、と思っていたらUさんにすかさず注意されました。
育ちが悪く見えるぞ、と付け加えられました。
けして立派なおうち柄でもないからいいけど今後は気を付けようと思いました。
でもとってもおいしかったです。

猫組はめっきり布団から出てこなくなりました。
IMG_3924.jpg

たまに私の食事の際などに起きてきてくれますが
IMG_3677.jpg
目の前に佇んで私の膝で暖を取りたいがために待機してたりもします。

久しぶりにモドキにも会わせてもらいました。
IMG_3874_202312231045211c4.jpg

野生時代と性格も顔も変わりすぎて別の猫なんじゃないかと思うくらい抱っこにうっとりしてくれてました。
野生時代は手を近づけただけで牙と鋭い爪が飛び出てきたのに。
IMG_3928.jpg
過去の写真で荒いですが小さい方が11年前のモドキです。
大きいのがいりことモドキの親であり会長と呼ばれていた猫です。

陸奥子だけは雨だろうが早朝だろうが元気です。
IMG_3728.jpg
知らない釣り人が話しかけてくれただけなのに隣に座って陸奥子スマイルで居座っていました。


あっという間に今年も終わってしまいますが残りの日は問題なく過ぎて来年も同じように平和な日が続いて欲しいです。



PageTop