なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

久しぶりの旅

久しぶりに水族館に行ってきました。
しかも4年ぶり。
しかも沖縄。
IMG_8173.jpg

今回は大学時代の友人と。
友人は東京勤務ですが、現在沖縄に出向していました。
しかし多分3月末で東京に戻ることになりそう、とのことだったので急いで遊びに行きました。

車、電車、新幹線、
IMG_8110.jpg
飛行機。
IMG_8111.jpg

そして那覇。

友人が慣れない運転をしながら迎えに来てくれました。

沖縄と言えば多分ほとんどの人が行くであろう「美ら海水族館」
IMG_8123.jpg
今回のメインイベントの1つでもあります。

4年前にも行きましたが、今回も安定の「すごい水族館」でした。
何がすごいかはよく分かりませんが、全ての規模がすごいんです。

展示生物もうちみたいな瀬戸内海規模ではなく、世界規模です。
IMG_8120.jpg
人が多くてじっくりみえないのが残念ですが、定期的に通いたいくらいの水族館でした。
「どこの水族館が一番記憶に残るか」という話題になると多くの人が美ら海水族館と言います。
なんだか改めて言ってることが理解できるような気がしました。

気持ちはうちも負けてませんが!

その他水族館以外にも塩工場を見学したり、異国のような空間に来たり
IMG_8187.jpg

琉球グラス体験もやってみたり
IMG_8148.jpg

お酒飲んだり
IMG_8177.jpg

IMG_8184.jpg
いろんな意味でお腹いっぱいの旅になりました。

でも帰りは
IMG_8199.jpg
私の降りただれもいない無人駅。
一気に現実に戻りました。

久しぶりの沖縄は異国間満載でとても楽しかったです。
案内してくれた友人たち、ありがとう。

駅から家に帰ると
IMG_8205.jpg
待っていてくれました。
帰り途中の車ではいりこに会いたくて「いりこ~いりこ~」と歌いながら運転していました。

その後も
IMG_8214.jpg
べったり離れませんでした。
きっと、とってもとっても寂しかったんでしょう!

PageTop

オビクラゲ発見!

久しぶりに興奮で鼻血がでそうになりました。

まずはあるクラゲを求めて海へ行ってみました。
去年あたりから現れなくなってしまったカミクラゲです。
私のテリトリーの中でその地区が唯一出現し、しかもとてもかわいいサイズだったので私たちも大好きだったし、お客さんからも人気ものでした。
今年もどうだろうと思っていますが、例年はこの時期がピークなのにまだ出てきてくれてません。
昨日もいませんでした。

そのかわり
P9110099.jpg
エフィラ2個体ゲットしました。
我ながらよく見つけたと感心。
さらに顕微鏡で撮った
IMG_8101.jpg
(写真右)
1.5ミリくらいのこのクラゲも。
まだ未同定です。

そのまま天気もよかったのでたまに行く海へも。
最初、チョウクラゲはいたけれど、その他なかなかいい出会いがなかったのでかえろうかな、と思ったその時。
なんとなくにおいがしたので、いつもは時間がなくて行かない反対側も見てみました。

そしたら・・・

そしたら・・・

もう興奮のあまり逃させまい、と全力疾走でバケツまで走り、寝そべって確保しました。
DSC_1341.jpg
いつぶりだろ。
3年以上であってないはず。
オビクラゲです。
このあたりだと珍しいですが、全国的にはそうでもないはずです。
でもそんなに多くも見れないと思います。
水族館でも長期展示が難しいクラゲです。
でもこれでクラゲなんですよ。
有櫛動物という仲間になります。
よく見ると櫛板が動いて虹色に見えます。
体が虹色なんですよ。
マネできますか?
最近はレプトケファルスをオビクラゲと錯覚してしまうほどこのクラゲに飢えていました。
久しぶりので出会いで興奮のあまり鼻血がでそうでした。
休みだったUさんにとりあえず☎して自慢しました。
その後も勝手に地元の漁師さんに着信して気づかないくらい鼻息を荒げてました。
しかも2個体いたんです。
あ、レプトも一個体とれました。
あまりにドタバタしていたので近くで釣りをしていた方に怪しまれて声をかけられてしまいました。

気づけば時間がものすごい過ぎていたので急いで水族館に帰りました。
そしてUさんに美しいオビクラゲの写真を撮ってもらいました。
IMG_8104.jpg
狭い空間で行われる地味な撮影光景。
私はライトを当てる係りです。

私の興奮皆様に伝わりましたか?
その後は久しぶりの興奮で無駄にドタバタしてしまいすごい疲労感がでましたが、また明日も見に行ってみようと思います。




ホタコのおもちゃ、いりこさん。
IMG_8072.jpg

PageTop

午前中の出来事

昨日の午前中は大変あわただしくなりました。

実は下松の副市長さんが10時くらいに来ることになっていました。

前日の夜になってUさんから名刺が足りなくなりそうだから印刷してくれ、と連絡がありました。
私たち飼育員は自分の名刺は自分で準備することになっています。
我が家にプリンターがあるのでUさんの分も印刷していました。

ただし、12月末の段階で確認したらまだあると言っていたのですっかり油断していました。
そして、夜印刷しようとした所、紙がないではないか。

しょうがないので朝急いで近くのデイリーヤマザキまで買いに行きました。
そしたら紙がない!
売ってない!
明日なら注文できると言ってくださりましたが、その日の10時に使いたかったのでしょんぼりしました。
しかし、お店の方がわざわざ事務用に使っている紙を一枚分けてくれました。

一枚の印刷用紙が輝いてみえました。
そのまま大切に抱えて急いで家に持ち帰り、急いで印刷しました。
また、1枚しかないので予備なんてものがないから失敗は許されません。

ドキドキしながら印刷しました。
そんなときに限って設定を間違え、変な色になってしまいましたが、もう気にしないことにしました。
時間もなかったのでまた急いで水族館に帰り、なんとか間に合いました。
セーフ。

10時まで20分ほどあったので今度はいつもの海へ採集に行きました。
20分ほどでバケツ一杯分、8種ほどのクラゲを採集しました。
お腹が冷えてトイレに行きたくなったので退散。

彼らを収穫してきました。
IMG_8098.jpg
小さくて分かりませんね。
5ミリほどの蛍光黄緑をしたクラゲです。

水族館に戻り、トイレも完了した所で副市長さんたちが来られました。
ふぅ。なんとかUさんの名刺も間に合ったし、海にも行けてホッとしました。
これであとは水族館を皆様に案内するだけ・・・
と思ったら漁師さんから☎が来ました。

バケツ抱えて急いで向かうと、「ドチザメ、ヒメセミエビ、ムラソイ、クサフグ、マダコ、ミガキボラ」
を頂きました。
ありがとうございます。

そして再び館内のご案内。
IMG_8088.jpg
とても熱心にうちを見て下さりました。
そんなじっくり見られるとなんだかお恥ずかしいです。
いろいろと質問して下さりましたが、正直私たちみたいな人間が答えていいの?って感じでした。
現場飼育員という下っ端の私たちですが、一番うちを知っているという根拠のない誇りもあるのでとても偉そうに話してしまいました。
IMG_8093.jpg
多分2時間ほどかけて来てくださり、1時間30分ほどじっくり館内を見て帰られました。
そこまでして来てくださることなんて多分ないだろうからとても光栄でした。
遠くからありがとうございました。
私たちもお話しが聞けてとても勉強になりました。

そしてお昼も近かったので休憩に入りました。
・・・・・・・
今度はまた別の漁師さんから電話が来て生物を頂くことになりました。
急いで向かったら、「ヤドカリ、ヒガンフグ、ヨロイメバル、ヒトデ、ウニ、カサゴ、トラギス、鯛・・・」
大きなバケツの底が見えないくらい沢山の生き物を頂きました。


こうして本日の半日があっという間に過ぎていきました。
ブログに書くなら写真をもっと撮っておけばよかったよ後になって気づきました。

あと、目上の方に対する文章は難しいので日本語がおかしくなっていると思います。
でも、本日はお忙しい中、水族館に来てくださりありがとうございました。
また、漁師さんもいつもですが、たくさんの生物ありがとうございます。

短時間でバタバタでしたが、貴重な半日になりました。


バレンタインだから?たまたま?
スタッフの方から大根(半分消費済み)やレモンを頂き、小学生の女の子から「友チョコ」を頂きました。
IMG_8075.jpg
また長靴で冷える私の足を考えてくれた厚手の靴下もいただきました。
嬉しいです。皆様ありがとうございます。

いりこは私の服の中が大好きです。
IMG_8077.jpg
こんな健やかに寝ていますが、数日前はのぞき込んだ拍子に顔面かまれ、上唇と鼻の穴に牙がめり込んできました。
鼻の穴がもう1つ増えるかと思いました。上唇は当分口内炎が出来ていました。
また、お腹に潜り込むのを無視したら
IMG_8078.jpg
機嫌を損なわれました。
私の腕は自傷行為の痕みたいになっています。

PageTop

仲間入り

そういえば事後報告になります。
2月5日の朝9:30~13:30まで一部の道路に規制がかかっていました。

旧東和町唯一のイベントといっても過言ではない「サザン・セト大島ロードレース」が行われたからです。
毎年のことなんですが、水族館に行く直前で通行止めになっています。
例年は「オレンジロード」と言われる農道が利用できるのですが、今年はこれまたトンネル工事で通行止めになってました。

さすが島です。
水族館までの道が完全封鎖されました。
孤立集落です。
ちなみに片側通行可能とあったらしいですが、実際はランナーの方々がいるので通れなくなっているらしいです。

半日休館には出来ないので、開館しているけれど来ることの出来ない水族館になっていました。

せっかくの日曜日なのに残念だなぁと。

しかし、交通規制がかかる直前に来てくださるお客さんがけっこういました。
多分知り合いではないだろうけど、お客さん同士で「ここまで来るの大変じゃなかったです?」などのやりとりが聞こえてきました。

午前中に来てくださったお客様、大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。。
そしてありがとうございます。

多分今後孤立集落になることはあまりないと思いますので、また晴れた日にでも遊びに来てください。

話は変わりますが、先日2日間だけ海がフィーバーしていました。
IMG_8005.jpg
これ分かりますか?
すごく分かりにくいですが海水が白っぽく見えませんか?
ぜーんぶプランクトンなんです。
カイアシの仲間やプランクトンのギャングと言われるヤムシがウジャウジャいました。
下に見える魚はアジです。プランクトンを食べに来てるんでしょう。

このプランクトンに混じって
IMG_8040.jpg
こんなかわいい子がいたんです。
0.5~1センチくらいのが10匹くらいいたかな。
ホウボウの赤ちゃん。

あとは透明の稚魚もいました。
IMG_8049.jpg
小さくて透明で泳いでいるので写真が撮れません。
私の書いた絵で想像して下さい。

そしてオタマジャクシみたいなヒメダラも。
IMG_8048.jpg
これもUさんが書いた絵で想像してください。
透明の魚と違ってこれは実物とそっくりです。

あと2日間で計7匹ほど出会えた
IMG_8004.jpg
レプトケファルス。
一度にこんなに出会えたことは初めてだと思います。
しかも2地点で。

ホクホクしながら水族館に戻りました。
さっそくホウボウの赤ちゃんは展示しています。
ヒメダラは以前から展示していたので大所帯いなってバージョンアップしました。
レプトもなんとか生きてくれている子は展示しています。

どれもみんな透明だったり、小さかったりと見つけるのは大変かもしれませんが、なかなか見れるものではないと思いますので、是非本物に会いにきてください。


掃除機を見ると網戸を登るホタコ。
IMG_8023.jpg

PageTop

初見生物

携帯に続き、キーケースも新しくなりました。
IMG_8020.jpg
社会人になって3代目。
初代は大学時代の先輩からいただき、2代目は(写真上)シスターズからいただき、今回もまたプレゼント(写真下)。
基本車と海水を使う仕事だからかだんだんと金属部分が錆びて壊れてしまいます。
シスターズからもらったやつも最終的にはキーをつける部分が2つだけになってしまい、そこも錆びて頻繁に落ちるようになってしまいました。
なので少し寂しいけど新しくなりました。
普通に使う人より厳しい世界で働いてもらうことになると思いますが、私のポッケの中でこれから長時間頑張ってもらおうと思います。まずは少しポケットにゆとりを持てるよう痩せた方がいいのかな?

本題です。
珍魚が続いてます。

今回ご紹介する魚はすでに死んだ状態でうちにやってきたのでデビュー出来ずじまいになってしまった子になります。
まず
DSC_1194.jpg
チカメキントキ。

この魚は地元の方が持ってきてくださりました。
初見です。
30センチを超す立派な魚。

Uさんが調べたらチカメキントキでした。
さっそくこの魚を見たUさんは興奮のあまり吠えていました。
死んではいるもののとても綺麗な状態でした。

そして
IMG_8036.jpg
ヒラという魚。
この魚をUさんが記録用に写真を撮っている時、初めて見たんですが、「なんか案外薄っぺらいんですね」
と言いました。
しかしこの魚、漁師さんが半身食べた状態だったらしいのです。
本当は写真を載せたかったのですが、Uさんが撮ってくれたものはまだ著作権の許可がとれてないので私のイラストでイメージして下さい。

この魚も初見でした。
漁師さん曰くたまに「ごち網」という漁法で採れるそうです。
私は見た目ボラに似ていると思いましたが全く違います。


今回立て続けに出会った2種類とも私は知らない魚でした。
Uさんはすぐに名前を言っていました。
最初ヒラはイセゴイと思ったらしいのですが写真を確認して違うことに気づいたらしいです。
そして夜なのに急いで水族館に戻って再度検索し、いただいた漁師さんに修正していました。

でもさすがですよね。
私は名前も分からなかったし、もちろん間違っていたことも気づきませんでした。
不本意ですがUさんのすごい所です。
本当に魚が好きなのが伝わってきます。
エセ水族館飼育員の私は元々魚は全く詳しくないので、ここへきて見た魚のみしか名前は覚えてないです。
一度本物を見たら頭には入りますが、図鑑を見てもなかなか覚えられません。

なので初見の魚をいつも・・・となってしまいます。


また一つ賢くなりました。

長年ここにいても定期的に初見の生き物がいておもしろいです。
最近また新しい出会いが結構あるので漁師さんから連絡が来るたびにワクワクします。

最近布団にこもりきりですが、
IMG_7990.jpg
たまに日が当たると
IMG_8027.jpg
長い間冬眠から覚めたような感じになります。

PageTop