なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

連日の雨

連日の雨がようやく終わったようです。
Uさんがいない5日間は停電などの対策のためほぼ24時間体制でした。
いつどうなるかわからないのでなるべく定時に作業を終わらしその後1時間ほどデスクワークで作業。
家に帰り21時くらいまでただ待機。それからお風呂入り、夜中停電の際起きれなかったら困るので24時前に就寝。夜中2,3時間ごとに起きて停電や周囲の安全確認。
あー疲れた!一人で24時間体制!
誰にも八つ当たりができなかったのでここで書かせてもらいました。
失礼しました。

結局停電もなくほんとによかったです。

心配して連絡して下さった皆様ありがとうございます。
なぎさも我々も元気です。

6月末から雨が続き、時に曇りだったり数時間晴れ間が見えたりした時もありましたが、ほぼ雨でした。

特に3日は台風の予報で油断禁物状態。
台風が去ったと思ったら今度は大雨。
Uさんも仙台の会議から帰ってくる予定でしたが公共乗り物も止まっていたり、遅れていたそうです。
続いて週末の大雨は大島もがけ崩れや通行止めがありました。
IMG_3538.jpg
ここはなぎさに行くまでの道路。
こんなのが何か所もありました。
島だと広い道路が一本道しかなくてあとは農道だけです。
農道も木が倒れているところが多かったそうです。

下手にウロチョロもできないしいろんな情報が混じっていて我々ですら少し混乱しました。
陸の孤島状態。

幸いにもライフラインは無事だったのですごく助かりました。
落ち着いた一昨日突然一時停電はありましたが。。

ただ他の山口県内や同じ中国地域では多くの被害が出ています。
外部の情報が入らないのはすごく怖いです。
でも私には何もできないんだよなぁ。。
だから今回もこのブログを書こうか迷いましたが、一応私たちを心配して下さった方もいたので無事の報告をさせていただきます。

土砂災害で亡くなられた方には、ご冥福をお祈りします。
早く元の生活に戻りますように。



IMG_3570.jpg

PageTop

台風からの大雨からの取材

先日の台風はとりあえず停電もなく過ぎていきました。

しかし、九州や山口の方ではけっこう大きな被害だったようです。
皆様大丈夫でしょうか。

といっても台風後の雨がまたひどいですね。
島も朝からずっと風、雨がすごいです。
もちろん気温も高いです。
今晩からさらに降るようです。
IMG_3499.jpg
雨宿り中のモドキさん。

まだ7月も始まったばかりなのに幸先不安です。

せっかく七夕用に竹を準備したのに外に飾ることもできません。
IMG_3498.jpg
室内だと余計地味だなー。。

そんなジトジトどんよりの中、今日はテレビ取材がありました。
IMG_3494.jpg

夏の海水浴シーズンに向けてハナガサクラゲを紹介させていただきました。
今回は私が話さなくてもいいかなぁなんて思っていましたが、ほんの少しだけインタビューも受けています。
以前新聞社さんの取材でデジタル用に撮影されたものがあまりもの頭の悪そうな話し方でさすがの自分もびっくりしたのをおもいだしました。
慎重に、慎重に、と思いつつもあまり緊張しないのでいつも通りに話してしまい、どうしてもおつむ点々のようになってしまいます。

勉強は嫌いだけどけしてバカではないですから!多分!

地元番組ですが今度の土曜日朝6:30から8:00のどこかで流れるそうです。
IMG_3496.jpg

大雨の中、山口からありがとうございました。
人形とティッシュをいただきました。
IMG_3497.jpg
こちらもありがとうございます。



このブログを見てくれている方に立て続けにお会いしました。
なので調子に乗って頻繁に更新してみました。

雨など関係ないいりこ
IMG_3486.jpg
そこはパソコンの上ですよ。

PageTop

昨日今日

今日は山口県内すべての小中学校が休校だそうです。

なぎさは開館してますが、昼頃から雨が強くなる予報なので少し不安です。

夜などに停電なんて起きたらもうがっかりです。
ちなみに新年度入ってから月一ペースで停電になっています。
一瞬の停電だったとしても私たちは安全確認と発電機を止めるため水族館に向かいます。
停電の際電力会社から飼育員には直接連絡が来るようになっているんです。
夜だろうと夜中だろうと関係ありません。

前回も前々回も私は島にいない時停電になったので両方ともUさんが水族館に行ってくれました。

今回はUさんが東北で行われる会議に行っているので私が対応しなくてはならないです。
お利口にしているから停電にならず、なぎさだけでなくどこにも危害なく去ってくれますように。。。

そして、台風が近づいてるなんて全く知らなかった昨日、のんきに通常作業をしていました。

地元小学校が来てくれたので案内しました。
IMG_3454.jpg
島に住んでいるものの学校にプールがあるらしく海はなじみがないそうです。
なのでタッチングプールにほとんど滞在してました。

と、その時もぐりの方から電話が来てカエルアンコウをくれるとのこと。
IMG_3456.jpg
水族館の下まで来てくれました。

ありがとうございます。
さっそくデビューしました。

そして午後には別の方から生物をいただきました。
IMG_3462.jpg
トーヘーとホタテウミヘビ。そのたもろもろ。
すごくガタイがいい漁師さんなんですが「ウミヘビあぶないん??」とすごく不安そうに言ってました。
ウミヘビは怖いイメージがあるかもしれませんがウミヘビ本人さんがとっても臆病なんです。
内心あなたの方が怖いよ、、、と思ってしまいました。

あとはひたすら水槽を磨きました。
近頃水温が上がって水槽がとっても汚れやすいです。
一日数個磨いてもあと数十個水槽が残っています。
きれいにしたと思ったら隣の水槽・・・といたちごっこ状態です。

切りのいいところで終わらし定時に近い時間に帰宅しました。
というのも夕方になってスタッフから台風情報を得ました。
もしあまり疲れた状態で仕事を終え夜中の停電の際、電力会社からの電話に気づかなかったら大変です。
寝てて気づかなかった、なんて通用しません。

なので少し余裕をもった状態で待機します。できる日は。

昨日はそんな気持ちでのんびりと仕事を終えました。
そして家に帰り、時間が早かったのでサケちゃんがいたときお借りしていたものを返しにサケちゃんの飼い主さんの所へ行きました。

そしたらちっさな少年が私とどうしても一緒にいたいという何ともかわいい要望があり、そのまま我が家に行くことになりました。
IMG_3466.jpg

とはいえうちにはいりこ彼らの通称「巨大怪物」がいます。
IMG_3442.jpg
怖くてすぐに外に出ていきました。

そのまま近所を散歩してかれこれ2時間カニや
IMG_3465.jpg
ナメクジ探しやキジの夫婦を見つけたり、ダンゴムシを集めたりしました。

結局いつも通りの時間になってしまいましたが、少年の純粋な心を私も吸収した気になれました。

ちなみに夜間停電することなく無事朝を迎えることができました。

ネット情報を見ると大島は今晩にかけてが一番接近するようです。
何事もないことを祈りつつ家で待機したいと思います。


にしてもムシムシ暑すぎ~
IMG_3470.jpg




PageTop

ホヤの寄生虫???

ホヤって分かりますか?

私が住んでいた東北では普通に食用として出回っています。
スーパーでも当たり前に100円くらいから売っています。
三杯酢で食べるのが大好きです。

見た目は簡単に書くと
IMG_3446.jpg
こんな感じ。
角の部分が上から見ると+と-になっていて+からエサなどをとりこみ-から排出するという分かりやすい特徴があります。

これはマボヤってやつです。

食用ではないですがマボヤの他にもユウレイボヤやまんじゅうボヤ、カラスボヤなど見た目も全く違う種類があります。

生まれたときはオタマジャクシみたいな形で海を漂いますが、そのうち岩場などに着底し普通のホヤになります。
一般的なマボヤは赤っぽいものが多いですが、瀬戸内海周辺では白やオレンジ色のような個体が多くみられます。
原因は分かってないはずです。

そんなこんなのホヤですが、うちではなかなか長期間生かすことができず(基本的に流水だったり餌の確保が難しいです)彼らとの関係も疎遠になっていました。

しかし、世の中は十人十色いろんな方がいるのです。

ホヤの研究、というよりホヤの寄生虫について研究されている方がいました。
大島周辺に生息するホヤを求めて山口の街中から大学の先生と生徒さんが来られました。

とは言っても私たちも近頃マボヤに出会う頻度が減っており少々不安でしたが、かつて出会ったことがあったいつもの磯採集スポットをご案内することにしました。

IMG_3430.jpg
岩の隙間を素手でゴソゴソして採集するらしいです。

私は怖くてそんなことできませんでした。
タコがくっついて来たりグニュとかなったりしたら嫌ですから。

目視専門の私でしたが、まぁ見つけてしまいますよね。
マボヤさんを。
私が。
IMG_3431.jpg
皆さんで確認しております。
少しでもお役に立てたかなぁと一安心。

その後もテトラポットを一周しながら
IMG_3434.jpg

隙間をみたり
IMG_3436.jpg
して作業を進めました。
周囲からみたら怪しい人ですね。
クラゲ採集もよく不思議そうに声をかけられますが、ホヤ採集は声すらかけにくいかもしれないです。

IMG_3437.jpg
結果、私とその後生徒さんが見つけたマボヤ2個体は大切に新聞紙に包まれ、その他のもろもろホヤたちはまとめてくるまれながら山口まで帰られました。

その他もろもろのホヤの種類はほとんど分かりませんでした。
先生たちも大学に持って帰ったらまず種同定から始めるそうです。

きっとこういった地道なことがあるから今の私たちが進化できているんでしょうね。
ウィキペディアさんによるとホヤはいろいろな研究に利用されているそうです。

私がみつけたマボヤやUさんがみつけたその他もろもろの小さいホヤも、もしかしたら新しい発見の第一歩になるかもしれません。
寄生虫を求めていましたが。

山口からはるばるうちまで来てくださりありがとうございました。
また来てください。

余談ですが、今朝のテレビで大学時代の(別の研究室ですが)先生が出ていました。
うなぎとかについて。
そして夕方には大学の同期が釣り番組でテレビに出るそうです。

知っている人が知らない所で活躍してて私も頑張ろうって思いました。



Uさんが仙台で行われる水族館の会議に行きました。
IMG_3444.jpg
また我が家に来たホタコさん。
くつろいでおります。

PageTop

帰省

前回のブログで少し書きましたが、先日私の中で超大型連休をいただき、実家に帰ってきました。

島を出て、都会を経由し
IMG_3256.jpg

北国へ向かいました。
IMG_3373.jpg

実家の方では「ちゃぐちゃぐ馬コ」というお祭りがあります。
多分ちょい前に行われたようです。
ぜひネットでググって見てください。
ちょうど母と散策していたらポニースクールがありました。
IMG_3283.jpg

そこにチャグチャグで活躍した子たちがいました。
IMG_3288.jpg
彼らの足がめちゃくちゃたくましんですよ。しかも顔もでっかい。
迫力満点で見るだけなのに楽しかったです。

そこに猫もいたのですが、馬ではなく牛模様の子でした。
IMG_3291.jpg

あと八幡平というところにピクニックに行きましたが、寒くて風も強くて、霧で前も見えなくて、クマも出てきそうだったので断念しました。
IMG_3319.jpg

少し下った大沼というところに移動しました。
母たちは植物みて盛り上がっていましたが、
IMG_3326.jpg
私は全く分かりませんでした。

それよりクマが怖かったです。
IMG_3333.jpg

特に大きなことをしたわけではないですが、久しぶりにゆっくり出来て楽しかったです。

日帰りで行けたり、車で2時間とかならわりと手軽ですが、車、新幹線、電車、飛行機あらゆる乗り物を使って行かなければならない距離の実家。

次行ける時は猫たちは元気でいてくれるかなぁ、とか親も元気かなぁと考えると数日間一緒にいた時間が貴重な時間になりました。



実家の猫。
IMG_3275.jpg
おはぎは雨でも外で散歩をしていました。

懐かないマイケルとおちゃもちは私が近づくと虐待されているかのようにオドオドされました。
IMG_3349.jpg
鼻水ついてるし。


そして、島に帰った次の日には約2カ月間共にしたサケちゃんとお別れしました。
IMG_3385.jpg

最後は隣で寝てて

ふと起きたと思ったら
IMG_3386.jpg
トイレで用を足してから帰っていきました。

またいつでも来てね~。


いりこは甘えてべったりの割りに、
IMG_3383.jpg
夜寝ていたら顔が近すぎたらしく顔面噛まれました。
私の鼻下には現在切り込みが入っています。


PageTop