なぎさの飼育員日記

瀬戸内海にある島の日本一?小さい水族館の飼育員日記

若者に会う

Facebookとまたかぶってしまいますが、先日ある授業のため浮島小学校に行ってきました。
浮島は周防大島からさらに船で移動します。
初めての渡船。なんだかワクワクします。
IMG_0206.jpg

20分くらいかな、浮島到着。
IMG_0208.jpg

船を下りるとすぐに小学校がありました。全校生徒12人。
少なく感じますが水族館がある地区の小学校は10人らしいので負けました。

今回浮島小学校の先生からある相談をされました。
「学校でイワシをしいくしてみたい」とのこと。
浮島はいりこが産地です。なのでイワシを水槽で飼ってみようと思うけどどうやったらよいのか、と。
イワシ飼育している小学校って聞いたことありますか?難易度はかなり高いけどすごいおもしろい挑戦ですよね。

正直うちみたいな小さい水族館でもイワシの飼育は難しく、展示もほぼしたことがないです。
我々に何ができるか分かりませんがぜひその盛大なプロジェクトに参加したいと思いました。

といってもまだ何もない状態からだったので、今回は水槽で生き物の飼い方からお話しすることになりました。

生徒さんは3,4年生の4人。45分の授業でUさんがみっちり水槽、生き物、フィルターなどなどについて勉強しました。
実は最初からイワシは難易度が高いので、まずは身近な生き物を飼育してみることになりました。
そこで授業の後半戦。
どんな生き物なら飼えそうか、となりました。
さすが島っ子。そして漁師町。色々な魚の名前が出てきます。お魚大好きなUさんもどんどん興奮していきます。
IMG_0209.jpg
あっという間に45分が過ぎてしまいました。

帰りの船の時間もあるし、今回は終了しました。
まだ挑戦は始まったばかり。

最終的にはイワシの飼育を目指して今後もいろんなことに挑戦してもらいたいです。
私たちもまた浮島に遊びに行きたいです。

IMG_0212.jpg


ちなみにUさんは黒板に書いた字が汚すぎて生徒さんに「外」という漢字が伝わりませんでした。生徒さんの横にいた先生に「カタカナのタとトよ」と説明されていました。
字が汚いって不自由ですね。

私は・・・
実は給食もごちろうになりました。中学校からおべんとうだったので給食なんて20年近くぶりです。久しぶりの給食に舞い上がってしまいました。
しかし体は大きい割に少し食べることが遅い私。
気づけば「御馳走さまでした」の挨拶の時間になりました。
体重3分の一くらいのチビッ子たちが食べ終わっているのに私の器にはまだご飯が残っていました。低学年の3名くらいがまだでしたが、その他の生徒さん、先生はみんな食べ終わっていました。こんな体はデッカイのに小さい子たちと食べる速度は一緒かい、我ながら少しビックリしました。
余談ですがお米が遅いのであってそれ以外はそこまで食べることが遅いわけではありません。



いりこもデブのわりに食べることが遅くてチビチビポロポロ口からこぼしながら食べます。
IMG_0223.jpg
ホタコがいるといつも横取りされて切ない顔をしています。




PageTop

2年記念

9月8日は何の日か知っていますか?

Facebookを見てくれている方は知っていると思いますが、ホタコの記念日です。
IMG_0219.jpg

道路のど真ん中で倒れていたあの頃から2年が経ちました。

何度も言いますが本当に死んでいるかと思ったんです。そしたら海に向かってほふく前進していました。

目もギトギトで白く濁り、毛もよくわからない状態でした。
当時「母に猫拾ってしまった」と写真添付してメールを送ったのですが、母からは「どこがどの部分かもわからない」と返信が来ました。
それくらい小さくてボロボロのカタマリだったのです。
病院でレントゲンを見たら、拾った直後に少し食べたキャットフードが少しあるくらいでそれ以外は空っぽでした。
数日間入院してその後再会時した時、大金はたいて治療していたから少しは見た目から良くなっていると思ってたら全然変わってなかったのにはビックリしました。
IMG_5143.jpg
(当時はニット帽の中で暮らしていました)

さらに事故から一週間後くらいに痙攣起こして気絶したときは本当に焦りました。病院に向かいながら、ダメだった時心配してくれている人たちになんて連絡しようかと怖くて仕方がなかったです。今までにないくらい必死で運転しました。目の前の車全てが邪魔に感じました。

ちなみに当時の写真はほとんどありません。正直こんな元気になるならもっと写真撮っとけばよかったと後悔しています。
いつ死んでもおかしくない物体を撮るのに抵抗がありました。見た目も不気味だったし。
IMG_0262.jpg

もう一生歩くことは難しいだろう、と言われたあの頃はなんだったのでしょう。
でもヨタヨタ歩いた瞬間はとても感動しました。
[広告] VPS


二年前を思い出すと考え深いものです。
死が目の前にある不安と恐怖、生かすことがエゴなのか看病する自分に浸る自己満なのか、運命はなんなのか、小さな命を目の前にして毎日考えました。それでも少しずつ回復していく彼女をみるとなんだっていいから生きて欲しいと思うようになりました。もちろん可能性は低いと言われていた完治も期待しながら。

不可能と言われていたけど2週間ほどで歩けるようになりました。
少し安心したところで今度は目の病気が出てきました。今すぐにでも手術しないとどうなるか分からない、って。
その日からカップ麺の容器をエリザベスにした生活がスタートしました。
IMG_0261.jpg
寝る時とかも邪魔そうでかわいそうでしたが、これで回復しなかったら眼球をとらなくてはいけない、と言われ複雑な気持ちだったけど我慢してもらいました。


いろいろな治療をやって半年以上、ようやく本来の猫の生活ができるようになりました。
IMG_0144.jpg
(いりことも仲良くやってくれているようです。)

本来一番おてんば盛りの時に不自由させてしまったことが申し訳なかったですが、その分今取り返してくれてるようです。

使用人というUさんも出来たのであとは好きに生きて欲しいと思います。
IMG_0180.jpg











PageTop

夏の終わり

久しぶりに実家から食料が届きました。
といっても実家の東北からうちまでは届くまでに2日間かかります。
なのでかつてほぼ野菜関係が送られてくることはありませんでした。
IMG_0136.jpg
来たと持ったらこんなにたくさん。

さらに叔母から梨をいただきました。
「届いたよ」とメールしたら、「いりことホタコにもあげてみたら?ショリショリ食べたらかわいいね」ときました。想像しただけでかわいいですね。
実際は全くでしたが。皮剥いてあげたらいいのかな?

さらにさらに沖縄にいるクラゲ界の友人からマンゴーが届きました。
IMG_0184.jpg
(まな板から失礼します)

正確には私が頼みました。

マンゴーってその味のジュースとかしか知らなくてあまり好きじゃなかったんです。
でも数年前その友人から本物のマンゴーを送ってもらい感動しました。
あのころの感動をもう一度、と思い図々しくお願いしました。
さすが友人、何個も送ってくれました。
本体だけでなく送料も高いのに。
ありがとう。
体に染み渡るくらい美味しかった。

あとまだあるんです。
スタッフの子どもさんの自由研究を少し参加しました。

暑い中一緒に採集にいっただけなんですが。
お礼に
IMG_0187.jpg
(机に直で失礼します)
頂いてしまいました。
そんな大したことしてないのにありがとうございます。

こんな感じで立て続けに恵みの食料を頂きました。
それ以外にも地元の方に野菜やヤズもいただいてるんですがね。

暑くてシュウマイになりかけだった私ですが回復しそうです。
ありがたく全ていただこうと思います。

本題。

夏の終わり。

世の夏休みが終わりました。

私も少しだけ夏休みイベントを楽しんできました。

まずは夜の動物園。
忙しい忙しいと騒ぎながらも、もちろん行きますよ。
IMG_0033.jpg
息抜きって大切ですからね。
うんこ展ってのをやっていたんです。
IMG_0044.jpg

このトラをみるといりこってトラの仲間なんだぁとしみじみします。
IMG_0057.jpg

あとは夜の水族館も。
IMG_0163.jpg

時間的にも期間的にもギリギリ間に合いました。
IMG_0164.jpg
やっぱキレイ。
大人の水族館的な。

数年ぶりにお会いしたい方にも会えたし、満足。
IMG_0172.jpg

さらに隣の県まで行ってきました。
IMG_0107.jpg
光のアートみたいな。

個人的にはおしゃれだけど生き物があった方がやはり好きだなぁと思いました。
そもそもコンセプトが違いますが。
そんなこんなで遊びに行ってきましたが、もちろん勉強もしてきました。
いろんな場所に出向くと違った視点からも見る事が出来ます。
最近外を見る事が少なかったので刺激的でした。
うちでやりたいこともぐっと広がった気がします。気が。

世の夏休みが終わり、うちも少し静かになりましたが、また9月はシルバーウィークというのがあるのでそれまでに充電補給しとこうと思います。


最近何か眠りが浅い、スッキリ眠れない、なんて気がしていました。
暑いせいもあるけど、それだけではない・・・
IMG_0186.jpg
(自慢のお腹をナメナメ中)
!!!
分かりました。
ここ一カ月ほど暑いので就寝時にいりこが隣にいませんでした。
それなんですよ。
昨晩、少し涼しかったので久しぶりにいりこと枕を半分つして寝ました。
おかげで3秒で寝た気がします。
やはりこのぬくもりティーがなきゃ。

PageTop

第2・3回 シージョブキッズ

三日間にかけて行われたシージョブキッズが無事終了しました。

7月に一回やっていましたが、8月は2回ありました。
雨も降らずカンカン照りの中20名の子どもさんとその保護者の方総勢40名ほどの大所帯で行われました。
IMG_0126.jpg

時間は約2時間です。7月同様生物採集からの解説文作成からの水槽展示までをやってもらいます。
私たちの普段していることの一部をやってもらうのです。

みなさん山口県の大都会から参加されているのでいつもの島っ子とは少し違います。
岩場を団体行動しているフナムシにすらひく子もいました。
しかし、人間みんなある狩猟本能。いざ生物採集になると一斉に生き物を探し始めます。

IMG_0128.jpg
(いつも採集する際利用するプライベートビーチで行われました)

暑いのもあったので30分ほど採集し、水族館の方へ戻りました。
そこからも第一回同様名前を調べて
IMG_0130.jpg
解説文作って

水槽に入れます。
IMG_0132 - コピー

本来子供さんのみ参加なんですが、やはり保護者も方も積極的です。
IMG_0131.jpg

今回も限られた時間でかなり駆け足になってしまいましたがなんとか終えることができました。


無事終わりはしましたがけっこう課題は残りました。
2日目なんて急遽Uさんが生物をいただきに外に出て決まったので私一人で進行することになりました。
もう本当にバタバタで。
質問に答える、次の進行をする、準備する、全て一人で行うのはけっこう大変でした。
参加者にも迷惑をかけてしまったと思います。

とりあえずは怪我もなく終われたから良かったものの、もし次回同じような企画があったらもう少し改善したいと思います。

参加して下さった皆様、お疲れさまでした。
ありがとうございました。


いりこ、実家は25℃とかで夜は肌寒いらしいよ。
IMG_0134.jpg
うちはなんでこんなに暑いのかね。




PageTop

ニホンアワサンゴの繁殖成功

これもいろんな場所でとりあげてもらっていますが、Uさんがブログにも載せろとひたすら騒いでいるので書こうと思います。

今年もニホンアワサンゴの繁殖に成功しました。
IMG_0102.jpg

去年初めて成功し、これが世界初ということもあり自分らだけでなく周囲からも騒いでもらいました。
それが今年も成功しました。
去年がたまたまじゃないことが立証されたのではないでしょうか!

去年採集した成熟アワサンゴはもちろん、Uさんがプラヌラ幼生時代から一から育てた個体まで沢山のアワサンゴが体内に赤ちゃんを保有しています。
IMG_0104.jpg

すでに放出しプラヌラ幼生として誕生したアワサンゴの赤ちゃんもいます。


これってすごいんですよ!私もUさんがやってくれるまで少しかじっていましたが、なかなかうまく生かし続けることができませんでした。繁殖なんてもってのほかです。

Uさんが休日に命かけて素潜りで採集から始め、周囲の研究者や水族館関係者などに相談しつつ本当に手探りでやってきました。

その成果なんでしょうか。

最近はサンゴ自体の状態も良くとても綺麗な色をしています。

いろんな個体が赤ちゃんを保有しているのでしばらくは生命の神秘を楽しめられると思います。
せっかくなので島外、島内、いろんな方に見ていただきたいです。


IMG_0097.jpg

PageTop